特集
ファーストガンダムのガンプラってこんなにあるの!?

1/144スケールの「RX-78-2 ガンダム」を徹底比較! 旧キット・HG・RGの違いは?

こんにちは。ガンプラマニアのポッチです!
「ポッチのガンプラ+」というブログで、ほぼ毎日ガンプラのレビューをしています。

ガンプラの代名詞と言えば、やはりファーストガンダム「RX-78-2」のガンプラ。時代の傾向に合わせ、現在ではものすごい数がリリースされています。今回は、今まで発売された1/144スケールの主要なファーストガンダムを徹底比較してみることにしました!

1/144スケールのファーストガンダムは常にリニューアルされ続けています

1/144スケールのファーストガンダムは常にリニューアルされ続けています

あなたの一番好きなRX-78-2ガンダムはどれかな……!? (結構意見が分かれると思います!)

まずは低価格キット2点から見ていきましょう!

左が旧キット、右はFG(ファーストグレード)です

左が旧キット、右はFG(ファーストグレード)です


劇中再現度はピカイチ! 普遍的な魅力が光る旧キット1/144

記念すべき最初期の「1/144 RX-78-2ガンダム」。ノスタルジーを感じるスタイルで、アニメに登場するガンダムに激似!

旧キット「1/144 RX-78-2ガンダム」。今では主流の「成形段階で色分け済みのカラフルなガンプラ」とは違い、単色成形でホイルシールも付属しません。また、最初期の旧キットということで接着剤が必要です。

頭部のアンテナを取り付けるのにも接着剤が必要だぞ!

頭部のアンテナを取り付けるのにも接着剤が必要だぞ!

ご覧のようにガッシリとした体型が特徴。ザク・マシンガンの弾が直撃してもビクともしなそうです……!

ご覧のようにガッシリとした体型が特徴。ザク・マシンガンの弾が直撃してもビクともしなそうです……!

昨今のデザインはモールドが多いリアル路線だったり、スタイリッシュな小顔・細身体型で立体化されたりすることが多いですが、この旧キットはまるでアニメから出てきたようなプロポーションで立体化されています。

胴体と腰が一体化されており、上半身は回転せず可動域は狭いです。ただ、肘・膝関節は多少曲がり、肩はぐるりと回転します

ビーム・サーベルは誘導棒のようにも見えるぞ!

ビーム・サーベルは誘導棒のようにも見えるぞ!

武器は「ビーム・サーベル4本」「ビーム・ライフル」「シールド」の3種類が付属します。ビーム・サーベルは長さをカットしてランドセルに差し込む用が2本、残りの2本は手に持たせる用で使用します。ライフル・サーベル・シールドと基本的な武器はそろっているものの、ハイパー・バズーカやコア・ファイターは付属せず必要最低限のシンプルな内容になっています。

この旧キットの最大の特徴は「TVアニメに登場するファーストガンダム」として、一番の劇中再現度を誇っている点だと思われます。


旧キットの遺伝子を引き継ぐFG(ファーストグレード)のデザインはPG(パーフェクトグレード)準拠!

FG(ファーストグレード)は1999年に発売

FG(ファーストグレード)は1999年に発売

FG(ファーストグレード)は、ボックスアートや完成品を見るに古いガンプラと思われがちですが、実は1998年に発売されたPG(パーフェクトグレード)より後に発売されたキットになります。

「金型の消耗などにより供給が不足気味になった旧キットの代わり」として発売され、「単色成形色」「ポリキャップレス」「低価格」という旧キットを意識したコンセプトで開発されました。
そのほかの特徴としては、「PG版のスタイルを模した形状」になり、昨今のガンプラでは標準仕様である「スナップフィット方式(接着剤が不要)」となった点です。

イケメンフェイスになったFG版のRX-78-2! 今のガンプラ目線で見ても通用するメカニカルな造形に

イケメンフェイスになったFG版のRX-78-2! 今のガンプラ目線で見ても通用するメカニカルな造形に

単色成形かつ少ないパーツ数、ポリキャップレス仕様など旧キットを意識した内容になっています

単色成形かつ少ないパーツ数、ポリキャップレス仕様など旧キットを意識した内容になっています

可動域は狭く、無改造の状態では多少旧キットより広い程度。改造派モデラーさんの練習用ガンプラとしては、申し分ない作りといったところ

ビーム・ライフルとシールドを装備したFGガンダム

ビーム・ライフルとシールドを装備したFGガンダム

FG版最大の売りは、1/144スケールでPGデザインのファーストガンダムが再現できる点です。安価な価格設定になっているのも特徴です。

旧キット(左)、FG(右)を比較。時代の変化により変わっていったファーストガンダムの片鱗が垣間見えます

旧キット(左)、FG(右)を比較。時代の変化により変わっていったファーストガンダムの片鱗が垣間見えます

次のページでは、1/144スケールの主流である「HG」シリーズから3キットを比較していきます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る