「人喰いの大鷲トリコ」や小島秀夫監督の最新作の情報も!

「E3 2016」で発表されたPS4向け最新タイトル&PS VR対応タイトルまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカは、米国ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市「E3 2016」にて、PlayStationに関する最新情報を紹介するカンファレンス「E3 2016 PlayStation Press Conference」を開催した。事前の報道通り、噂されていたPlayStation 4の上位モデル“Neo”の発表こそなかったものの、PlayStation 4専用バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」(以下、PS VR)の発売日決定をはじめ、「人喰いの大鷲トリコ」の発売日決定、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションの新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」や、バイオハザードシリーズ最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」といった新作タイトルの発表など、かなりインパクトのあるプレスカンファレンスとなっていた。日本国内でも、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)やサードパーティ各社から、カンファレンスに合わせてさまざまな発表が行われている。ここでは、E3 2016で発表のあったタイトルの中で日本市場での投入が予定されているタイトル、PS VR関連タイトルを中心に紹介していこう。

PS4専用VRシステム「PlayStation VR」の記事はコチラ

発表から実に7年! PS4「人喰いの大鷲トリコ」が2016年10月25日(火)発売決定!

人喰いの大鷲トリコ

人喰いの大鷲トリコ

「ICO」「ワンダと巨像」を手がけたゲームデザイナー・上田文人氏による最新作「人喰いの大鷲トリコ」。プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲のトリコとともに、忘れ去られた巨大遺跡を冒険し、幾多の苦難を乗り越えて絆を深めていくというアクションアドベンチャーゲームだ。2009年の発表以降、長らく発売が待たれていたが、ついに発売日が2016年10月25日(火)に決定した。

なお、予約受付は本日より開始している。パッケージ版は、通常版のほか、スペシャルボックスとミニサウンドトラック、雑誌「BRUTUS」(株式会社マガジンハウス)編集によるスペシャルブックレットを同梱した初回限定版を用意。ダウンロード版は、発売日の午前0時よりプレイできるほか、ダウンロード版限定の割引キャンペーンにも参加できるとのことだ。いずれも価格は6,900円(税別)。

©Sony Interactive Entertainment Inc.

小島秀夫監督最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」がPS4で登場!

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

メタルギアシリーズで有名な小島秀夫監督。2015年12月のコナミ退職以降、コジマプロダクションを設立してPS4向け独占タイトルを開発していることがこれまで明らかになっており、その後の動向が注目されていたわけだが、今回のカンファレンスのタイミングで、ついにPlayStation 4用ソフトウェア最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」として、ティザー映像が公開された。ティザー映像以外では、これまでの小島秀夫監督作品と同様に小島監督自身が企画、脚本、監督、ゲームデザインを手がけること、本作の主人公に、ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズで有名なノーマン・リーダスが起用されることが明らかになっている。発売時期等は未定だが、かなり注目のタイトルになることは間違いない。今後の続報にも注目したいところだ。

© Sony Interactive Entertainment

PS VRに完全対応! バイオハザード最新作「バイオハザード7 レジデント イービル」が2017年1月26日(木)発売

バイオハザード7 レジデント イービル

バイオハザード7 レジデント イービル

1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数6800万本を記録するカプコンの大人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」。その最新ナンバリングタイトルとなる「バイオハザード7 レジデント イービル」が、2017年1月26日に発売されることが発表された。対応ハードは、PS4のほか、Xbox OneとPCも予定している。

最新作は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとし、ホラー性をさらに深化。圧倒的な没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点(TPS)から一人称視点(FPS)へゲームシステムを変更したほか、PS VRへの完全対応も予定しているという。また、今作のために独自に開発した最新ゲームエンジン「REエンジン(アールイーエンジン)」を採用。ハードスペックを最大限に引き出し、実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を実現しているという。なお、「バイオハザード7 レジンデント イービル」の体験版となる「バイオハザード7 ティザー 〜ビギニングアワー〜」がPlayStationPlus会員向けにすでに配信を開始している。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

2016年9月30日(金)発売予定の「ファイナルファンタジーXV」がPS VR対応を予告!

