外国語の電話応対も気後れする必要がなくなる!

ついに「ほんやくコンニャク」が現実に!? Skypeのリアルタイム翻訳が日本語に対応したので体験してきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトの提供するインターネットサービス「Skype」が、本日2017年4月7日より日本語のリアルタイム会話翻訳を開始した。リアルタイム翻訳とは、まさに言葉通り、「Skype」上でかわされる音声会話をリアルタイムで別の言語に翻訳する機能のことで、異なる言語を話すユーザー同士でもスムーズな会話ができるようになる。これまでは英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語、ロシア語の9か国に対応していたが、ここに日本語が新しく加わった。

しかし、ユーザーとしてやはり気になるのは「リアルタイム機能を使って本当に異なる言語間の会話が成り立つのか?」「精度はどれくらいなのか?」ということ。これを確かめるべく、マイクロソフトが開催した体験会に行ってきた。

ついに「Skype」のリアルタイム翻訳が日本語に対応した!

ついに「Skype」のリアルタイム翻訳が日本語に対応した!

リアルタイム翻訳の話をする前に、なぜ今回、日本語が追加されることになったのか、その経緯に触れておこう。「Skype」はベースとなる翻訳エンジンに「Microsoft Translator」を使用している。同エンジンは、言語データから学習し構築した統計モデルを使う「SMT(Stastical Machine Translation)」という機械翻訳技術を使用していたが、これがニューラルネットワークによる機械翻訳に切り替えられたことで、対応言語に日本語が追加されたのだ。AIベースの機械翻訳に変更したことで、「Microsoft Translator」を使用するすべてのサービスや、アプリで日本語が追加されることになるが、その中のひとつが今回体験した「Skype」なのだ。

「Skype」の使用している翻訳エンジン「Microsoft Translator」がAIベースに変更され翻訳精度が向上。それにともない日本語への対応がスタートした

「Skype」のリアルタイム翻訳は、異なる言語間の音声コミュニケーションを大きくサポートしてくれる便利な機能だ。たとえば、日本語を話すユーザーと英語を話すユーザーが「Skype」で音声通話を行う場合、日本語ユーザーが日本語で話しかけると自動で翻訳され、相手には機械音声によって日本語から翻訳された英語が聞こえてくる。もちろん、相手には翻訳のもとになる日本語も聞こえるので、機械を相手にして話しているという感覚はない。まさに、あの「ほんやくコンニャク」のような技術が登場したというわけだ。

体験会で用意されたのは、英語、ドイツ語、フランス語の3つ。そのうち、英語のリアルタイム翻訳を試してみた。こちらが日本語で「もしもし」と話しかけると、その後に英語で「ハロー」という声が聞こえてくる。これを聞いた相手が英語で話すと、こちらにも相手の音声(英語)の後に翻訳された日本語が聞こえてくるといった具合だ。

体験会は、こちらが日本語で話し、相手が英語で話すという形式で行われた

体験会は、こちらが日本語で話し、相手が英語で話すという形式で行われた

ていねいな言葉で話しかけた場合には、誤訳が発生することはほとんどなく、一般的な会話をする分にはまったく問題がないと感じた。自分が話した後に翻訳されるまで1〜2秒ほどのタイムラグがあったが、会話のリズムを著しく損なうような長さではなく許容範囲。そこで今度は、筆者の大阪出身という出自を生かして、バリバリの関西弁で、しかも友達と話すようなカジュアルな会話を試してみた。

正直なところ「さすがに厳しいのでは?」と思っていたのだが、「相手をディズニーランドに誘う→花見に行く用事があると断られる→一緒に連れてってと相手に頼む→承諾してくれる」という一連の会話をノーミスで翻訳。相手の返事(英語)も正確な日本語に翻訳され、異なる言語での会話がリアルタイム翻訳により簡単に成り立った。きつめの関西弁で話し、リアルタイム翻訳のミスを見つけてやろうという浅ましい考えで望んだのだが、カウンターパンチを食らった気分だ。担当者に聞いたところ、方言でも正確に翻訳することは可能なものの、方言の種類によっては精度が落ちることもあるとのこと。

マイクロソフトは、家族や友人との会話や海外旅行先での予約やトラブル対応、海外の学生との交流を図る教育現場などを、リアルタイム翻訳機能の活用シーンとして想定している。確かに、体験会での精度が本サービスでも保たれていれば、海外に住む友人との会話や海外旅行先でも問題なく使えそうだ。

なお、このリアルタイム翻訳は、「Skype」のユーザー同士だけでなく、「Skype」から海外の固定電話や携帯電話にかけたときにも使用可能。注意してほしい点としては、「Skype」のリアルタイム翻訳が使えるのはデスクトップ版の「Skype for Windows」および「Skype Preview for Windows 10」であり、iOSやAndroid向けに提供されているアプリ版の「Skype」では使用できないということだ。モバイル端末向けのアプリは、デスクトップ版に比べてノイズが多く、対応するには多くの課題があるとのこと。

「Skype」のリアルタイム翻訳は本日の朝から配布が始まっており、アップデートすると使えるようになる。興味のある人は一度試してみてはいかがだろうか。

「Skype for Windows」の設定方法。会話する相手を選び、地球のアイコンをクリックしてリアルタイム翻訳をオンにする。後は翻訳リストから自分と相手の言語を選んだら、通話をスタートするだけでリアルタイム翻訳が利用できる

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
あれこれ通信最新記事
あれこれ通信記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る