ニュース
日本での発売日と価格が明らかに!

3つのSurfaceが登場! 2in1のPro、ノートパソコンのLaptop、デスクトップのStudio

日本マイクロソフトは2017年5月26日、「Surface」シリーズの新モデルとして、2in1デバイスの「Surface Pro」、クラムシェル型のノートパソコン「Surface Laptop」、一体型デスクトップパソコン「Surface Studio」の3モデルを発売すると発表した。いずれも海外で発表済みのモデルで、今回国内での発売日や価格などの詳細が明らかになった。各モデルの詳細をチェックしたい。

3つの新型Surfaceを説明する米マイクロソフトのSurface担当コーポレートバイスプレジデントのPanos Panay氏

3つの新型Surfaceを説明する米マイクロソフトのSurface担当コーポレートバイスプレジデントのPanos Panay氏

完成度がアップした「Surface Pro」

Surface Proは、2in1デバイス「Surface Pro 4」の後継モデル。キックスタンドによる自立機構、別売の着脱式のキーボード、アスペクト比3:2の12.3型液晶ディスプレイ(2736×1824)など、基本的な部分はSurface Pro 4と同じだ。アルミ削り出しのボディなど、デザイン面もほとんど変わっていない。大きく変わったのは中身とペン。CPUには第7世代のCoreプロセッサーを採用し、基本性能を強化したほか、排熱機構を見直すことで、Core m3モデルとCore i5モデルはファンレス設計を実現した。Panay氏によると、アップルの「iPad Pro」よりも1.7倍速いという。専用の「Surfaceペン」は別売となったが、筆圧が4096段階となり、21msという低レイテンシーで、ペンの追従性がアップした。

重量はCore m3モデルが約766g、Core i5/i7モデルが約786gで、Surface Pro史上もっとも軽いという。バッテリー駆動時間も13.5時間と、Surface Pro 4(公称ビデオ再生で約9時間)から大幅に伸びている。キックスタンドは、最大165度まで広がり、ペン入力がしやすい「スタジオモード」に対応。別売の「Surface Dial」を使って、新しいペン入力体験も可能となっている。発売は6月15日の予定で、市場想定価格はCore m3モデル(メモリー4GB/SSD128GB)が105,800円(税別)、Core i5モデル(メモリー4GB/SSD128GB)が126,800円(税別)、一番高価なCore i7モデル(メモリー16GB/SSD1TB)が315,800円(税別)。なお、今年の秋にはLTE対応モデルを追加する計画だ。

別売のキーボードとして、プラチナ、コバルトブルー、バーガンディの3色展開の「Surface Pro Signatureタイプカバー」(税別19,400円)と、指紋センサー付きの「Surface Proタイプカバー」(税別16,400円)を用意。Surfaceペンの市場想定価格は11,800円(税別)。

Surface Pro

Surface Pro

キックスタンドは最大165度まで広がり、ペン入力がしやすい「スタジオモード」に対応

キックスタンドは最大165度まで広がり、ペン入力がしやすい「スタジオモード」に対応。外部インターフェイスにはUSB3.0、microSDメモリーカードスロット、MiniDisplayPort、ヘッドホン出力を搭載する。USB Type-Cの搭載は見送られた

ソフトな質感の「Surface Pro Signatureタイプカバー」

ソフトな質感の「Surface Pro Signatureタイプカバー」

ペンの追従性がアップし、さらに滑らかに文字が書けるようになった

ペンの追従性がアップし、さらに滑らかに文字が書けるようになった

MacBook Air対抗! Windows 10 S搭載の「Surface Laptop」

Surface Laptopは、Surfaceシリーズ初のクラムシェル型のノートパソコン。7月20日発売予定で、6月15日から予約を受け付ける。モバイルノートとしてはやや大きな13.5型液晶ディスプレイを備え、本体重量は約1252g、本体サイズは308.02(幅)×223.20(奥行)×14.47(高さ)mm。ディスプレイはタッチ操作やSurfaceペン(筆圧1024段階)を使ったペン入力に対応。解像度は2256×1504で、アスペクト比はSurface Proと同じ3:2だ。