ファイナルファンタジーXV

ファイナルファンタジーXV

FFシリーズ最新作となる「ファイナルファンタジーXV」。2016年3月31日に米国ロサンゼルスで行われた発表会「UNCOVERED FINAL FANTASY XV」にて、2016年9月30日(金)に全世界同時発売することが発表され、大きな話題を呼んだのは記憶に新しい。そんな本作だが、なんとPS VRに対応することが、E3で公開されたトレーラーで明らかになった。現時点では、一人称視点での戦闘やドライブシーンでVR対応していることが分かっている。その後のSIEJAのリリースでは、PS VRは後日対応で、対応方法については別途発表することが明らかになっている。PS VRでいったいどのようなことができるのが。今後の正式発表に注目だ。

©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

全長118.5メートルのフルCGゴジラと対峙! “『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR (仮称)”の制作決定

映画『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ

映画『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ

「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明氏が脚本・総監督を務める映画「シン・ゴジラ」が2016年7月29日(金)より公開されることを記念し、PS VRとコラボが決定! PS VR向けコンテンツとして、“『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR (仮称)”が制作されるという。

コンテンツでは、プレイヤーと史上最大となる全長118.5メートルのフルCGゴジラが、バーチャルリアリティの世界で対峙するという内容だ。PS VRでしか味わえないリアリティあふれる究極の“ゴジラ”体験を実現するべく、実際の映画用に製作された3DCGデータを使用し、制作を進めているとのこと。コンテンツは日本国内向けPlayStationStoreにて、2016年10月13日(木)のPS VR発売同日より、期間限定で無料配信予定だ。

なお、PS VR発売とコンテンツの配信に先駆け、2016年8月3日(水)にユーザーを招待した特別先行体験会を開催するとのこと。応募方法などの詳細については、「PlayStation VRプレミアムメールマガジン」に6月27日(月)時点で登録しているユーザーに対して、後日プレミアムメールを通じて案内するということだ。

©2016 TOHO CO.,LTD.

女性とコミュニケーションできる「サマーレッスン」がついに製品化! 2016年10月13日(木)発売

サマーレッスン(仮)

サマーレッスン(仮)

キャラクターとのコミュニケーションを楽しめるPS VRの技術デモとして、2014年の発表以降、各地の体験会に出展していた「サマーレッスン」。VRの技術を使い、まるでキャラクターが本当に目の前にいるかのような臨場感で、女性キャラクターとコミュニケーションが楽しめるというこれまにない新しいVR体験が話題となっていたが、PS VRの発売日が正式に決まったことを受け、ついに製品版として発売されることが決定した。発売日は、PS VRと同じ2016年10月13日(木)。現在、より進化した体験を提供べく、鋭意開発中とのことなので、今後の続報にも注目だ。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

初音ミクのVRライブを体験できる「初音ミク VR フューチャーライブ」。PS VRと同じ10 月13 日(木)発売

初音ミク VR フューチャーライブ

初音ミク VR フューチャーライブ

「初音ミク VR フューチャーライブ」は、VR空間で繰り広げられる初音ミクのライブコンサートが体感できるPS VR専用タイトルだ。プレーヤーはライブ会場を盛り上げる観客のひとりとなって、キャラクターのステージパフォーマンスやインタラクティブなリアクション、現実にはありえない数々の演出を楽しめるという。なお、本作はPlayStationStoreでの配信予定となっている。価格は未定。

© SEGA / © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

2016年発売予定の「GRAVITY DAZE 2」の最新トレーラーも公開!

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択

PS Vitaのモーションセンサーを生かした斬新な操作方法で、日本ゲーム大賞年間作品部門を受賞するなど、大きなヒットを記録した「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」。続編となる「GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択」は、2016年発売を予定しているが、E3 2016に合わせ、最新トレーラーが公開となった。最新トレーラーでは、主人公キトゥンによるバトルシーンを中心に収録。PS4ならではの美麗なグラフィックと、新しいバトルシステムの追加でさらにアクション性が増した本作の魅力が存分に詰め込まれた映像となっている。

©Sony Interactive Entertainment Inc.

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.9.24 更新
ページトップへ戻る