あれこれ通信
CMに出演するアンタ山崎&カンニング竹山も登場!

7/9発売「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」の完成およびCM発表会

2015年6月29日、カプコンは東京・赤坂のベクトルスタジオにて、ニンテンドー3DSで7月9日に発売される「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」の完成およびCM発表会を開催した。当日は、カプコンからディレクターの巧舟さん、プロデューサーの小嶋慎太郎さん、そしてCMに出演しているアンタッチャブルの山崎弘也さんとカンニングの竹山隆範さんが出演した。

左から、ディレクターの巧舟さん、アンタッチャブル山崎弘也さん、カンニング竹山隆範さん、プロデューサーの小嶋慎太郎さん

イベントは2部に分かれて進行し、第1部では巧ディレクターと小嶋プロデューサーが登壇後、大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-にて取り入れられた新システム“共同推理”と“陪審バトル”を盛り込んだ、予告編PVの上映からスタート。巧ディレクターが「今回は陪審員という、すぐに有罪と言ってしまう人が出てくるので、彼らを論理でねじ伏せるのが陪審バトル。共同推理は、みなさんご存じのシャーロック・ホームズが主人公の成歩堂龍ノ介とともに協力して、ホームズの行きすぎた推理をツッコミによって正しい筋道に戻す」と解説してくれた。従来作では、血痕を調べたり指紋を見つけて照合するなど、“カガク捜査”と言われるハイテク面での新要素が収録されていたが、今作は趣を変え言葉でのバトルに重きを置くようだ。

この後、テレビCMにて成歩堂龍ノ介役のカンニング竹山隆範さん、シャーロック・ホームズ役のアンタッチャブル山崎弘也さんがそれぞれ、CMと同じコスチュームで登壇。竹山さんは「逆転裁判」シリーズをずっと遊んでいるとのことで、非常に面白いシリーズとコメント。山崎さんは、いつかシャーロック・ホームズをやりたかったが、その望みがかなって「もう芸能界に未練はない(笑)」などと発言し、会場の笑いを誘っていた。小嶋プロデューサーへの「なぜ2人を起用したのか?」との質問に「いろいろ悩んだが、成歩堂龍ノ介と同じツッコミが鋭い竹山さんと、ホームズのような天才的ヒラメキを誇る山崎さんの2人なら、ゲームと同じやりとりがCMでも再現できるのではないかと思ったため」と回答してくれた。

バラエティ番組での競演は多いが、CMでの競演は意外にも今回が初めてという2人

バラエティ番組での競演は多いが、CMでの競演は意外にも今回が初めてという2人

また、2人ともすでに「大逆転裁判」をプレイしたということで、その感想を竹山さんは「陪審員全員に聞いて隠れたヒントを入手したり、時には間違った方向へ導かれたりもするので、それがよりゲームを単純じゃなく、複雑に面白くしている」と、山崎さんは「共同推理は非常に楽しい。シャーロック・ホームズは一見むちゃくちゃなことを言う感じなんですが、実は1歩2歩3歩先のことをいってるので、それを成歩堂龍ノ介が推理し、形にしていくのがとても楽しい」と、それぞれコメントした。

最後に、2人から本作へのメッセージとして、竹山さんは「誰もが夢中になれるゲーム。シリーズを知らない人も、この機会に初めてもらえればと思います」、山崎さんが「異議あり! がプライベートでもスムーズに出てくるような男になりたいですが、『大逆転裁判』のお値段設定に関しては異議なしでございます」と述べて、第1部が終了した。

フォトセッションでは“異議あり!”のポーズで写真に収まった2人。CMは7月1日から放映開始だ

フォトセッションでは“異議あり!”のポーズで写真に収まった2人。CMは7月1日から放映開始だ

ダウンロードコンテンツ「ランドストマガジン」を配信決定

第2部では、巧ディレクターと小嶋プロデューサーによるダウンロードコンテンツ「ランドストマガジン」の実機プレイや、各種タイアップ紹介などが行われた。

まずは最新PVが上映され、その後に「ランドストマガジン」の実機映像が初公開された。最初にプレイされたのは、7月9日から19日まで無料(その後は有料)配信される特別号。選べる項目は短編シナリオが楽しめる“ショートショート”のほか、設定画などを収録した“図録”、BGMなどが聴ける“楽曲”、声を収めた“音声”、そしてコメンタリーなどが入っている“映像”の4コンテンツ。特別号のショートショートは、「ランドストマガジン」を裁判形式で紹介していく第0話「大審院にて」。本編を始める前にプレイしてもネタバレは一切ないので、安心して堪能したい。

「ランドストマガジン」は、盛りだくさんの内容になっている。ゲームと平行してプレイすれば、バックグラウンドなどもわかる!