キーボードは19mmピッチと1.5mmストロークのフルサイズ。外部インターフェイスにはUSB3.0、Mini DisplayPort、ヘッドホン出力などを搭載。カードリーダーは搭載しない。Windows Helloにも対応する。

Surface Laptopの大きな特徴がOSに「Windows 10 S」を採用すること。ほかのエディションと異なり、「Windowsストア」からしかアプリを入手できないなど、一部機能に制限がある。ただ、購入後にWindows 10 Proへ有償でアップグレードすることが可能だ。

ラインアップは2モデルで、どちらもCPUにはCore i5-7200Uを搭載する。価格は「Core i5/4GB/128GB」モデル(CPU/メモリー/SSD)が126,800円(税別)、「Core i5/8GB/256GB」モデル(同)が146,800円(税別)。

Surface Laptop

Surface Laptop

天板はSurface Proの背面に近いデザイン

天板はSurface Proの背面に近いデザイン

外部インターフェイスは必要最小限といったところ

外部インターフェイスは必要最小限といったところ

ハイクオリティな28型液晶搭載の「Surface Studio」

Surface Studioは、28型液晶ディスプレイを搭載する一体型デスクトップ。ディスプレイ部分の厚さが12.5mmと非常に薄いのが特徴で、「ゼログラビティヒンジ」により、簡単にディスプレイ部分の角度を調整できる。主なターゲットはデザイナーやイラストレーターといったクリエイター。DTPやCAD、映像編集といった用途にも向いている。発売は6月15日の予定で、市場想定価格は384,800円(税別)から。

Surface Studioは、Surfaceシリーズ初の一体型デスクトップ。付属のSurfaceペンは側面に磁石で固定できる

Surface Studioは、Surfaceシリーズ初の一体型デスクトップ。付属のSurfaceペンは側面に磁石で固定できる

ベース部分から伸びるのがゼログラビティヒンジ。軽い力でディスプレイ部分の角度を調整できる

ベース部分から伸びるのがゼログラビティヒンジ。軽い力でディスプレイ部分の角度を調整できる。外部インターフェイスはベース部分に備わっており、USB3.0×4、SDメモリーカードスロット、MiniDiplayPort、ヘッドホン出力、有線LANなどを備える

ディスプレイのアスペクト比は3:2で、解像度は4500×3000。広範囲の色域を表現できるDCI-P3をサポートするなど、表示品質の非常に高いディスプレイとなっている。Surfaceペンを使った手書き入力もサポート。別売のSurface Dialを使えば、色やブラシの変更、ズームや回転などをスムーズに行うことができる。Surface DialとSurface StudioはBluetooth接続なので、ディスプレイの上でも、机の上でも利用可能。ディスプレイ上で使う場合には、Surface Dialの周辺にメニューが表示される仕組みだ。

ラインアップは「Core i5 1TB 8GB」「Core i7 1TB 16GB」「Core i7 2TB 32GB」の3モデル。「Core i5 1TB 8GB」は、第6世代のCore i5、8GBのメモリー、GeForce GTX965M 2GB GDDR5、64GB SSD+1TB HDDを搭載する。価格は384,800円(税別)。「Core i7 1TB 16GB」は第6世代のCore i7、16GBのメモリー、GeForce GTX965M 2GB GDDR5、128GB SSD+1TB HDDを搭載。価格は444,800円(税別)。「Core i7 2TB 32GB」は第6世代のCore i7、32GBのメモリー、GeForce GTX980M 4GB GDDR5、128GB SSD+2TB HDDを搭載する。価格は519,800円(税別)。

Surface Dialをディスプレイ上に置いて使うと、専用のメニューが表示Surface Dialの周囲に表示される。ペンの太さや色を変える際に、いちいちパレットを開いて、色を選んで、太さを選んで……という複数の操作を、ダイヤルを回すけの直感的な操作で行える

底面がゴムのように柔らかく、ディスプレイにしっかりと固定される。Surface Dialの市場想定価格は10,800円(税別)

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
パソコン本体のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る