増やす
今月のおトクなキャンペーンをチェック

主要QRコード決済7種の使い方&キャンペーンまとめ情報(2022年1月版)

普及が進む「QRコード決済」。本稿では、幅広く使われている7種のQRコード決済サービスを対象に「おトクなキャンペーン」や「基本的な使い方」を紹介しています。記事は、キャンペーン情報を中心に、内容を毎月更新しています(最新更新日:2022年1月9日)。

今月のおトクなQRコード決済はどれ?

今月のおトクなQRコード決済はどれ?

QRコード決済に関する主な動き

まずは、QRコード決済に関係する最近の主な動きをご紹介します。

▼QRコード決済の利用率が過去最高の56%に到達

2021年12月28日、株式会社インフキュリオンが、全国の16〜69歳の男女5,000人を対象に実施した「決済動向2021年12月調査」の結果を発表しました。これによると、QRコード決済の利用率が過去最高となる56%に達したそうです(前回2021年4月の調査時は54%)。また、QRコード決済を利用する際、店舗やキャンペーンによって決済サービスを使い分けているユーザーが約7割を占め、メリットなどを考慮しながら複数の決済手段を使い分ける消費行動が見てとれます。

▼メルペイがGoogle Playで利用可能に

2021年12月27日、メルペイは同社のネット決済機能を「Google Play」に提供することを明かにしました。同日から、Google Play上でのアプリの購入、課金、デジタルコンテンツの購入時にメルペイが使えるようになっています。

▼キャッシュレス決済の不正利用の情報を業者間で共有する仕組みが誕生へ

キャッシュレス決済で不正に利用されたアカウントの情報などを決済事業者が登録、共有する、「不正利用関連情報確認データベース」が、2022年度中の運用開始を目指して構築されています。これは、銀行やクレジットカード会社、スマホ決済事業者などが加盟するキャッシュレス推進協議会が進めているもので、名称は「CLUE」(CLUE: Cross-referencing List of User’s Encrypted data)となります。現時点で、NTTドコモ、KDDI、コモニー、LINE Pay、楽天ペイメント、ファミマデジタルワンの6社が初期メンバーとしての参画を検討しており、今後、銀行やECサイトなどにも参加が呼びかけられるとのことです。

各QRコード決済の使い方と今月新たに始まったキャンペーン

ここからは、主要7種のQRコード決済サービスの使い方と、開催中のキャンペーン情報を見ていきましょう。

1. PayPay

2018年10月からサービスがスタート。全国規模の大手チェーンはもちろん、商店街の小さな個人商店などにも利用網を拡大。電気、ガス、水道などの公共料金の支払いも使えるようになっています。会員数は4,000万人を突破し、QRコード決済の中で存在感を高めつつあります。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

PayPayのポイント還元率

PayPayで支払うごとに「PayPayボーナス」がもらえます。基本の付与率は0.5%ですが、「300円以上の決済を30回以上および決済金額5万円以上」を達成すると、翌月の付与率が0.5%上がります。さらに、「PayPay支払い」「Yahoo!プレミアム会員の登録」「PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携」「対象サービスのうち3サービス利用(※)」の4条件を達成すると翌月の付与率が0.5%上がります。基本の付与分を含めて最高1.5%の付与率が目指せます。

※対象のサービスは「PayPayモールまたはYahoo!ショッピング」「PayPayフリマまたはヤフオク!」「Yahoo!トラベル」「ebookjapan」「LOHACO by ASKUL」

PayPayでの支払い方

PayPayでの支払い方には次のような方法があります。
・チャージしたPayPay残高(※1)、ヤフーカードのいずれかの支払い →  0.5〜1.5%付与
・ヤフーカード以外のクレジットカードでの支払い(※2) →  PayPayボーナス付与の対象外です。
(※1)買い物に使える電子マネー。銀行口座かヤフーカードからチャージして使います。
(※2)各カードのポイントは別途付与されます。

PayPayはどこで使える?

