ガンプラ組み立てレビュー
「MG」「HGUC」「旧キット」で発売されているリ・ガズィのガンプラを、振り返りレビューしてみます!

逆襲のシャア「リ・ガズィ」のガンプラ新旧比較! アムロのMSは伊達ではない!?

こんにちは。ガンプラマニアのポッチです! 今回は「リ・ガズィ」に焦点を当て、現時点でバンダイから発売されている「1/144スケール」「1/100スケール」のガンプラを振り返っていきたいと思います! あなたはどのリ・ガズィが好みでしょう?

Zガンダムの量産化のために試作されたリ・ガズィ

左から「1/144 リ・ガズィ(旧キット)」「MG 1/100 リ・ガズィ」「HGUC 1/144 リ・ガズィ」。発売年は、旧キットが1987年、MGが2001年、HGUCが2008年です

まずは簡単に設定をおさらい。「RGZ-91 リ・ガズィ」は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場した機体で、ロンド・ベル隊の「アムロ・レイ」「ケーラ・スゥ」「チェーン・アギ」が搭乗しました。
劇中の時代でいうUC0091年、アナハイム・エレクトロニクス社が「Zガンダム」の量産化を目的に開発した試作モビルスーツで、「リファイン・ガンダム・ゼータ(Refined Gundam Zeta)」の頭文字からリ・ガズィ(Re-GZ)と命名されています。
その後量産化は中断され、試作機の1機のみがロンド・ベル隊のラー・カイラムに送られ、アムロなどが搭乗しました。

ちなみにリ・ガズィの型式ナンバー「RGZ」シリーズは、機動戦士ガンダムUCに登場した「RGZ-95 リゼル」のほか「RGZ-91B リ・ガズィ・カスタム」、ちょっとマニアックどころをあげれば「RGZ-91AO リファインZ改」(X68000ソフト「機動戦士ガンダム クラシックオペレーション」に登場)に引き継がれています。
宇宙世紀100年以降を描く「UC NexT 0100プロジェクト」効果で、今後新たなリ・ガズィが生まれてくるかもしれませんよね。
ということで設定話はこのぐらいにし、さっそくリ・ガズィの主要なガンプラを振り返っていきたいと思います!


1/144スケールでは映画放映時の「旧キット」と「HGUC」がラインアップ

旧キット(左)とHGUC(右)を比較。旧キットのほうがややグリーンがかった成形色で立体化されています

旧キット(左)とHGUC(右)を比較。旧キットのほうがややグリーンがかった成形色で立体化されています

この2キット、発売年に21年の差があります

この2キット、発売年に21年の差があります

まずは旧キット「1/144 リ・ガズィ」を見ていきます。接着剤を使わずパーツとパーツをはめるだけでガンプラが組める「スナップフィット式」は今でこそスタンダード仕様になっていますが、実はこの逆襲のシャアシリーズから本格導入されるようになりました。

頭部をアップで。ツインアイのシールが付属しないので色分けは甘いのですが、時代を考えると色分け良好だったりします

胴体やバックパックは別パーツで細かく色分けされています

胴体やバックパックは別パーツで細かく色分けされています

肘関節は90°曲がります。手首パーツは「人さし指」「中指〜小指」がそれぞれ可動するものの、武器を持たせた際の保持力は弱いです

フロントアーマーは独立して可動。太ももなど、一部ネジを使って組むことになるためドライバーが必須です

フロントアーマーは独立して可動。太ももなど、一部ネジを使って組むことになるためドライバーが必須です

脚部周り。足の裏に肉抜きはなく、モールドも掘られています

脚部周り。足の裏に肉抜きはなく、モールドも掘られています

シールドは手でグリップをつかみ保持させます。指が開きやすく、安定して持たせることはできません

シールドは手でグリップをつかみ保持させます。指が開きやすく、安定して持たせることはできません

ビーム・ライフルは1色1パーツ成形。腰をひねることができないため、可動域は狭いです

ビーム・ライフルは1色1パーツ成形。腰をひねることができないため、可動域は狭いです

ビーム・サーベルも1色1パーツです。このあたりはさすがに旧キットといった感じ

ビーム・サーベルも1色1パーツです。このあたりはさすがに旧キットといった感じ

旧キットの1/144リ・ガズィですが、当時としては色分けが優秀かつ接着剤不要ということでクオリティが高かったであろうと思います。今のガンプラ目線で見ると素組みでは満足いかない点が多々あるので、玄人向けキットといった印象を受けました。
1/144スケールではその後、「HGUC(ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー)」シリーズで発売されることとなります。


