ニュース
あなたのひらめき力が試される!

3DSとスマホに登場! シリーズ最新作「レイトン ミステリージャーニー」完成披露会レポート

シリーズ累計出荷数1600万本を突破した大人気アドベンチャーゲーム「レイトン」シリーズの最新作「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」が、2017年7月20日に発売されます。ニンテンドー3DSとスマートフォン(iOS/Android)向けに発売予定で、ニンテンドー3DS版が4,800円(税込)、スマートフォン版が1,900円(税込)です。

今作では、過去シリーズで主人公を務めたレイトン教授ではなく、その娘のカトリーエイル・レイトンが主人公。声は女優の有村架純さんが担当しています。ほかにも、役所広司さん、黒木メイサさん、坂口健太郎さんといった豪華メンバーが出演。さらに、主題歌「Girls」は女性に絶大な人気を誇る西野カナさんが担当するなど、この超豪華メンバーが集結した完成披露会の様子をレポートします。

天才が開発したシリーズ最多のナゾを収録!

「レイトン」シリーズといえば、一見難しそうに見えるもののちょっとしたヒラメキで解くことができる数々の“ナゾ”が特徴。頭を悩ませるナゾを解いたときの爽快感が気持ちよく、子どもだけでなく大人も楽しめるゲームです。

今作のナゾは、ルイ・イーグル代表取締役の岩波邦明さんが手がけました。東京大学医学部卒業の岩波さんは、“99×99”までの答えを即座に見つける暗算法「ゴースト暗算」を生み出した人物で、人口上位2%の知能指数を有する人だけが参加できる非営利組織「メンサ」の会員。つまり、常人を超越した超天才頭脳の持ち主というわけです。岩波さんが作ったナゾにはかなりてこずらされそうな予感がします。

「レイトン ミステリージャーニー」でナゾ開発を担当した岩波さん。企画当初は、本編に収録されているものの3倍以上となる600個ものナゾを考案したそうです

今作に収録されているナゾの数は過去最多になっており、飽きることなく長い間遊べそう。過去シリーズはニンテンドー3DSだけでリリースされていましたが、今作はスマートフォン版も登場します。スマートフォン版はニンテンドー3DS版と同じ内容で、アイテム課金なしでもエンディングまでプレイ可能。画像はスマートフォン版のものです

これまではひとつの壮大なナゾを解いていくというスタイルでしたが、今作はロンドンで起こる小さな事件のナゾを次々に解いていくスタイルに一新。A1 Picturesが手がける美麗なアニメーションも見逃せません

あのレイトンが登場するかも!?

岩波さんが開発したナゾは非常に楽しみですが、豪華俳優陣が声を務めるキャラクターたちにも注目が集まっています。主人公であるレイトンの娘・カトリー・エイルは、女優の有村架純さんが声を担当。依頼人であるしゃべる犬のシャーロは役所広司さん、助手のノア・モントールは坂口健太郎さん、ライバルのジェラルディン・ロイヤーは黒木メイサさんがそれぞれ声を担当しています。

左からカトリー・エイル、シャーロ、ノア・モントール、ジェラルディン・ロイヤー

左からカトリー・エイル、シャーロ、ノア・モントール、ジェラルディン・ロイヤー

完成披露会には有村さんと役所さん、坂口さんが駆けつけ、3人でゲーム本編に登場するナゾに挑戦する一幕も。難度の高いナゾが用意されたのですが、坂口健太郎さんがすぐに答えにたどり着くという頭脳明晰っぷりを発揮し、会場を沸かせていました。ちなみに、筆者はまったく解くことができず……。

有村さんと役所さんが考え込むなか、まっさきにナゾを解いたのは坂口さん

有村さんと役所さんが考え込むなか、まっさきにナゾを解いたのは坂口さん

会場には登場しなかったものの、過去シリーズで主人公のレイトン教授を演じた大泉洋さんがビデオメッセージであいさつ。「どうして私が会場に呼ばれていないのでしょうか?」とチクリとする場面もありましたが、「レイトンがどのように参加するのか楽しみのひとつですね」とのことで、もしかするとレイトン教授が本編にサプライズ登場するのかもしれません

発売に先駆けてWebプロモーション企画が進行中!

「レイトン ミステリージャーニー」の発売にあたり、Webプロモーション企画「レイトン ミステリージャーニー 世界ナゾトキ大冒険」が6月20日から9月21日まで開催中。特設サイトにアクセスするだけで簡単に参加できます。ナゾは特設サイトに順次公開されるだけでなく、世界の各都市で突如として公開されることもあり、世界中のユーザーと情報交換して解いていくという斬新な企画になっています。

6月23日〜30日には、東京・渋谷のあるイベントスペースにナゾが出現しました。さらに、7月20日〜23日にかけてはロンドンのウォータールー駅にもナゾが登場予定。その後は、アメリカ・ニューヨークやイタリア、京都、スペインなど世界各地でナゾが公開されていきます。

「レイトン ミステリージャーニー 世界ナゾトキ大冒険」は、PCやスマートフォンのブラウザーからプレイ可能。ひとりではなかなか解けない難しいナゾが集まっています

ナゾが公開される場所に行けなくても心配ありません。この企画では世界中のユーザーと一緒にナゾを解くのがテーマになっており、ユーザー同士がコミュニケーションをとれるように「TRANSLAYTONシステム」というチャットが用意されています。チャットに投稿されたメッセージはリアルタイムで翻訳されるため、言語の壁を越えたコミュニケーションが可能。気になる人は、特設サイトから登録して参加してみるのもよさそうです。なお、本企画に参加すると本編で使える主人公・カトリーの衣装をもらえます。

完成披露会では、10番目となるナゾ「3色帽子」が公開されました。緑、紫、灰色のラインが入ったシルクハットをヒントに、有村さんが手にしているナゾを解くというものですが、さっぱりわかりません。わからないときは、「TRANSLAYTONシステム」でほかのユーザーと情報交換してみるとヒントを得られます

「レイトン ミステリージャーニー」の主題歌「Girls」を歌い上げるのは、歌手の西野カナさんです。決してあきらめることなく難解なナゾに挑み続けるカトリーの芯が強い性格をイメージして作詞したとのこと。「Girls」はCDとDVDがセットになった初回生産限定版が1,481円(税別)、通常版が1,165円(税別)で7月26日に発売予定。本編といっしょに購入してみてはいかがでしょうか。

完成披露会では、西野さんが「Girls」を熱唱。美しく力強い西野さんの歌声と歌詞、そして主人公・カトリーのキャラクターがマッチした楽曲となっています

©LEVEL-5 Inc.

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る