多くの業種が加盟しています。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・セブン‐イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ナチュラルローソン
・ローソンストア100
・ポプラ
・セイコーマート
・デイリーヤマザキ

飲食チェーン
・松屋
・牛角
・かっぱ寿司
・ケンタッキーフライドチキン
・サーティワンアイスクリーム

カフェ
・上島珈琲店
・サンマルクカフェ
・スターバックスコーヒー

家電量販店
・ビックカメラ
・コジマ
・エディオン
・ケーズデンキ
・ノジマ
・ヤマダ電機

居酒屋
・白木屋
・魚民
・笑笑
・磯丸水産
・金の蔵

ドラッグストア
・薬王堂
・ウエルシア
・サンドラッグ
・マツモトキヨシ

ファッション
・ライトオン
・ファッションセンターしまむら
・洋服の青山

タクシー
・日本中央交通
・第一交通産業
・ジャパンプレミアム東京シティエスコート

書店
・LIBRO
・アニメイト
・TSUTAYA

※詳細は公式サイトをご確認ください。

PayPayが開催しているキャンペーン

▼NEW! ミニアプリのUber Eats経由でPayPay残高で支払うと10%還元

PayPay内の「Uber Eats」ミニアプリ経由でPayPay残高で支払うと、PayPay残高が10%付与されます。PayPay残高以外の支払い方法は対象外です。付与上限は1,000円相当/回、3,000円相当/期間となります。

【開催期間】開催中〜2022年1月16日(日)
【キャンペーン公式サイト】https://paypay.ne.jp/event/ubereats-20211201/

▼NEW! スーパーでの3,000円以上の買い物で最大半額相当が当たる

イトーヨーカドー、西友、ライフなど、対象のスーパーにてPayPay残高で支払うと、5回に1回の確率(※)で以下のいずれかが当たる抽選が実施され、当選するとPayPayボーナスが付与されます。
1等:決済金額の50%相当
2等:決済金額の3%相当
3等:決済金額の1%相当
付与上限は10,000円相当/回および月となります。店頭のポスター、またはアプリのマップ上のアイコンに「ジャンボ」マークのあるスーパーが対象です。

※PayPayによると、「5回に1回の確率」は、想定される決済回数をもとに設定された当選確率であり、「5回に1回必ず当たる」ものではないとのこと。また、1〜3等の当選確率は同率ではなく、1等、2等、3等の順に当選確率は低く設定されているそうです。

【開催期間】開催中〜2022年6月30日(木)
【キャンペーン公式サイト】https://paypay.ne.jp/event/supermarket-20220101/

▼NEW! 最大10万円相当が当たる「お年玉くじ」開催中

2022年1月11日までの「チャレンジ期間」にクリアしたミッションに応じて、最大10万円相当が当たる「お年玉くじ」に参加できます。ミッションは「マイナンバーカードによる本人確認で+20回」など複数あり、ミッションをクリアするごとにくじの参加回数が増える仕組みです。お年玉くじは5回に1回の確率でいずれかが当たるとされており(※)、1等10万円相当から5等10円相当まで、当選するとPayPayボーナスが付与されます。

※PayPayによると、「5回に1回の確率」は、想定される決済回数をもとに設定された当選確率であり、「5回に1回必ず当たる」ものではないとのこと。また、1〜5等の当選確率は同率ではなく、1等、2等、3等、4等、5等の順に当選確率は低く設定されているそうです。

【開催期間】チャレンジ期間:開催中〜2022年1月12日1時59分
くじ引き期間:2022年1月14日 18:00 〜2022年1月22日 1時59分
【キャンペーン公式サイト】https://paypay.ne.jp/event/otoshidama/

▼PayPayカードでの決済で1%上乗せ還元

2021年12月1日から発行が開始された「PayPayカード」をPayPayの決済で使用すると、PayPayの通常のポイント還元率(0.5~1.5%)に1%が上乗せされます。PayPay残高での決済や、そのほかのクレジットカードでの決済は対象外です。

