ニュース
「真・女神転生」シリーズの最新作や「スプラトゥーン2」も発売決定!

ローンチはゼルダ最新作など全8本! Nintendo Switch向けソフトをまとめてみた

ついに発売日が3月3日に決定した任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch」。1月13日に東京ビッグサイトで行われた「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、ローンチタイトルとして「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」など8タイトルが投入されることが発表されたほか、「Splatoon(スプラトゥーン)」シリーズ最新作となる「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」や「真・女神転生」シリーズの最新作、「ファイアーエムブレム無双」など、開発中の注目タイトルについての新情報も明らかとなった。さっそく、現時点で判明しているNintendo Switch向けタイトルをまとめてみた。

ローンチタイトルはゼルダ最新作など全8タイトルをラインアップ

Nintendo Switchの発売日となる3月3日には、ローンチタイトルとして「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」など全8タイトルが発売される予定だ。ここでは、ローンチタイトルをまとめてご紹介しよう。

任天堂「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(3月3日発売)

当初の発売時期から延期され、2017年にNintendo SwitchとWiiUで発売されるとアナウンスされていた「ゼルダの伝説」シリーズの最新作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。Nintendo Switchの発売に合わせ、3月3日発売がついに決定した。オープンワールドのような壮大な世界感を自由に探索できるという、これまでにない世界観とゲーム性が特徴的となっている本作。価格は、Nintendo Switch版とWiiU版ともに6,980円(税別)となっている。なお、1月23日にオープン予定の「マイニンテンドーストア」では、数量限定となる「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド DELUXE COLLECTOR'S EDITION」(13,870円/税別)も発売予定だ。

任天堂「1-2-Switch」(3月3日発売)

Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Com」の機能を使ったミニゲームを多数収録する「1-2-Switch」。相手の銃の早撃ち対決を行える「ガンマン」や、相手の動きを見て剣を受け止める「真剣白刃取り」など、ゲーム画面ではなくて相手の目を見てプレイするという、これまでにない感覚のゲーム体験を楽しめる。価格は4,980円(税別)だ。

スクウェア・エニックス「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」(3月3日発売)

Nintendo Switchと同時発売となる「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」は、ドラゴンクエストシリーズをテーマにした大人気アクションRPG「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」と「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」の2つのタイトルを1つのソフトに収録した移植タイトルだ。新要素として、新キャラクター「ライアン」や、新しい強敵「破壊神シドー」などが実装されるとのこと。価格は8,800円(税別)。

スクウェア・エニックス「いけにえと雪のセツナ」(3月3日発売)

スクウェアRPGの代名詞とも言える“アクティブ・タイム・バトル”や、「クロノ・トリガー」でお馴染みの“連携”などの要素を盛り込み、1990年代の王道RGPを彷彿とさせる作品として、往年のRPGファンから大きな注目を集めた「いけにえと雪のセツナ」が、Nintendo Switch向けに登場。価格は4,800円(税別)となる。

KONAMI「SUPER BOMBERMAN R」(3月3日発売)

「ボンバーマン」シリーズの最新作がNintendo Switch向けに登場だ。爆風で敵を吹き飛ばすという基本的なゲーム性はそのままに、ステージの立体化やフォトリアルなグラフィックなど、グラフィック面がパワーアップ! Nintendo Switchの特徴を生かした最大8人で楽しめる「バトルモード」や、協力プレイも楽しめる「ストーリーモード」なども実装しているという。価格は現時点では未定。

セガゲームス「ぷよぷよテトリスS」(3月3日発売)

世界的なアクションパズルゲームである「ぷよぷよ」と「テトリス」の異色のコラボが話題となった「ぷよぷよテトリス」。Nintendo Switch版となる本作は、ローカル対戦、オンライン対戦ともに最大4人までの対戦プレイを楽しめるほか、新たにインターネット対戦「全世界パズルリーグ」に対応し、世界各国のプレーヤーと対戦を楽しめるという。価格は4990円(税別)。

日本一ソフトウェア「魔界戦記ディスガイア5」(3月3日発売)

