増やす
店頭での決済だけじゃない!広がる利用シーンを解説

スマホ決済は買い物以外でも活躍! 無料で送金、自宅で公共料金支払いなど、便利な5つの機能

「○○ペイ」「○○払い」といったスマホ決済が、存在感を増してきています。最近では、使える店舗も急ピッチで増えてきており、コンビニや飲食店などでの支払いに使っている方もいらっしゃるでしょう。

しかしこれらのスマホ決済、利用シーンは店頭での支払いだけではありません。同じサービスのユーザー同士で送金し合えたり、自宅にいながら公共料金を支払えたりする機能を持つサービスも増えてきました。今回は店頭での決済以外にも、さまざまなシーンで役立つスマホ決済の5つの機能を紹介します。
(主要なスマホ決済であるPayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイについて、どの機能に対応しているかについても紹介します)

〈取り上げる5つの機能〉
【1】個人間送金:同じアプリユーザーなら、いつでも無料で
【2】割り勘:請求漏れや支払い漏れを防げる
【3】残高の現金化:ATMからの引き出しや銀行口座に出金
【4】請求書払い:自宅にいながら公共料金や税金の支払いが可能
【5】ネットショッピング:カード番号の入力不要でより手軽に

関連記事:「ポイント二重取りも! 6つのQRコード決済の使い方&開催中キャンペーンまとめ」

存在感を増しているスマホ決済。さまざまなシーンで役立つ機能を備えたサービスも登場してきている

存在感を増しているスマホ決済。さまざまなシーンで役立つ機能を備えたサービスも登場してきている

【1】個人間送金:同じアプリユーザーなら、いつでも無料で

(対応する主なスマホ決済:PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い)

従来は誰かにお金を送る手段として、銀行口座を通じた振込が一般的でしたが、これには通常、手数料がかかり、土日祝日や夜間に振込を完了させることはできません(一部銀行を除く)。しかし、スマホ決済の個人間送金では送る人、受け取る人が同じアプリをインストールしていれば、24時間365日送金可能です。手数料もかからず、送金から着金までのタイムラグもありません。

送り方は各アプリで多少異なりますが、基本的には以下のとおりです。
(1)クレジットカードや銀行口座などから送金に必要な額をチャージ
(2)送る相手を指定
※同じ場所にいるときに便利な「送る相手のQRコードを読み取る」方法や、離れている相手にも送れる「携帯電話番号を指定する」方法などがあります。
(3)金額を入力して送金ボタンをタップすればOK

送金作業は1分程度で完了。相手の銀行口座やカード番号も不要

送金作業は1分程度で完了し、相手の銀行口座やクレジットカードの番号などを入力する必要はありません。

PayPayの場合、トップ画面の「送る」ボタンを押して送金作業を開始。1分程度で送金は完了できる

PayPayの場合、トップ画面の「送る」ボタンを押して送金作業を開始。1分程度で送金は完了できる

送られた相手に、受け取り作業を依頼する通知が届く

送られた相手に、受け取り作業を依頼する通知が届く

送れるのは電子マネーの残高。キャンペーンで獲得したものは不可の場合も

ただし、いずれのスマホ決済でも、送ることができるのは電子マネーの残高です。それぞれのアプリにひも付いたクレジットカードや銀行口座から直接送金はできません。そのため、残高が足りない場合は上記のとおり、「クレジットカード(銀行口座)から残高にチャージ」→「チャージされた電子マネー残高から送金」といったステップを踏む必要があります。

アプリによっては、送金できるのはチャージした電子マネーのみで、還元キャンペーンで付与されたものは不可とする場合があります。また、送金するには基本的に銀行口座登録などで本人確認を済ませておく必要があります。送られた電子マネーは、基本的にそのアプリでの決済用として利用することができます。

送金限度額はサービスごとに異なり、以下のとおりです。
【PayPay】
過去24時間で10万円まで、かつ、過去30日間で50万円まで
【LINE Pay】
1日10万円まで
【楽天ペイ】
1回10万円まで、かつ、1か月100万円まで
【d払い】
1か月20万円まで

家族に送金し、日常の買い物に利用してもらうこともできる

筆者は日常の買い物でPayPayを使っており、「Yahoo! JAPANカードからPayPayにチャージしたときに1%還元」「PayPayで決済したときに1.5%還元」と、合計で実質2.5%の還元を受けています(「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店舗ではさらなる上乗せがあります)。

Yahoo! JAPANカードはPayPayにチャージできる唯一のクレジットカードですが、妻は持っていません。そこで、筆者のPayPayから妻のPayPayに送金し、妻にも日常の買い物で使ってもらっています。そのときにも、妻のPayPayに1.5%還元されます。このように、友人間だけではなく、家族間で送金してアプリを使うようにして、それぞれが還元を受ける、というのも便利な使い方のひとつになるでしょう。