【開催期間】開催中〜終了日未定(終了時は2か月前に告知予定)
【キャンペーン公式サイト】https://paypay.ne.jp/event/atobarai/

▼おトクなクーポンを配布中

支払い前にPayPayアプリ上で獲得しておくと、対象店での支払い時に自動で適用されるクーポンが配布されています。クーポンは「かっぱ寿司」(1,000円以上支払いで最大10%付与)、「デニーズ」(1,000円以上支払いで100円付与)、「松屋」(290円以上の支払いで最大10%付与)など。それぞれ利用できる期間が異なるのでご注意ください。

【開催期間】開催中〜終了期間は各クーポンによって異なる
【キャンペーン公式サイト】https://paypay.ne.jp/event/coupon/

2. 楽天ペイ

2016年10月にサービスがスタート。楽天会員であれば、アプリに楽天IDとパスワードを登録するだけで利用が可能です。楽天ペイを利用することで楽天ポイントが獲得できるのに加え、楽天カードを登録していれば楽天カード利用分のポイントも獲得できます。また、貯まっている楽天ポイントを支払いにも使うことができるので楽天カードユーザーにとっては使いやすい決済手段と言えます。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

楽天ペイのポイント還元率

楽天ペイは2020年7月1日より、下記の還元ルールに変更され、基本還元率が「1〜1.5%」になりました(楽天ペイのキャンペーン扱い)。

・チャージ払い(楽天キャッシュを楽天ペイにチャージして支払いに利用)
a.楽天カードからチャージした場合 → 1.5%還元
(楽天カードチャージ分0.5%、楽天ペイ利用分1%)
b.楽天銀行かラクマからチャージした場合 → 1%還元

・貯めた楽天ポイントでの支払い → 1%還元

・クレジットカード払い(楽天カードのみ) → 1%還元
(付与されるのは、楽天カード側のポイント扱い)

楽天ペイでの支払い方

楽天会員で登録しているクレジットカードが、楽天ペイにも登録される仕組みです。楽天ペイで支払うと、登録してあるクレジットカードに請求されます。また、貯まっている楽天ポイントや、楽天の電子マネーである楽天キャッシュ(クレジットカードや、フリマアプリ「ラクマ」の売上金からもチャージが可能。ほかの人への送金機能もある)を使って支払うこともできます。

楽天ペイはどこで使える?

多くの業種が加盟しています。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・ファミリーマート
・ローソン
・ナチュラルローソン
・ローソンストア100
・ミニストップ
・ポプラ
・セブン−イレブン
・デイリーヤマザキ

飲食チェーン
・松屋
・ピザーラ
・ジョナサン
・ガスト

カフェ
・上島珈琲店
・サンマルクカフェ
・エクセルシオールカフェ

家電量販店
・エディオン
・ケーズデンキ
・Joshin
・ビックカメラ
・ヤマダ電機

居酒屋
・白木屋
・笑笑
・山内農場
・甘太郎
・和民

ドラッグストア
・薬王堂
・Tomod's
・ウエルシア
・ココカラファイン

ファッション
・AOKI
・はるやま
・ライトオン
・コナカ
・ムラサキスポーツ

デパート
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・東急百貨店
・三井アウトレットパーク

タクシー
・S.RIDE
・Japan Taxi

書店
・丸善ジュンク堂書店
・LIBRO
・ブック・スクウェア
・紀伊国屋書店

※詳細は公式サイトをご確認ください。

楽天ペイが現在開催しているキャンペーン

▼NEW! 抽選で500名に1か月分の楽天ペイの支払い額の全額分を還元

エントリーのうえ、楽天ペイアプリで支払うと(コード払い、QR払い、セルフのいずれの支払い方法も対象)、抽選で毎月500名に1か月分の楽天ペイでの支払い額の全額分のポイントが当たります。付与上限は1万ポイント。また本キャンペーンへのエントリー後に、オンラインにて楽天モバイルを申し込み、プランの利用開始および、通話アプリ「Rakuten Link」を利用すると、2022年1月、2月の楽天ペイの支払い額の20%が還元されるキャンペーンも同時に行われています。こちらの付与上限は1,000ポイントです。