悪魔達がしのぎを削り合う“魔界”を舞台に、さまざまなキャラクターたちの破天荒な活躍を描く「魔界戦記ディスガイア」シリーズ。その最新ナンバリングタイトル「魔界戦記ディスガイア5」がNintendo Switchのローンチタイトルとして登場だ。これまで同作は据え置きでしかプレイできなかったが、Nintendo Switch版は携帯モードにもしっかりと対応しており、外出先でもプレイすることができる。価格は6,980円(税別)。

コーエーテクモゲームス「信長の野望・創造 with パワーアップキット」(3月3日発売)

シブサワ・コウブランドが誇る歴史シミュレーションゲームの2大タイトル「信長の野望」シリーズと「三國志」シリーズが、Nintendo Switch向けにも登場。ローンチタイトルとしては、シリーズ30周年記念タイトルとして発売される「信長の野望・創造 with パワーアップキット」が発売。「三國志」シリーズの最新作「三國志13 with パワーアップキット」についても3月に発売予定だ。価格はそれぞれ9,800円(税別)となっている。

80タイトル以上をソフトメーカー各社が開発中。「スプラトゥーン2」は夏に登場!

「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、ローンチタイトルの新情報のほかに、現時点で80タイトル以上をソフトメーカー各社が開発中であることも明らかにされた。

ファーストパーティタイトルとしては、Nintendo SwitchのJoy-Conの特性を生かした格闘スポーツゲーム「ARMS」を2017年春、大人気アクションシューティング「Splatoon(スプラトゥーン)」シリーズ最新作となる「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」を2017年夏、マリオシリーズの最新作「スーパーマリオ オデッセイ」を2017年冬に投入予定とアナウンスされたほか、「ゼノブレイド」シリーズの最新作「ゼノブレイド2」が開発中であることも明らかにされた。

新規IPとなる「ARMS」は、Joy-Conをグローブのように持ち、ユーザーの動きと連動するキャラクターを操作して戦うという新感覚の格闘ゲーム。コントローラーの傾きでキャラクターを移動させ、実際にパンチを繰り出すことで攻撃できるなど、体を使った直感的な操作体系となっているが、キャラクターによって必殺のラッシュ攻撃が異なったり、手にはめるグローブによって多彩なアクションができるなど、ゲーム性はかなり奥深いものとなっている。

WiiU版向けで大ヒットを記録した「スプラトゥーン」シリーズの最新作の「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」は、ナワバリバトルなどのゲームの基本的な部分はそのままに、新しいブキやステージの追加、スペシャルウェポンの刷新などで、ゲーム性がますます多彩にパワーアップした。また、Nintendo Switchのオンライン接続機能に対応しており、フレンドや見知らぬ人とネットワークを通じて対戦可能。さらに、Nintendo Switchのローカル接続を用いた対戦にも対応しており、携帯ゲーム機のようにどこにでも持ち出して遊べるNintendo Switchのメリットを生かし、複数台のNintendo Switchを持ち寄って対戦するといった新しい遊び方も可能となっている。

マリオシリーズの最新作「スーパーマリオ オデッセイ」は、PVの公開と簡単な紹介のみで、詳しい内容についてはほとんど語られなかったが、久々の箱庭型の3Dマリオシリーズであること、我々のいる現代のようなステージも用意されていることなどが判明した。2017年のホリデーシーズンの発売ということなので、続報に期待したい。

サードパーティタイトルとしては、アトラスが「真・女神転生」シリーズの最新作を、コーエーテクモが「ファイアーエムブレム」をテーマにした無双シリーズの最新作「ファイアーエムブレム無双」を、スクウェア・エニックスが完全新作RPG「Project OCTOPATH TRAVELER」を開発中であることなどがイベントの最中に映像付きで発表された。また、映像はなかったものの、アークシステムワークスが「BLAZBLUE」シリーズの最新作、バンダイナムコエンターテインメントが「テイルズオブ」シリーズを開発中であることなどが発表された。いずれも開発中という案内のみで、具体的な発売日等は未定だが、どれも注目のタイトルばかりなので、これからの新情報にも目が離せそうにない。

Nintendo Switch向けタイトル一覧

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る