ニュース
新フレーバーとのマリアージュにぴったりのマカロンも期間・数量限定販売

加熱式タバコ「アイコス」に「トロピカル・メンソール」など3種のタバコスティックが新登場

フィリップモリス ジャパンは、2019年7月25日、加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」用の新しいタバコスティックとして、「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」(以下、トロピカル・メンソール)、「ヒーツ・フロスト・グリーン」(以下、フロスト・グリーン)、「ヒーツ・クール・ジェイド」(以下、クール・ジェイド)の3製品を発売すると発表した。

3製品とも、アイコスストアやアイコスショップ、同社オンラインサイト(トロピカル・メンソールのみ)、アイコスコーナーなどで7月29日から発売され、「トロピカル・メンソール」は、8月19日から全国のコンビニエンスストアを含む主要タバコ取扱店でも販売予定。価格は、「トロピカル・メンソール」が20本入り500円(税込)、ヒーツ2製品が同470円(税込)となる。
※「フロスト・グリーン」「クール・ジェイド」の販売範囲について誤りがあったため、2019年7月29日に修正いたしました。お詫びして訂正いたします。

アイコスの新フレーバー「トロピカル・メンソール」

アイコスの新フレーバー「トロピカル・メンソール」

未切り替え喫煙者の「フレーバー系」ニーズに応える新スティック

拡大する国内の加熱式タバコ市場で、アイコスは16.6%のシェアを確保し、首位をキープしている。フィリップ モリス ジャパンマーケティング&コミニュケーションズディレクター 坂牧真美氏によると、「全世界で1,130万人のアイコスユーザーのうち、断トツで多いのが日本のユーザー」という状況だが、現状でアイコスに切り替えずに紙巻きタバコを吸う人の中には、「フレーバー系の味わいを楽しみたい」という人が多いのだという。

世界のアイコスユーザーは1,130万人を突破。そのうち、800万人が完全にアイコスに移行しているという

世界のアイコスユーザーは1,130万人を突破。そのうち、800万人が完全にアイコスに移行しているという

アイコスでは、「パープル・メンソール」「イエロー・メンソール」というフレーバー系メンソール製品の投入によって2年間で売上が2倍に伸びたという。フレーバー系メンソール製品の需要は高く、これに対応することを目指して開発したのが、今回の「トロピカル・メンソール」だ。

アイコスのフレーバー系メンソール製品は拡大しているが、さらなる製品の拡充が必要と判断した

アイコスのフレーバー系メンソール製品は拡大しているが、さらなる製品の拡充が必要と判断した

フィリップモリスによると、紙巻きタバコユーザーの40%が「加熱式タバコに切り替えたい」としつつ、76%は「味わいへの満足度で妥協できない」というスタンスだという。これを解決することを目的とし、「トロピカル・メンソール」では、フルーティーな清涼メンソールに、ほのかなアロマを楽しめる絶妙なバランスを実現したという。

メンソールの強さは、マールボロブランドのほかのフレーバー系メンソールと同等とのことだが、実際に吸ってみるとほのかにフルーティーな香り。柑橘系の印象と相まって、ほかと比べてグッとやわらかな味わいになっていると感じた。

「トロピカル・メンソール」は、まずはアイコスストアなどで発売。コンビニでも2019年8月19日から発売する

「トロピカル・メンソール」は、まずはアイコスストアなどで発売。コンビニでも2019年8月19日から発売する

高級タバコ葉を使う「マールボロ」ブランドに対して、価格を抑えた「ヒーツ」ブランドでも、「ヒーツ・フロスト・グリーン」「ヒーツ・クール・ジェイド」を発売しメンソール製品を拡充

いっぽう、ヒーツの2製品は、メンソールの味わいを特に重視する人向けで、既存の「フレッシュ・エメラルド」よりもメンソール感を高めているという。販売はアイコスストア、アイコスショップ、アイコスコーナーでのみの販売となり、全国のコンビニなどでの販売は、「今後検討する」という。

「トロピカル・メンソール」とのマリアージュにぴったりのマカロンを期間・数量限定販売

発表会には、パリを拠点として活躍するパティシエ・青木定治氏が登壇。長年の喫煙者であるという青木氏は、2年ほど前からアイコスを愛用。タバコ葉のうまみが生かされているとして、適度な休憩タイミングを作れるツールとして活用しているそうだ。

フィリップ モリス ジャパンのマーケティング&コミニュケーションズディレクター坂牧真美氏(左)とパティシエの青木定治氏(右)

今回青木氏は、「トロピカル・メンソール」にインスパイアされたというマカロンを開発。両者のマリアージュ(組み合わせ)を考慮して開発されたというマカロンは、通常よりワンランク上のアーモンドをスペイン・バレンシアから取り寄せて利用。ブレンドしたコーヒーを強くローストしたものを加えたほか、マダガスカル産の黒胡椒でキレを表現した、という。

青木氏が作り上げたマカロン。ペルー産ファッションフルーツのピューレにコーヒーやアーモンドを加え、キャラメルオレンジとキャフェという2色のコッペでサンドした。トロピカル・メンソールを2〜3回味わった後にマカロンを半分ほど食べると、味わいの奥行きが深まる、という

実際に「トロピカル・メンソール」を吸いながらマカロンを食べると、お互いがじゃませず、むしろ爽快感と切れ味を高め合っている印象で見事なマリアージュを実現している。なお、このマカロンは同社のIQOSオーナーコミュニティサイトIQOSphereやアイコスストアなどで2019年8月5日から30日までの期間限定で、札幌・梅田・銀座・福岡のみの一部の店舗にて数量限定ながら提供される。
※マカロンの販売範囲、期間について誤りがあったため、2019年7月29日に修正いたしました。お詫びして訂正いたします

今回の3製品の投入により、アイコス用のタバコスティックは14銘柄となった。多彩なフレーバーと味わい、そして95%の有害成分の低減といったメリットをアピールして、紙巻きタバコユーザーを早期にアイコスへ移行してもらうことを目指すという。

今回発表された3フレーバーの追加により、アイコスのタバコスティックは計14銘柄に

今回発表された3フレーバーの追加により、アイコスのタバコスティックは計14銘柄に

小山安博

小山安博

編集者からライターに転身。PC、デジカメ、スマホ、セキュリティ、決済などのジャンルをつまみ食い。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る