8型モデルはプライスダウン! 7型モデルは価格据え置きで薄型軽量に

プライム会員なら4,980円から買える! Amazonが新タブレット「Fire 7」「Fire HD 8」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月17日、AmazonはAndroidベースの独自OS「 Fire OS 5」を搭載した同社オリジナルのタブレット端末「Fireタブレット」の新モデルとして、「Amazon Fire 7」と「Amazon Fire HD 8」の2モデルを発表した。

7型タブレットのFire 7(写真左)と8型タブレットのFire HD 8(写真右)

7型タブレットのFire 7(写真左)と8型タブレットのFire HD 8(写真右)

ラインアップは、Amazon Fire 7が8GB/16GBの2モデル、Amazon Fire HD 8が16GB/32GBの2モデル。価格は、Amazon Fire 7の8GBモデルが8,980円、16GBモデルが10,980円、Amazon Fire HD 8の16GBモデルが11,980円、32GBが13,980円(いずれも税込)となる。

なお、Amazonプライム会員ユーザーは、クーポンの利用で各製品4,000円引きとなり、Fire 7は4,980 円から、Fire HD 8は7,980円から購入可能。出荷開始は6月7日を予定している。

価格を据え置きで薄く軽くなったFire 7。液晶の見やすさも改善

Fire 7は、1,024×600ドット(171ppi)の7型IPSディスプレイを搭載した低価格タブレット。「Amazon Fire」(2015年9月発売)の後継モデルにあたり、今回から製品名が“Fire 7”となった。

1,024×600ドットの7型IPSディスプレイを搭載するFire 7。価格は8,980円〜

1,024×600ドットの7型IPSディスプレイを搭載するFire 7。価格は8,980円〜

前世代の価格を据え置きつつ、こまかなブラッシュアップを図っており、本体サイズは1mmの薄型化を、本体重量は18gの軽量化を達成。液晶ディスプレイについても、解像度こそ前世代モデルと同じものの、ピクセルの形状を正方形に改善することで、見やすさを向上させている。

また、Wi-Fi機能もデュアルバンドWi-Fiとなり、2.4GHzと5GHzの両バンドを新たにサポート。内蔵ストレージ拡張用のmicroSDメモリーカードスロットも、対応SDメモリーカード容量が最大256GBまでに拡大されている。

このほか、バッテリー持続時間も、前世代モデルの最大7時間から最大8時間へと向上。ホールセンサーも備え、カバーを閉じると自動でスリープモードへ移行し、カバーを開けると自動で画面が起動するスマートカバー機能にも新たに対応した。専用純正カバーも発売予定で、価格は2,690円(税込)となっている。

このほかの主な仕様は、CPUが1.3GHzクアッドコア、メモリーが1GB。本体サイズは約192(幅)×115(奥行)×9.6(高さ)mmで、重量は約295g。

1,000円プライスダウンでさらにコスパが高まったFire HD 8

Fire HD 8は、1,280×800ドット(189ppi)の8型ディスプレイを搭載したタブレット。先代のFire HD 8もコストパフォーマンスは高かったが、今世代ではさらに1,000円のプライスダウンを実施し、コストパフォーマンスをさらに高めている。

なお、コストパフォーマンスを高めるために一部部材を見直した関係で、本体の厚みと重量が若干増加したほか、端子位置が若干変更になっている。そのほかのスペックは前世代と同等で、Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーマイクなどは引き続き搭載される。

8型HDディスプレイを搭載するFire HD 8。価格は11,980円〜

8型HDディスプレイを搭載するFire HD 8。価格は11,980円〜

このほか、Fire 7同様、対応SDメモリーカード容量が最大256GBまで拡大。専用純正カバーも3,480円で販売される。

Fire HD 8専用純正カバーは5色のカラーバリエーションを用意

Fire HD 8専用純正カバーは5色のカラーバリエーションを用意

カバーは折りたたみのスタンド機能も備えている

カバーは折りたたみのスタンド機能も備えている

主な仕様は、CPUが1.3GHzクアッドコア、メモリーが1GB。本体サイズは約214(幅)×128(奥行)×9.7(高さ)mmで、重量は約369gだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.22 更新
ページトップへ戻る