スマホ決済では24時間365日、無料で送金可能。作業時間もわずか1分程度

スマホ決済では24時間365日、無料で送金可能。作業時間もわずか1分程度

【2】割り勘:請求漏れや支払い漏れを防げる

(対応する主なスマホ決済:PayPay、LINE Pay)

個人間送金を応用したのが割り勘機能です。飲み会やランチ、ミーティングなどのたびに、参加者に金額を請求するのは結構面倒なものです。【1】で説明した個人間送金を利用して一人ひとりから送ってもらうこともできますが、割り勘機能でグループを作成すれば、よりさくさくと、確実に割り勘を行うことができます。

こちらもスマホ決済のアプリで微妙に方法は異なりますが、基本的な手順は以下のとおりです。
(1)QRコードを読み取るなどして、割り勘を行うグループを作成
(2)幹事がメンバーに割り勘をリクエスト
(3)各メンバーがアプリ上で幹事に割り勘の金額を送金

この割り勘機能では、支払いの履歴が残り、完了したかどうかがわかるので、請求漏れや支払い漏れを防ぐことができます。お店にまとめて支払った幹事は合計金額分の還元も受けられる、というちょっとしたお得な面もあります。

支払いが完了したかどうかわかり、支払い漏れを防げるのもメリット(LINE Pay公式ブログから)

支払いが完了したかどうかわかり、支払い漏れを防げるのもメリット(LINE Pay公式ブログから)

【3】残高の現金化:ATMからの引き出しや銀行口座に出金

(対応する主なスマホ決済:PayPay、LINE Pay、d払い、メルペイ)

キャッシュレス化が進みつつありますが、「現金しか使えない店に行く」場合など、現金が必要なケースも依然少なくありません。また「スマホ決済に多くチャージしすぎてしまった」というケースもあるでしょう。そんなときに便利なのがスマホ決済の残高を現金化する機能です。

スマホ決済の残高を現金化する方法として以下の2通りがあります。
(1)ATMで現金として引き出す
(2)銀行口座への出金

LINE Payならセブン銀行ATMから、残高を現金として引き出せる

(2)の場合、実際に現金を手にするには「出金した銀行口座から引き出す」という追加の作業が必要になります。今回取り上げたサービスの中では、LINE Payが(1)の「ATMでの現金化」に対応しています。こちらは、LINE Payユーザーならセブン銀行ATMで、ATMに表示されたQRコードを読み取るなどしてLINE Pay残高の範囲内で現金を引き出すことができます(1日あたり1万円が上限)。セブン銀行の口座を保有している必要もありません。そうした意味で、残高の現金化で最も便利な機能を持っているのはLINE Payと言えるでしょう。

いずれのスマホ決済でも手数料がかかるので、少額の出金を何度も繰り返し行うのには向いていません。また、還元キャンペーンなどで付与された電子マネーは現金化できないケースもあるほか、スマホ決済によっては振り込まれるのが1〜4営業日後と時間がかかる点にも注意が必要になります。

各サービスの手数料や限度額などは以下のとおりです。

【PayPay】
◇銀行口座への出金◇
・対応の金融機関:メガバンクや地銀、ネット銀行
・手数料:100円(ジャパンネット銀行は無料)
・限度額:24時間50万円(出金の最少額は100円〜)
・振込完了の期間:1〜4営業日後(ジャパンネット銀行は即時)

【LINE Pay】
◇ATMでの現金化◇
・対応の金融機関:セブン銀行(24時間対応)
・手数料:1回につき220円
・限度額:1日あたり10,000円(出金の最少額は1,000円〜)
◇銀行口座への出金◇
・対応の金融機関:メガバンクや地銀、ネット銀行
・手数料:1回につき220円
・限度額:1日あたり10万円(出金の最少額は1円〜)
・振込完了の期間:原則即時(平日9時〜15時)

【d払い】
◇銀行口座への出金◇
・対応の金融機関:メガバンクや地銀、ネット銀行
・手数料:1回につき220円(みずほ銀行は毎月1回目のみ110円)
・限度額:1回あたり2万円(出金の最少額は1円〜)
・振込完了の期間:1〜2営業日後

【メルペイ】
◇銀行口座への出金◇
・対応の金融機関:メガバンクや地銀、ネット銀行
・手数料:1回につき200円
・限度額:1日あたり100万円(出金の最少額は1円〜)
・振込完了の期間:1〜2営業日後

LINE Payは、セブン銀行のATMでLINE Pay残高の範囲内で現金を引き出せる

LINE Payは、セブン銀行のATMでLINE Pay残高の範囲内で現金を引き出せる

【4】請求書払い:自宅にいながら公共料金や税金の支払いが可能

(対応する主なスマホ決済:PayPay、LINE Pay)

電気やガス、水道などの公共料金のほか、通信販売などの請求書が自宅に届いたら、これまではコンビニなどの店頭で支払いを済ますのが一般的でした。しかし、スマホ決済のアプリから支払い可能なサービスも登場してきました。

