ニュース
公式チャンネル「ガンダムチャンネル」開設!

「ν・ジオンガンダム」だと!? “ファースト”が見放題なYouTubeチャンネルと新アニメ情報

創通とサンライズは、今年で40周年を迎えた「ガンダム」シリーズの新メディアとして公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」を開設。「機動戦士ガンダム00」や「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」などの過去作品のほか、最新作「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」を配信していく。

本日2019年7月31日に開設された公式チャンネル「ガンダムチャンネル」のホーム画面

本日2019年7月31日に開設された公式チャンネル「ガンダムチャンネル」のホーム画面

アニメの新作や過去作が続々と配信される公式チャンネル

「ガンダムチャンネル」では、過去の「ガンダム」シリーズ作品から全 300 エピソード以上を随時配信。3つのカテゴリーに分けられており、 テレビシリーズを中心に22作品の第1話と2話を配信する「レギュラーライブラリー」、 各作品の第3〜13話を毎週追加配信する「ピックアップライブラリー」、「機動戦士ガンダム」全43話を毎週追加配信する「40 周年記念特別コンテンツ」の3つだ。

「レギュラーライブラリー」で1話と2話が配信される作品は以下の通り

「レギュラーライブラリー」で1話と2話が配信される作品は以下の通り

【「レギュラーライブラリー」作品リスト】
「機動戦士ガンダム」
「機動戦士Zガンダム」
「機動戦士ガンダムZZ」
「機動戦士Vガンダム」
「機動武闘伝Gガンダム」
「新機動戦記ガンダムW」
「機動新世紀ガンダムX」
「∀ガンダム」
「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター」
「SDガンダムフォース」
「機動戦士ガンダム00」
「SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors」
「機動戦士ガンダムAGE」
「ガンダムビルドファイターズ」
「ガンダム Gのレコンギスタ」
「ガンダムビルドファイターズトライ」
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」
「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」
「ガンダムビルドダイバーズ」
「ガンダムさん」(1話のみ)
舞台 「機動戦士ガンダム00 破壊による再生-Re:Build-」(第1幕のみ)

「ピックアップライブラリー」の第1弾ラインアップは、「機動戦士ガンダム 00」「機動武闘伝Gガンダム」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の3作品

「40 周年記念特別コンテンツ」は、「機動戦士ガンダム」全43話。“ファースト”をいつでも無料でYouTubeで見られるようになるのはうれしい限り

「ガンダムチャンネル」のもうひとつの目玉は、アニメ新作「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」が2019年10月から配信されること。

「ガンダムビルド」シリーズの最新作で、前作「ガンダムビルドダイバーズ」の第2次有志連合戦から2年後の世界が舞台。感覚をフィードバックするバージョンアップが施された「ガンプラバトル・ネクサスオンライン」において、かつて失った誰かを探し続ける17歳の男子高校生ダイバーの物語が描かれる。

「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」のキービジュアル

「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」のキービジュアル

主人公機「アースリィガンダム」

主人公機「アースリィガンダム」

その新作放映を記念して、「ガンダムチャンネル」では、「ガンダムビルド」シリーズ過去3 作品を順次全話配信予定だ。なお、新作のテレビ放映は予定されていない。

また、2019年8月24、25日に「C3AFA TOKYO 2019」内で開催されるガンダムゲームのeスポーツ大会「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2019」も、「ガンダムチャンネル」でライブ配信される予定だ。

ガンダムにアーマーをドッキングさせる新機構がウリ!

