新製品レポート
小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の劇場3部作も発表!

2020年に18mガンダムが横浜で動く! ガンダム40周年、アムロとバナージの交錯ビジュアルも

2018年11月21日、バンダイナムコホールディングス、創通、サンライズは、「機動戦士ガンダム」がテレビシリーズ放映開始から2019年に40周年を迎えることを記念し、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」を2019〜2020年にかけて始動することを発表した。

ここでは、アニバーサリーを記念して展開される映像5作品や「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」などについて紹介する。

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のロゴマーク。「未知のガンダムに出会い、その出会いがまた新たなつながりを生んでメビウスになる」というイメージを、「ガンダム」シリーズにおいて印象的な情景である“地球から覗く太陽の光”をモチーフに表現

本プロジェクトのコンセプトは、「BEYOND(ビヨンド)」。「すべてのものを超えていく」という意味で使っており、今後も「ガンダムワールド」を拡大していくために、ガンダム個々の作品の枠を越え、国境を越え、世代を越えて、幅広い人にアプローチしてきたいという思いが込められている。

プロジェクトコンセプト「BEYOND」に基づき、シリーズのさまざまなキャラクターが作品の枠を超えて共存する世界を描いたビジュアル4枚を公開。左は、「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイと「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のバナージ・リンクス。右は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の三日月・オーガス&ガンダム・バルバトスと、「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の刹那・F・セイエイ

左は「新機動戦記ガンダムW(ウイング)」のヒイロ・ユイと、「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」のカミーユ・ビダン。右は、「ガンダム Gのレコンギスタ」のベルリ・ゼナム&G-セルフと、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)」のアルテイシア・ソム・ダイクン&キャスバル・レム・ダイクン

40周年記念の展開作品は5作品!

1.テレビアニメ版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」

テレビアニメ版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、2019年4月よりNHK総合テレビにて放送予定

テレビアニメ版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、2019年4月よりNHK総合テレビにて放送予定

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、1979年放送の「機動戦士ガンダム」の登場キャラクター、シャア・アズナブルが「赤い彗星」として登場するまでを描いた作品。今回、2015〜2018年にかけて全6話の劇場イベント上映という形で展開したものを、13本のTVシリーズに再編集し、2019年4月よりNHK総合テレビにて放送する。

また、今回のシリーズ化に当たり、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のテーマ曲は、2019年に30周年を迎えるLUNA SEAのSUGIZOさんが全OP・ED楽曲プロデュースを行う。また、すべてのOP曲はLUNA SEAが担当。

2. 「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は、2018年4月に発表された、宇宙世紀の新たな100年をつむぐ「UC NexT 0100(ユーシー ネクスト ワンハンドレッド)」プロジェクトの第2弾となる作品

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は、1989年に出版された富野由悠季氏書き下ろしによる同名小説をもとに、劇場版3部作として新しく映像化したもの。原作では、地球連邦軍のブライト・ノア大佐の息子であるハサウェイ・ノアを主人公に、「第二次ネオ・ジオン抗争」の12年後の宇宙世紀105年の世界が描かれている。

「UC NexT 0100」の第1弾作品である劇場版アニメ「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」は、2018年11月30日に公開

「UC NexT 0100」の第1弾作品である劇場版アニメ「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」は、2018年11月30日に公開

3.「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ」

「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ」

「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ」

「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ」は、2014年から全26話にわたって放送されたテレビアニメシリーズ「ガンダム Gのレコンギスタ」に、新作カットを大幅に追加し、映像を再編集した劇場版アニメ。2019年の公開が予定されている。

4.「SDガンダムワールド 三国創傑伝(さんごくそうけつでん)」

新作「SDガンダムワールド 三国創傑伝」

新作「SDガンダムワールド 三国創傑伝」

2018年に30周年を迎えた「SDガンダムシリーズ」は、低頭身で表現されたガンダムによるコンテンツで、主にマンガ、カード、プラモデルを中心に展開されたシリーズ。今回、新たに世界中の子どもたちへ向けた新作「SDガンダムワールド 三国創傑伝」が企画進行中だ。

5. 「ガンダムビルドシリーズ」新作

「ガンダムビルドシリーズ」の最新作が企画進行中

「ガンダムビルドシリーズ」の最新作が企画進行中

「ガンダムビルドシリーズ」は、“ガンダムのプラモデルが動くアニメ”として、2013年の「ガンダムビルドファイターズ」、2018年の「ガンダムビルドダイバーズ」と展開されたテレビアニメシリーズ。今回それに続くシリーズ最新作を企画進行中だ。

映像作品だけではない! 40周年にガンダムが動きまくる

以上、5つの記念映像作品を紹介したが、まだこれだけでは終わらない。気になったほかの3つのコンテンツを紹介しよう。

「動く実物大ガンダム」の実施場所は「山下ふ頭」に決定!

下の写真は「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」のロゴ

下の写真は「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」のロゴ

2014年にスタートしたプロジェクト「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」に、進展があった。18mの実物大ガンダムが動く様子を一般公開する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が、2020年夏より1年間、神奈川県横浜市の山下ふ頭で行われることが決定した。

ハリウッド版“実写ガンダム”

「Anime Expo 2018」で公表されたビジュアル

「Anime Expo 2018」で公表されたビジュアル

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズが、ハリウッドで実写映画化されることが決定。今回の実写映画は、サンライズと、「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作となる。

舞台「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」

「ガンダム」シリーズが初の舞台化

「ガンダム」シリーズが初の舞台化

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として、ガンダムシリーズでは初となる「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の舞台化が決定。公演名称は、「舞台 機動戦士ガンダム00 破壊による再生 Re:Build」。2019年2月15日〜18日に「日本青年館ホール」(東京)にて、2月23日〜24日に「森ノ宮ピロティホール」(大阪)にて公演予定だ。2018年11月25日より先行受付開始。

40周年を迎えた「ガンダム」は、コンテンツにあふれている時代にさらに愛されるために、新たなチャレンジをしていくとのこと。今までなかった、ほかのキャラクターとの「IPコラボ」や、地方都市との「ご当地コラボ」も企画中だという。更新情報は、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」公式サイトにて順次公開予定だ。

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る