どちらのキャンペーンも2022年9月頃まで開催予定で、前者の「抽選で全額分還元」は毎月開催され、後者の「20%還元」は1人当たり1回適用されます。なお、本キャンペーンへのエントリーには、楽天からのメルマガ購読が必須条件となっているのでご注意ください。

【開催期間】開催中〜2022年9月頃までの予定
【キャンペーン公式サイト】https://pay.rakuten.co.jp/campaign/pay_pointback/?scid=wi_rpay_655cl_000

▼NEW! ツルハグループで花王商品を買うと、最大200ポイントもらえる

ツルハグループの対象店舗にて、1回の買い物で花王の対象商品500円以上を、「楽天ポイントカードを提示して支払い」もしくは「楽天ペイアプリのコード決済で支払い」で、楽天ポイント1,000万ポイントが対象者の頭割りで進呈されます。1人あたりの進呈上限は200ポイントです。要エントリー。

【開催期間】開催中〜2022年1月31日(月)
【キャンペーン公式サイト】https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2022/0102_tsuruha/?scid=kao0102_paycam_000

▼友人招待で、自分も相手も200ポイントゲット

楽天ペイを利用している人が、ほかの人を招待し、招待された人が楽天ペイに初めてログインし、クレジットカード登録をすると、招待した人と招待された人それぞれに200ポイントずつプレゼントされます。10人まで招待できるので、最大で2,000ポイント獲得のチャンスがあります。

【開催期間】常設キャンペーン
※予告なく変更・中止の可能性あり。
【キャンペーン公式サイト】https://pay.rakuten.co.jp/campaign/invitation/invite_web.html?scid=wi_rpay_47b

3. au PAY

2019年4月よりKDDIが提供しているQRコード決済サービスです。以前はauユーザーのみが使えましたが、2019年8月から、auIDを取得し、アプリからクレジットカードなどでチャージすることで誰でも利用することが可能になりました。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

au PAYのポイント還元率

au PAYで支払うと、200円ごとにPontaポイントが1ポイント獲得できます(還元率0.5%)。

au PAYでの支払い方

au PAYの利用にはau IDが必要です(auユーザーでなくても作成可能)。また、利用前にau PAYにチャージする必要があります。チャージの方法は、「現金」「auかんたん決済」「ポイント」「クレジットカード」「auじぶん銀行」「au WALLET スマートローン」など。現金でのチャージはコンビニやauショップで行えます。

au PAYはどこで使える?

多くの業種が加盟しています。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・ファミリーマート
・ローソン
・ローソンストア100
・ナチュラルローソン
・セイコーマート
・ミニストップ
・ポプラ
・デイリーヤマザキ

カフェ
・サンマルクカフェ
・コメダ珈琲店
・プロント

居酒屋
・魚民
・山内農場
・つぼ八
・三代目鳥メロ
・和民
・世界の山ちゃん

家電量販店
・ビックカメラ
・コジマ
・ヤマダ電機
・エディオン
・ケーズデンキ

ドラッグストア
・ツルハドラッグ
・ウエルシア
・サンドラッグ
・マツモトキヨシ
・ココカラファイン

ファッション
・ライトオン
・ユニクロ
・GU
・ユナイテッドアローズ

そのほか
・自遊空間
・快活クラブ
・てもみん
・グローバル治療院
・EARTH
・ヤマト運輸

※詳細は公式サイトをご確認ください。

au PAYが現在開催しているキャンペーン

※au PAYでは現在、地域限定、業種限定等を除きキャンペーンを行っていません。詳細は公式サイト等でご確認ください。

4. d払い

2018年4月に「NTTドコモ」がリリースしたスマホ決済アプリで、これを使うことで、以前はネットショップなどオンラインでの利用に制限されていた電話料金合算払い(ドコモのケータイ払い)がリアル店舗でも使用可能になりました。ドコモユーザーであれば、クレジットカードを持っていない、作れないといった場合でもキャッシュレス決済の利用が可能です。なおドコモユーザー以外はクレジットカードを登録することで利用ができます。いずれも利用時にはdポイントのほか、登録しているクレジットカードも利用可能です。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