続いて、アニメ新作「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」のガンプラを紹介する。

劇中のダイバーたちがカスタマイズして操るさまざまな「ガンプラ」は、「HG BUILD DiVERS Re:RISE」と「SD BUILD DiVERS Re:RISE」シリーズとして商品化。本シリーズは、ガンプラ同士の互換性を生かし、武器やパーツの組み換えが可能なシリーズとして展開される。

また、主人公機には、劇中の「プラネッツシステム」を再現できるガンプラ初の新機構「コアドッキングカスタム」を搭載。これは、中心となる「コアガンダム」に、腕、脚、装甲をドッキングすることで、異なるシルエットやカラーリングにカスタマイズできる新機構だ。

2019年10月発売予定
「HGBD:R 1/144 アースリィガンダム」
1,540円(10%税込/以下同)

「HGBD:R 1/144 アースリィガンダム」

「HGBD:R 1/144 アースリィガンダム」

「ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE」において、主人公ヒロトが操るガンプラを1/144スケールでキット化。「コアガンダム」にサポートメカである「アースアーマー」を合体させて、「アースリィガンダム」に換装できる。「コアスプレーガン」や「コアシールド」も強化パーツで大型武器に組み換えることが可能。

左が「コアガンダム」で、右が「アースアーマー」。「コアガンダム」のアイデアベースは、「RX-78 ガンダム」で、通常のガンプラよりもひと回り小さな体格が特徴だ

「アースアーマー」が分裂し、「コアガンダム」に装甲としてドッキングする

「アースアーマー」が分裂し、「コアガンダム」に装甲としてドッキングする

サポートメカはほかにもラインアップされており、どれも「アースアーマー」のように惑星の名を冠している。

「コアガンダム」(リアルタイプカラー/右)と「マーズアーマー」(左)がドッキングした近接格闘仕様「マーズフォーガンダム」のセット。2019年11月発売予定。1,540円(税込)

「コアガンダム」(G3カラー/右)と「ヴィーナスアーマー」がドッキングした重火器仕様「ヴィートルーガンダム」のセット。2019年11月発売予定。1,540円(税込)

そのほか、劇中に登場するであろうMSのガンプラも紹介。

2019年10月発売
「HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト」
2,200円(税込)

「HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト」。「インフィニットジャスティスガンダム」がベース

「HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイト」。「インフィニットジャスティスガンダム」がベース

2019年11月発売
「HGBD:R 1/144 ヴァルキランダー」
1,694円(税込)

「HGBD:R 1/144 ヴァルキランダー」は、珍しいドラゴンタイプのガンプラ。隠しギミックが搭載されるとか

「HGBD:R 1/144 ヴァルキランダー」は、珍しいドラゴンタイプのガンプラ。隠しギミックが搭載されるとか

2019年11月発売
「HGBD:R 1/144 ν・ジオンガンダム」
3,410円(税込)

「HGBD:R 1/144 ν・ジオンガンダム」。赤と紫に染まったガンダムが、金色の巨大な「ジオニックソード」と、「νガンダム」の「フィン・ファンネル」のような金色のパーツを装備する

2019年12月発売
「HGBD:R 1/144 エルドラブルート」
2,200円(税込)

「HGBD:R 1/144 エルドラブルート」

「HGBD:R 1/144 エルドラブルート」

2019年12月発売
「HGBD:R 1/144 ガンダムゼルトザーム」
2,420円(税込)

「HGBD:R 1/144 ガンダムゼルトザーム」。「ガンダム Mk-III」をベースにカスタマイズされた謎の機体。アンバランスな巨大な右腕が不気味

参考出品
「HGBD:R 1/144 ビルドガンマガンダム」

「HGBD:R 1/144 ビルドガンマガンダム」

「HGBD:R 1/144 ビルドガンマガンダム」

なお、先述の通り、「HG BUILD DiVERS Re:RISE」と「SD BUILD DiVERS Re:RISE」の武器パーツ「ウェポンズセット」などは、ほかの作品のHGシリーズのガンプラにも装着可能。「ビルドカスタム」よりもカスタマイズの遊びの幅が広がるという。

「RX-78-2 ガンダム」をカスタマイズ

「RX-78-2 ガンダム」をカスタマイズ

さまざまなサポートメカやウェポンを組み合わせて、オリジナルガンプラも作れる!

さまざまなサポートメカやウェポンを組み合わせて、オリジナルガンプラも作れる!

「ガンダムチャンネル」の記者会見には、声優の古谷徹さんが登壇。1番好きなモビルスーツは「νガンダム」だとか

(C)創通・サンライズ

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る