特別号以降は、どれもゲームの後日談的内容が収録されることになっており、本編発売翌々週に公開される第1号では、第1話終了後の休憩室の模様が描かれる。こちらは本編での話を踏まえたエピソードが語られるため、ゲーム本編をクリアしてからのプレイが望ましいとのこと。ただし、「ランドストマガジン」は本編の内容を補完するものであり、プレイしないと本編に支障が出ることはないということなので、安心してほしい。

その後、主人公・成歩堂龍ノ介の声を演じる声優・下野紘さんから寄せられた、ビデオレターが公開された。「ムジュンを指摘して追い詰めていくあの快感がたまらないので、ぜひ楽しんでほしいです」とコメントし、最後に「その面白さに異議なし」と締めてくれた。

ビデオレターで登場の下野さん。成歩堂龍ノ介が、つたない新米弁護士から一人前になる姿を一緒に楽しんでもらえたら嬉しいと語った

その後、さまざまなタイアップが公開された。1つ目が、作品が明治時代ということから決まった、博物館明治村とのコラボレーション。「博物館明治村×リアル脱出ゲーム×大逆転裁判」として、容疑者夏目漱石失踪事件というイベントが、9月12日から12月6日まで実施される。

博物館明治村とのコラボレーション「博物館明治村×リアル脱出ゲーム×大逆転裁判」。容疑者夏目漱石失踪事件というイベントを9月12日から12月6日まで実施

2つ目は、7月16日から実施される「不動産情報サイトHOME'S×大逆転裁判」コラボレーション。ダブルホームズによるユーザ参加型イベントで、勝者には賞金100万円が当たるという壮大な企画だ。

「不動産情報サイトHOME'S×大逆転裁判」コラボレーション。なんと賞金は100万円!

「不動産情報サイトHOME'S×大逆転裁判」コラボレーション。なんと賞金は100万円!

アクセサリー関連としては、「Fatima Design×大逆転裁判」というコラボレーションで、成歩堂龍ノ介をイメージしたJustice(正義)ペンダントと、シャーロック・ホームズをイメージしたLogic(論理)ペンダントが登場する。同デザインのピンズも同時発売されるので、性別問わず身につけられるアイテムとなっているのだ。

成歩堂龍ノ介をイメージしたJustice(正義)ペンダントと、シャーロック・ホームズをイメージしたLogic(論理)ペンダント

マイカプコン企画として、は「h.NAOTO×大逆転裁判」として、ゲームに登場するメインキャラクターの1人、アイリス・ワトソンをイメージしたアパレル5点を展開予定だ。可愛い服装なので、コスプレでも人気を博しそう。

マイカプコン企画の「h.NAOTO×大逆転裁判」では、アイリス・ワトソンをイメージしたアパレル5点を展開予定

マイカプコン企画の「h.NAOTO×大逆転裁判」では、アイリス・ワトソンをイメージしたアパレル5点を展開予定

「カラオケパセラリゾーツ×大逆転裁判」コラボとしては7月1日から7月31日まで、ゲームキャラクターをイメージしたフードやドリンクなどが提供される。どれもこれも趣向を凝らしたメニューなので、すべてを味わってみたいところだ。

東京都内の「カラオケパセラ」の一部店舗で実施される、ゲームキャラクターをイメージしたフードやドリンク

東京都内の「カラオケパセラ」の一部店舗で実施される、ゲームキャラクターをイメージしたフードやドリンク

さらには、発売1週間前からカウントダウンとして、毎日異なる特別映像を1本ずつ公開していくとのこと。発売を待ちきれない人は公式HPを毎日チェックして、これら映像を見ながら一日千秋の思いで待機しよう。

最後は、巧ディレクターと小嶋プロデューサーがそれぞれの思いをコメントした。巧ディレクターは「ミステリーゲームを作る夢が叶い、いつかシャーロック・ホームズと仕事をしたいなと思っていたのも今回かなったということで、幸せな作品に完成しました。ぜひ手にとって遊んでもらえればと思います」と、小嶋プロデューサーは「逆転裁判」シリーズの新プロジェクトということで、時代も100年ほど昔の明治時代とロンドンが舞台です。弁護士と名探偵という2つが関わることで生まれる化学反応によって、すごく面白い物語に仕上がっています。時代感にこだわったドラマチックな展開がウリなので、そこを楽しんでいただければと思います」と述べ、イベントは幕を下ろした。

シャーロック・ホームズと仕事をするという夢がかった巧ディレクターと、新プロジェクトの「逆転裁判」シリーズでウリとなる弁護士と名探偵という2つの関わり合いをアピールした小嶋プロデューサー

音無 欒

音無 欒

主にコンシューマ&ソーシャルゲームの記事を手がけるMac好きIT系ライター。ゲーム歴は40年弱。80年代のマイコン弄りや深夜アニメなどが元気の素。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る