d払いのポイント還元率

d払いで支払うとdポイントが貯まります。街の店舗で使う場合は200円ごとにdポイントが1ポイント獲得できます(還元率0.5%)。ネットショップでの利用の場合は100円ごとにdポイントが1ポイント貯まります(還元率1%)。これに加えて、決済に使用するクレジットカードのポイントも貯まる、いわゆる「ポイント2重取り」が可能です。たとえば、1%のポイントが付くdカードを決済に使用すると、実質還元率は1.5〜2%になります。

d払いでの支払い方

d払いの利用にはdアカウントが必要です(dアカウントはドコモユーザーでなくても作成可能)。支払い方法は複数あります。まずドコモユーザーが使える電話料金合算払い、そしてクレジットカード払いです。こちらはクレジットカードを登録することで使うことができます。

d払いはどこで使える?

多くの業種が加盟しています。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・ファミリーマート
・ローソン
・ローソンストア100
・生活彩家
・ミニストップ
・ポプラ
・スリーエイト
・デイリーヤマザキ

カフェ
・上島珈琲店
・ロイヤルガーデンカフェ(一部の店舗を除く)
・THE 3RD CAFE
・コメダ珈琲店

居酒屋
・和民
・ミライザカ
・笑笑
・千年の宴

家電量販店
・ビックカメラ
・ケーズデンキ
・コジマ
・ソニーストア
・ヤマダ電機

ドラッグストア
・ツルハドラッグ
・くすりの福太郎
・ウエルシア
・マツモトキヨシ
・どらっぐぱぱす
・トモズ

ファッション
・ユナイテッドアローズ
・アーバンリサーチ
・アースミュージック&エコロジー
・コルモピア
・洋服の青山
・ユニクロ

デパート
・高島屋
・近鉄百貨店
・京急百貨店

タクシー
・Japan Taxi
・MKタクシー(一部の地域を除く)
・S.RIDE

※詳細は公式サイトをご確認ください。

d払いが現在開催しているキャンペーン

▼NEW! 「サンプル百貨店」を利用すると抽選で1,000ポイント当たる

期間中に、d払いの機能「d払い|サンプル百貨店」(通常より安い価格で商品を試せるサンプリングサイト)にて対象メーカーの対象商品を購入すると、抽選で500名に1,000ポイントが進呈されます。

【開催期間】開催中〜2022年1月31日(月)
【公式サイト】https://www.3ple.jp/feature/3ple/dcp202201/?utm_source=dcp2201&utm_medium=pay&utm_campaign=dcp202201

▼NEW! 「サンプル百貨店」で最大+10%還元

キャンペーン期間中に、「d払い|サンプル百貨店」にて買い物をすると、通常の1%還元(100円につき1ポイント)に加え、購入金額の10%分もしくは5%分のポイントが上乗せで還元されます。10%上乗せ還元となるのは1月の金、土曜日で、それ以外の日は5%上乗せ還元です。本キャンペーン分の進呈上限は3,000ポイントとなります。

【開催期間】開催中〜2022年1月31日(月)
【公式サイト】https://www.3ple.jp/feature/3ple/dpay202201/?utm_source=dpaycp2201&utm_medium=pay&utm_campaign=dpay202201

▼出前館で+1%還元

期間中に、出前館のd払い専用サイトで注文すると、購入金額の1%分のdポイント(期間・用途限定)がもらえます。通常時のdポイント1%と合わせ、合計で2%還元となります。

▼友人紹介で300ポイントがもらえる

エントリーすると発行される紹介URLを通じて、紹介された人が初めてd払いを使うと、紹介した人にもれなく300ポイントがもらえます。

5. LINE Pay

コミュニケーションアプリのLINEが提供するサービスです。2014年に、当初はモバイル送金、決済サービスとしてスタートしました。QRコード決済以外にも、オンラインショッピングの決済やLINE Payカード(プリペイドカード)を使った支払いも可能です。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

LINE Payのポイント還元率

2021年5月1日よりポイント還元ルールが変更になりました。公式クレジットカードの「Visa LINE Payクレジットカード」を支払い手段としてひも付ける「チャージ&ペイ」での支払いで、一律0.5%の還元率となっています。

LINE Payでの支払い方

「Visa LINE Payクレジットカード」を支払い手段としてひも付ける「チャージ&ペイ」と、事前に「LINE Pay残高」をチャージする方法(ポイント還元対象外)があります。事前のチャージには、銀行口座、セブン銀行ATMなどが利用できます。なお、2021年5月より、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードも、「チャージ&ペイ」に登録できるようになっています。

LINE PayのQRコード決済はどこで使える?