アプリから「請求書払い」をタップし、請求書に記載されたバーコードを読み込んだ後に、残高から支払えば完了です。自宅にいながら数分で支払いを済ませられるので、コンビニなどに出向く手間を省くことができます。LINE Pay、PayPayへの手数料は発生しませんが、請求書に「手数料:お客様負担」と書かれている場合、支払先企業への手数料が別途発生する点は注意が必要です。

税金以外の支払いではポイント付与のメリットも

スマホ決済を利用した「請求書払い」のメリットは手軽さのほかに、還元を受けられる点にあります。LINEPayなら0.5%〜2%(LINEPayの利用実績に応じて決定)、PayPayでは0.5%の還元が受けられます。ただし、住民税など税金の支払いは原則、還元の対象外になります。また、スマホ決済で支払っても領収書は発行されない点は留意しておきましょう。

〈PayPayで請求書払いができる主な支払先〉
東京電力、中国電力、九州電力、北海道ガス、東京ガス、大阪ガス、広島ガス、東京都水道局、このほか全国各地の200以上の自治体の住民税や上下水道料金など

〈LINE Payで請求書払いができる主な支払先〉
東京電力、東北電力、九州電力、関西電力、ZOZOTOWN、東京海上日動火災、大阪市財政局、東京ガスなど

LINE Payでは70以上の企業・団体の請求書払いに対応している(LINE Pay公式ブログより)

LINE Payでは70以上の企業・団体の請求書払いに対応している(LINE Pay公式ブログより)

【5】ネットショッピング:カード番号の入力不要でより手軽に

(対応する主なスマホ決済:PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ)

スマホ決済というと、リアル店舗での利用をイメージする方が多いと思いますが、スマホ決済に対応するネットショッピングも増えてきました。

基本的には、
(1)ネットショッピングのサイトで買いたい商品を選び、購入手続きのページまで進む
(2)支払い方法のページで希望する「○○ペイ」をクリック
(3)各コード決済のアプリのID、パスワードを入力するなどして購入完了
といった流れとなり、クレジットカードの番号などを入力せずに決済を完了できます。また、店頭での支払いとは異なりQRコードやバーコードを読み取る作業は不要です。

スマホ決済を対象にしたキャンペーンも

リアル店舗同様、還元も受けられますし、サイトによっては独自のキャンペーンを行っている場合もあります。この中で最近注目を集めているのが、フリマアプリ「PayPayフリマ」とオンラインショッピングサイト「PayPayモール」で2019年11月1日から始まったキャンペーンです。一定の条件をクリアし、両サービスでPayPayを使って買い物をすると、最大20%の還元が受けられるというものです。「PayPayモール」のキャンペーンは2020年1月31日までの予定ですが、還元額が100億円相当に達した時点で終了となります。「PayPayフリマ」のキャンペーンは2019年12月25日までとなっています。

〈PayPayが使える主なネットショッピング〉
PayPayモール、PayPayフリマ、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ebook、Yahoo!トラベル

〈LINE Payが使える主なネットショッピング〉
ラクマ、ZOZOTOWN、HMV ONLINE、ハイブリッド型総合書店「honto」、Joshin webショップ、出前館、ピザハットなど

〈楽天ペイが使える主なネットショッピング〉
無印良品、東急百貨店、オンワードクローゼット、ドミノ・ピザ、ラクマ(フリマアプリ)など

〈d払いが使える主なネットショッピング〉
Amazon、高島屋、三越、ノジマオンライン、ソニーストアなど

〈メルペイいが使える主なネットショッピング〉
SHOPLIST、NOINcosmetics、サンプル百貨店など

スマホ決済に対応する、ネットショッピングも増えてきた

スマホ決済に対応する、ネットショッピングも増えてきた

まとめ

取り上げた5つの機能について、対応可能なスマホ決済のサービスを表にまとめました。

スマホ決済というと、どうしても「20%還元」などの派手なキャンペーンを展開していたこともあり、決済機能ばかりに目が行きがちです。しかし、記事で説明したように、生活に役立つさまざまな機能を搭載するようになってきています。

特に筆者が注目しているのは「個人間送金」です。同じアプリユーザー同士、という制限つきながら、「いつでも」「無料で」「1円単位」で送金できるのは非常に便利で重宝しています。決済できる店舗の増加とともに、この機能がより広く使われるようになれば、現金を使う機会も減り、結果としてキャッシュレス推進の大きな力になるのではと、感じています。今回紹介したスマホ決済のアプリを利用している方は、友人や家族間で試してみてはいかがでしょうか。

西村有樹

西村有樹

オフィスクイック代表。1990年より編集・ライターとして出版業界に携わる。リクルート、小学館、講談社ほか多数の出版社の各媒体にて、主に企業取材、企業人インタビューを手がける。1999年の金融ビッグバンを機に金融・保険を自身の専門分野として確立。ユーザーの視点からの、わかりやすい記事を多数執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る