旧キットの21年後に発売された「HGUC リ・ガズィ」はクオリティ爆上がり

2008年に発売された「HGUCリ・ガズィ」は「スペース・ファイター形態」へ切り替え可能

2008年に発売された「HGUCリ・ガズィ」は「スペース・ファイター形態」へ切り替え可能

今でも主流のシリーズとなる「HGUCシリーズ」で発売されたリ・ガズィは、旧キットの21年後に発売されました。
関節パーツにガンメタル調のメカニカルな成形色を採用し、可動範囲の拡大にスペース・ファイター形態へのドッキングギミックなど、クオリティが上がっています。

パーツ分割による色分けだけではなく、スタイルも向上

パーツ分割による色分けだけではなく、スタイルも向上

脚部の細かなサブスラスターやメインスラスター周りも色分け良好です

脚部の細かなサブスラスターやメインスラスター周りも色分け良好です

下から。足裏に肉抜きはありません。よく見るとフロントアーマー裏側にもモールドが刻まれています

下から。足裏に肉抜きはありません。よく見るとフロントアーマー裏側にもモールドが刻まれています

シールド裏側にもモールドが追加されています。平手パーツも付属

シールド裏側にもモールドが追加されています。平手パーツも付属

ビーム・ライフルは手首パーツ内の凹凸形状と合わせて持たせるため、ガッチリと保持されます

ビーム・ライフルは手首パーツ内の凹凸形状と合わせて持たせるため、ガッチリと保持されます

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が開いており、浮かせて展示するのが容易となりました

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が開いており、浮かせて展示するのが容易となりました

後ろから見ても細かいディテールで再現されています。特に足裏に肉抜きがない点は最新ガンプラの一部にも勝っています

腰をひねることができるようになり、アクションポーズに幅が出ました

腰をひねることができるようになり、アクションポーズに幅が出ました

ビーム・サーベルの刃は、クリアイエローのエフェクトパーツが同梱します

ビーム・サーベルの刃は、クリアイエローのエフェクトパーツが同梱します

斬りかかるリ・ガズィ!

斬りかかるリ・ガズィ!

BWS(バック・ウェポン・システム)は単体でもスタンドに展示できます

BWS(バック・ウェポン・システム)は単体でもスタンドに展示できます

ビーム・キャノン(画像上)、プロペラントタンク(画像下)もしっかりと色分けされています

ビーム・キャノン(画像上)、プロペラントタンク(画像下)もしっかりと色分けされています

リ・ガズィの本体をBWSにドッキングさせれば、スペース・ファイター形態を再現できます

リ・ガズィの本体をBWSにドッキングさせれば、スペース・ファイター形態を再現できます

旧キットと比べるとひと目見ただけでクオリティが爆上がりしたとわかるHGUC版ですが、2008年に発売されたガンプラということで、今の最新ガンプラと比べた場合、弱点もあります。
最近のガンプラが動きすぎなだけかもしれませんが、柔軟な可動は実現しておらず、関節パーツには「塗装に適さないABS樹脂」が使われています。ただプロポーションは非常によくできており、立たせて飾っておく分なら満足度は非常に高いと思います。


唯一の1/100スケール、「MGリ・ガズィ」は色分けが優秀

2001年発売のMG(マスターグレード)のリ・ガズィ。1/100スケールというだけあり、色分けが優秀です

2001年発売のMG(マスターグレード)のリ・ガズィ。1/100スケールというだけあり、色分けが優秀です

ガンダムデカール(ドライデカール)とマーキングシール(水転写デカール)が付属します

ガンダムデカール(ドライデカール)とマーキングシール(水転写デカール)が付属します

コクピットハッチや背部メインスラスターの色分けが向上。特にメインスラスター(背部のバーニア)の内側、黄色い部分が別パーツで色分けされているのがすばらしいです

脚部もメインスラスター(ふくらはぎのバーニア)をはじめ、サブスラスター(側面のグレー部)なども細かく色分けされています

画像では伝わりづらいかもしれませんが、1/100スケールになったことでシールドに迫力が出ました

画像では伝わりづらいかもしれませんが、1/100スケールになったことでシールドに迫力が出ました

ビーム・ライフルは少し小さめ。手首パーツは「親指」「人さし指」「中指〜小指」が可動しますが、保持力が弱くガッチリと握ることはできません。このあたりはさすがに古いMG感が出てしまっています