主な場所は下記のとおりです。なお、2021年4月下旬以降、PayPayの一部加盟店でも支払いが可能になっています。

コンビニ
・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・セイコーマート

飲食チェーン
・松屋
・くら寿司
・ファーストキッチンウェンディーズ
・フレッシュネスバーガー

居酒屋
・魚民
・ミライザカ

家電量販店
・ビックカメラ
・ケーズデンキ
・ソフマップ
・コジマ
・エディオン

ドラッグストア
・ツルハドラッグ
・ココカラファイン
・サンドラッグ
・ウエルシア
・スギ薬局

スーパーマーケット
・サミット
・成城石井
・東急ストア
・ライフ
・ベイシア

※詳細は公式サイトをご確認ください。

LINE Payが現在開催しているキャンペーン

▼NEW! Google Playのギフトコード購入で使える10%OFFクーポンプレゼント

AndroidのLINEアプリを利用しているユーザー限定のキャンペーン。クーポンをダウンロードし、Google Playのギフトコード購入にてLINE Pay残高で支払うと、10%割引が適用されます。最大割引額は5,000円です。

6. メルペイ

フリマアプリのメルカリが始めたQRコード決済です。QRコードを表示させる「コード支払い」に加えて、FeliCaを用いた「iD」にも対応しているのが特徴です。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

メルペイのポイント還元率

メルペイにはポイント還元はありません。また、現時点でクレジットカードからのチャージにも対応していないため、クレジットカードのポイントも付きません。

メルペイでの支払い方

メルカリでの売上金が自動的にメルペイ残高にチャージされ、メルペイでの支払いに使うことができます。銀行口座からチャージして支払いに使うこともできます。

メルペイはどこで使える?

前述のとおり、iDに対応した店舗で使えるのが最大のメリットです(ただし、使うスマホがFeliCaに対応している必要があります)。そのほか、メルペイのコード払いに対応している店舗でも使用できます。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ

飲食チェーン
・すき家
・吉野家
・ほっかほっか亭

家電量販店
・ビックカメラ
・コジマ
・エディオン
・ソフマップ

ドラッグストア
・スギ薬局
・ダイコクドラッグ
・Vドラッグ
・ドラッグストアモリ

ファッション
・洋服の青山
・THE SUIT COMPANY

タクシー
・Japan Taxi

書店
・ブックオフ

※詳細は公式サイトをご確認ください。

メルペイが現在開催しているキャンペーン

▼友人招待で500円分のポイントが必ずもらえる

既存ユーザーの招待で新規会員登録すると、招待したユーザー、招待されたユーザー双方に500円分のポイントが必ずもらえます。何人紹介してもポイントがもらえ、受け取りポイントの上限もありません。

【開催期間】開催中〜
【キャンペーン公式サイト】https://jp-news.mercari.com/2020/09/17/friend-referral-cpn/

7. ファミペイ

ファミペイは、2019年7月よりコンビニ大手のファミリーマートが提供を始めたサービスです。ポイントやクーポンなどの会員証機能と決済機能をあわせ持っています。ちなみに、ファミペイの決済機能の名称は、アルファベットの「FamiPay」となっています(本記事ではファミペイで統一します)。サービス提供当初はファミリマートでの支払いのみに対応していましたが、2020年10月よりファミリーマート以外の店舗での決済にも対応しています。。

画像の一部を加工しています

画像の一部を加工しています

ファミペイのポイント還元率

200円の利用につき、1円相当のFamiPayボーナスが付与されます(還元率0.5%)。なおFamiポートや公共料金などの支払いの場合は1件につき、10円分が還元されます。

ファミペイでの支払い方

まずはアプリのダウンロードが必要です。また支払う前にチャージが必要となります。チャージ方法は「店頭での現金支払い」、「銀行口座からのチャージ」、「ファミマTカードでのチャージ」に対応しています。

ファミペイはどこで使える?

