新製品レポート
シャンプー、コンディショナー、トリートメントがこれ1本で完結

250mlで6,480円也! オリーブオイルたっぷりの超高級シャンプーは「泡立たない」のに超しっとり

みなさんは、250mlで6,480円(税込)というシャンプーを使ったことがありますか? 私はもちろんありません。が、このたび、そんな超高級シャンプー「チェントンツェ エクストラ オリーブオイル ヘアクレンジング」(以下、チェントンツェ ヘアクレンジング)をゲット。このチェントンツェ ヘアクレンジング、驚くべきはその価格だけでなく、これ1本でシャンプー、コンディショナー、トリートメントが完結するのだそう。そんな新感覚の超高級シャンプーをさっそく使ってみました。

「チェントンツェ ヘアクレンジング」。250mlで6,000円也! さすがの箱入りです

「チェントンツェ ヘアクレンジング」。250mlで6,480円也! さすがの箱入りです

6,480円の理由は、モナコ王室御用達の超高級オリーブオイルを使っているから

「チェントンツェ ヘアクレンジング」は、モナコ王室御用達の「チェントンツェ(Centonze)エキストラオリーブオイル」を配合し、ひとつでシャンプー、コンディショナー、トリートメントが完了するオールインワンタイプのヘアクレンジング。上質なエキストラバージンオリーブオイルが髪の毛を包み込んでダメージを補修し、頭皮と髪をケアしてくれるそう。オールインワンタイプとしては世界で初めて(メーカー談)ノンシリコン処方を実現しているだけでなく、シャンプーと違って泡を立てないので髪がからみにくく、摩擦による髪や頭皮のダメージを防ぎます。その使用感のよさから、有名芸能人のファンも多いのだとか。

「チェントンツェ ヘアクレンジング」にたっぷり配合されている「チェントンツェエキストラバージンオリーブオイル」。こちらも92gで1,620円と、なかなかイイお値段です

「チェントンツェエキストラバージンオリーブオイル」に使用されるオリーブは、イタリア・シチリア西部に位置するセリヌンテにて有機農法で栽培されたもの。その中でもさらに厳選されたオリーブの実をひと粒ずつ手摘みし、鮮度を保つため12時間以内に抽出しています。日差しや海風が強く、植物にとって決してよいとは言えない環境下でたくましく育まれるオリーブを使用するからこそ、作られた抗酸化力が高く、高品質な有機エキストラバージンオリーブオイルは、ヨーロッパでは数々のオリーブオイルコンテストで賞を受賞。その品質の高さは世界的に認められているそうです。

「チェントンツェエキストラバージンオリーブオイル」。なめてみると、ほんのり喉がぴりぴり。これが、高品質なオリーブオイルの証なのだそう

本当に泡立たないけど、清涼感があって気持ちいい

泡立たないなんて、洗った気がしないんじゃ……。シャンプー、コンディショナー、トリートメントが1本で済むらしいけど、信じてイイの? そんな気持ちを胸に「チェントンツェ ヘアクレンジング」を使ってみます。筆者は髪の3割ぐらいがうねうねの波状毛でまとまりが悪く、毛先のパサつきが悩みなのですが、1回の使用で効果を感じることができるでしょうか。

シャンプーのようにとろりとしておらず、やわらかめのハンドクリームに近いテクスチャー。ワンプッシュでこれくらいの量が出るのですが、肩下30cmという筆者の長い髪の場合、1度に6プッシュくらい使用。ケチらず行きます!

使用する際は、髪をしっかり濡らし、まず毛先を中心にしっかりなじませます。その後、「チェントンツェ ヘアクレンジング」を手のひらや指にまでよく伸ばし、生え際から頭頂部に向かって塗布。その後、指の腹で頭皮をマッサージするように髪と地肌を洗っていきます。この状態で5分待ってから洗い流します。

本当に泡立たない……ちょっと不安。マッサージをしていると、頭皮がひんやりするのですが、これもまた品があるというか、冬でも不快ではない上品な清涼感で気持ちいいです。香りは、ほんのりフルーティーなハッカのような香りを感じました

頭皮に清涼感があるせいか、心配していた「洗った気がしない」感はほぼありません。洗い流したあとの感想をひとことで言うと、「髪が別物になった感じ」でした。ツルツルしないのはノンシリコンらしいなと思ったのですが、ギシギシとイヤな感じではなく「くっ、くっ」とコクがある手触り。髪の1本1本がしっかりしたとでも言うのでしょうか。髪の束が、いつもより5%くらい太くなったような感覚で、髪から「お腹いっぱい」の声が聞こえてきそうです。

そして翌朝。いつもは頭を覆うアホ毛が明らかに少ない

翌朝の髪は、かなりしっとり。さらさらの仕上がりが好みの人はしっとりしすぎと感じるくらい、しっとり。短髪の男性はぺったりしちゃうのではと思うほどなので、個人的には、頭皮や生え際より、毛先にしっかり付けたほうがいいかもと思いました。前述のとおり、筆者は波状タイプのくせ毛なので、朝は「アホ毛(短い波状毛)の層」が頭全体を覆う感じになるのですが、この朝はそれが明らかに少ないのです。

パッと見た感じはさすがに1日ではそう変わりませんが、とにかくしっとりしていて“アホ毛”が目立ちません

パッと見た感じはさすがに1日ではそう変わりませんが、とにかくしっとりしていて“アホ毛”が目立ちません

2018年2月にはリニューアルを予定

なお、「チェントンツェ ヘアクレンジング」は、来たる2019年2月にリニューアルを予定しています。変更点は、抗酸化作用が高いビタミンEを多く含むアルガンオイルを新たに配合し、よりツヤのある仕上がりが期待できるそう。また、アルガンオイルによって頭皮のキメが整うことで、薄毛や抜け毛対策にも効果があるそうです。さらに、「チェントンツェ ヘアクレンジング」はシャンプーにしては硬めのテクスチャーのため、プッシュ式のボトルだと使用途中で液が出にくくなるという問題があったところを、リニューアル商品では、ストレスなく最後まで使い切れるよりやわらかなテクスチャーに改良する予定。新モデルも250mlで6,480円(税込)と同価格ですが、詰め替え用は500mlで5,400円(税込)とかなりお得感のある価格設定になるようです。

10mlのお試しパックも170円(税別)で発売予定

10mlのお試しパックも170円(税別)で発売予定

「250mlで6,480円」と聞くと身構えてしまいますが、そこそこ髪に気を使っているなら、それぞれ1,500円のシャンプーとコンディショナー、2,000円のアウトバストリートメントを使用しているという人も珍しくはないでしょう。そう考えれば、1本6,480円という価格も現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

たったひと晩ですが「チェントンツェ ヘアクレンジング」を使用してみて、そのほかに類を見ないしっとり感には正直驚きました。これは……高いだけのことはあるかも。今後も使用し続けたいと思います。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る