ビーム・ライフルを構えるリ・ガズィ! 今のMGと比べると可動域は狭く関節も硬いため、アクションポーズをとらせるのが難しいです

造形はすばらしく、特に頭部は再現性の高いイケメンフェイスで立体化されているのではないでしょうか

造形はすばらしく、特に頭部は再現性の高いイケメンフェイスで立体化されているのではないでしょうか

HGUC同様、ビーム・サーベルはクリアイエローのエフェクトパーツが同梱します

HGUC同様、ビーム・サーベルはクリアイエローのエフェクトパーツが同梱します

BWSとドッキングさせてみましょう

BWSとドッキングさせてみましょう

ドッキング難易度は高いです。特にアンテナが干渉しそうになるため、破損を防ぐため慎重に取り扱う必要があります

スペース・ファイター形態の完成。専用の簡易スタンドが付属します

スペース・ファイター形態の完成。専用の簡易スタンドが付属します

HGUCのスペース・ファイター形態(画像左)と比較

HGUCのスペース・ファイター形態(画像左)と比較

旧キット(左上)、HGUC(右上)、MG(下)の頭部を比較。あなたはどの顔がお好みでしょうか?

旧キット(左上)、HGUC(右上)、MG(下)の頭部を比較。あなたはどの顔がお好みでしょうか?

MGは1/100スケールなだけあって「迫力のある存在感」で立体化されており、色分けは良好です。ただ今のMGと比べ「組み立て・ドッキング難易度が高め」で、何度か破損しそうになりました。特に細いアンテナは注意で、本体を倒してしまうと破損率はかなり高いと思います(一応アンテナは予備で1セット付属します)。
HGUCと同様に関節にはABS樹脂が使われていますが、こちらのほうが接続強度が強くアクションポーズをとらせる難易度も高いです。今のガンプラ目線で見た場合、各所手を加えられる玄人モデラーさん向けキットといった印象を受けました。


新世代のリ・ガズィ!? ビルド系に登場するライトニングガンダムと比較

ガンプラを題材にしたアニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」(2014年)には、リ・ガズィをベースに製作された「ライトニングガンダム」というガンプラが登場します。こちらも少しご紹介していきます。

右が「HGBFライトニングガンダム」。リ・ガズィとの共通パーツはなく、完全新規造形にて立体化されています

右が「HGBFライトニングガンダム」。リ・ガズィとの共通パーツはなく、完全新規造形にて立体化されています

2014年に発売された比較的新しいガンプラということで、色分け・造形・可動などは非常に優秀です

2014年に発売された比較的新しいガンプラということで、色分け・造形・可動などは非常に優秀です

手足の関節は90°度以上曲がり、キレイにヒザ立ちできます

手足の関節は90°以上曲がり、キレイにヒザ立ちできます

リ・ガズィよりガンダムタイプに近い見た目で立体化されていますね

リ・ガズィよりガンダムタイプに近い見た目で立体化されていますね


不思議な魅力を持つ「リ・ガズィ」。ガンプラ的にはHGUC版が◎


ということで、今回は主要なリ・ガズィのガンプラを振り返ってみました。
リ・ガズィって不思議な魅力が詰まっていますよね。
ガンダムタイプっぽくない青みがかった薄いカラーリング。後ろに2本伸びた細いアンテナ。スペース・ファイター形態という一風変わったドッキングギミック。同作品の「νガンダム」「サザビー」に押され、いまいち日の目を見ない(といっては怒られるかもしれませんが)その立ち位置。意外にファンが多い機体ではないでしょうか。

いろいろ見比べてみましたが、ガンプラ的に一番のオススメは「HGUC 1/144 リ・ガズィ」です。MGも良プロポーションで立体化されていますが、破損しやすくクセの強いキットになっていると思います。
ということで、初心者モデラーさんは特にHGUC一択で間違いないと思います。νガンダム、サザビーを組み終わったなら、リ・ガズィに目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。
不思議な魅力が詰まったリ・ガズィ、今後もRG化や後続機の登場を陰ながら待ち続けたいと思います!

ポッチ

ポッチ

ガンプラレビューサイト「ポッチのガンプラ+」の管理人。ホビー関連中心のフリーライターをやっています。【ポッチのガンプラ+】https://gunplapocchi.com/

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る