多くの業種が加盟しています。主なものは下記のとおりです。

コンビニ
・ファミリーマート
・ローソン
・ププラ

カフェ
・ロイヤルガーデンカフェ
・カフェシェーキーズ(一部利用できない店舗あり)
・コメダ珈琲店(一部利用できない店舗あり)

居酒屋
・串カツ 田中
・白木屋
・魚民
・千年の宴
・はなの舞(一部利用できない店舗あり)

家電量販店
・ヤマダ電機
・ケーズデンキ
・エディオン

ドラッグストア
・スギ薬局
・杏林堂
・ツルハドラッグ
・サンドラッグ

飲食店
・日高屋
※以下に記載の飲食店では一部利用できない店舗あり。
・ロイヤルホスト
・シズラー
・シェーキーズ
・カウボーイ家族
・いきなりステーキ
・天丼てんや
・CoCo壱番屋
・ケンタッキーフライドチキン

そのほか
・ジャンカラ
・トイザラス
・島忠ホームズ
・イエローハット

※詳細は公式サイトをご確認ください。

ファミペイが現在開催しているキャンペーン

▼NEW! ポイントカードとの新規連携で毎日ポイント2倍

期間中にファミペイにdポイントカード、楽天ポイントカード、Tカードのいずれかを連携し、ファミリーマートで200円以上の買い物をすると、はじめてポイントカード連携をした月は通常の2倍のポイントが進呈されます。さらに、抽選で各ポイントそれぞれ100名に1,000ポイントがプレゼントされます。

【開催期間】開催中〜2022年2月28日(月)
【キャンペーン公式サイト】https://www.family.co.jp/campaign/spot/2109_double-point_cp.html

▼水曜日・土曜日はポイント2倍

期間中の水曜日、土曜日に、「dポイントカード」「楽天ポイントカード」「Tカード」のいずれかをファミペイアプリに連携させ、ファミリーマートで200円以上の買い物をする際にファミペイを提示すると、連携したポイントが通常時の2倍貯まります。支払いは現金でもOKです。キャンペーンに参加するには、各ポイントカードのキャンペーンサイトからのエントリーが必要です。また、エントリーは月ごとに行う必要があります。

【開催期間】開催中〜2022年2月28日(月)
【キャンペーン公式サイト】https://www.family.co.jp/campaign/spot/2108_doublepoint_cp.html

▼5と0の付く日は「App Store & iTunes」「Google Play」のギフトカード購入でポイント2倍

毎月5と0の付く日に、POSAカードの「App Store & iTunesギフトカード」のいずれか、または「Google Playギフトカード」のいずれかをファミリーマートでファミペイを使って購入すると、FamiPayボーナスが通常の2倍(200円につき2円)もらえます。

【開催期間】開催中〜
【キャンペーン公式サイト】https://www.family.co.jp/campaign/spot/2006_posa-famipay_cp.html

▼チャージするなら毎月10日、25日がおトク

毎月10日と25日に3,000円以上チャージすると、ファミリーマートで使える無料クーポンがもらえます。過去には「ファミチキ」「コーヒー」「フラッペ」などが対象となっており、今後配布されるクーポンは、10日、25日の数日前に発表されます。

【開催期間】開催中〜
【キャンペーン公式サイト】https://famipay.famidigi.jp/cp/charge-daycp/

※本記事は、執筆者個人の見解です。ご利用の際は最新の公式情報もご確認ください。次回の更新日は2022年2月上旬の予定です。

西村有樹

西村有樹

オフィスクイック代表・フリーランスライター・編集者。主な分野は企業、金融、保険、マネー系全般。ユーザー視点からの、わかりやすい記事を多数執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のタグ
ページトップへ戻る