PlayStation VR、Oculusで“ゲームの未来”も体験できる!

「東京ゲームショウ2015」レポート! モンハン、ドラクエなど最新タイトル満載

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年9月に開催されている、国内最大のゲームイベント「東京ゲームショウ」。2015年は9月17日〜20日までの4日間、千葉県の幕張メッセにて催されている。17日と18日はビジネスデーで、シルバーウィークのスタートと重なる19日と20日が一般日だ。今年のテーマは「もっと自由に、GAMEと遊ぼう」。過去最多となる、37か国・地域から480の企業や団体が出展。ここでは、PlayStation VR、Oculusのヘッドマウントディスプレイの展示内容のほか、携帯ゲーム・据え置きゲーム機の最新タイトルの情報を紹介していこう。

ソニー・コンピュータエンタテインメント
何といっても「PlayStation VR」が目玉

 

会場でのコマ数としては最大級となるスペースを確保し、PS関連タイトルを網羅した試遊台を配置している。PS3やPS4、PS Vitaのタイトルをプレイしたいのであれば、ここだけでほぼすべてを遊べてしまうのも例年通り。今年は、完成度に磨きがかかったヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」改め「PlayStation VR」を、ぜひとも体験しておきたい。合わせて、ブースに用意されたプレイアブルタイトルのなかから、注目作をピックアップしていこう。

PlayStation VRのスペースは、ブース正面向かって右側に2階建てで配置されている。用意されているのは「サイバーダンガンロンパVR」「ファイナルファンタジーXIV ONLINE」「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO」「アクエリオンEVOL」「RIGS」「真・三國無双7 VR DEMO」「THE PLAYROOM VR」「JOYSOUND VR」「サマーレッスン」、そして18歳以上のみが体験できる「KITCHEN」

今回、スタッフが体験できたのはSEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMOだった。実際にPlayStation VRを装着すると、本当にライブ会場にいるかのような経験ができたとのこと

SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMOは、初音ミクのライブに観客として参加し、会場と一体になって応援することができるゲーム。臨場感とリアリティたっぷりで、本当にライブ会場にいるように自然に体が動いてしまう。最初は観客として、続いてミクといっしょにステージに上がり、いっしょに歌って踊っているような感覚を楽しめた。昨年試遊したProject Morpheusと比べて画質が格断に鮮明で、3D空間をより本格的に体験できるようになったと感じた

昨年は立体的なブース構成だったが、今年は平面的に試遊台を並べている。中央にPS Vitaソフトの試遊台、その周りを囲むようにPS4ソフトの試遊台を配置

注目タイトルの1つ、PS4版の「GRAVITY DAZE 重力的目眩:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」。フレームレートが60fpsに、映像は美しく、より没入感が増した。“空に落ちる感覚”を、PS4版の大画面で味わおう

側面では、「人喰いの大鷲トリコ」シアターが上映。全世界注目のタイトルなので、この機会にぜひチェックしておきたい。高さ6mの壁面には、実物大の大鷲トリコが投影されており、コミュニケーションも体験できる

PS Vitaスペースは、中央に「マインクラフト」試遊台を配置し、その周囲に「イグジストアーカイヴ」「ゴッドイーターリザレクション」といったタイトルを並べていた。2015年9月17日より発売が開始された新色モデルも展示されている

Oculus
「Oculus Rift」「Gear VR」を試せる!

 

PlayStation VRと並んで今回のゲームショウの目玉となったのが、Oculusのヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」だ。Oculusのブースでは、Oculus Riftの最新プロトタイプが遊べる体験コーナーが設けられている。試遊できるタイトルは7本。その中では、初公開となる日本製のOculus用ソフト「Fly to Kuma」(コロプラ)も用意されている。また、Samsungと共同開発したヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」も用意されており、2種類のヘッドマウントディスプレイを楽しめるブースとなっている。Oculus Riftの製品版は2016年発売予定だ。

女性スタッフの方に実際に試遊できるOculus Riftの最新プロトタイプを装着してもらった。ブースで展示されているもうひとつ(いわゆる製品版?)のOculus Riftとは、見た目も違っている。側面のバンドにはヘッドホンが装着されている。ちなみに、Playstation VRで使われていたヘッドホンは別になっており、音に対しての取り組み方も、少し異なるのかもしれない

ブースで展示されていた、製品版(?)Oculus Rift(2016年発売予定)と、Oculus Rift用のコントローラーOculus Touch(VR空間上で指の操作、つまんだり、さしたりなどをできる)。なお、両機とも手にとって遊べるわけではないが、昨年に比べてVRゲームが進んでいることを実感できる展示だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.3.23 更新
ページトップへ戻る