イベントレポート
VR、ドローン、スマートデバイス向けの新技術を紹介

幽体離脱感覚をもたらす“テレイグジスタンス”など、「CEATEC 2017」の注目技術

日本を代表するハイテク見本市である「CEATEC JAPAN 2017」が2017年10月3日(火)〜6日(金)の期間で開催中だ。ここでは、数多い展示の中から先進的でユニークな技術や、実用化が近そうな便利な技術を紹介しよう。

“テレイグジスタンス”を実現するKDDIのアバターロボット「TELESAR V」

“テレイグジスタンス”とは、遠く離れていながらあたかもそこにいるかのような感覚が得られることを目指した、VRを発展させた技術だ。被験者はVRヘッドセットのほか、体の動きを伝えるジャケット、特殊なグローブを装着して、体の動きの情報を読み取らせる。その情報は、離れた場所にあるアバターロボットに伝えられる。ここまでは既存のVRと同じだが、テレイグジスタンスではさらに、ロボットが感知した視覚、聴覚、感触の各情報がVRヘッドセットやスピーカー、グローブを通じて被験者に伝えられる点が大きく異なる。この、被験者とアバターロボットの動きと感覚の交換によって、アバターロボットに自分の感覚や意識があるように感じられる“テレイグジスタンス”が実現されるのだ。

実際に“テレイグジスタンス”を試し、VRヘッドセットを通じて自分の姿を見た瞬間には、自分の意識が体から分離した幽体離脱のような不思議な感覚におそわれた。アバターロボットの感触がフィードバックされるのはさらに不思議なもので、自分の意識がロボットにとり付いたような、言葉にするのが難しい感覚である。この技術が成熟すれば、遠隔手術などにも活用できるし、SFコミックのように、自分の分身であるサイボーグを通じて世界を駆け巡ることも夢でなくなるのかもしれない。

被験者の動きを再現しつつ、視覚や聴覚、指先の触覚などを伝えるアバターロボット「TELESAR V」

被験者の動きを再現しつつ、視覚や聴覚、指先の触覚などを伝えるアバターロボット「TELESAR V」

5Gネットワークを活用して高精細な画像を扱える「KDDI スマートドローン」

ドローンにモバイル通信機能を組み合わせて、Wi-Fiの電波が届かないような場所でも操縦できるようにしたのがこの「スマートドローン」だ。技術的にはNTTドコモが研究している「セルラードローン」と共通と言っていいだろう。このKDDIのスマートドローンは、5Gネットワークを利用している点が特徴で、より高精細な映像をカメラで撮影して送信できるほか、遅延の少なさを生かしてドローンをより正確に操縦できるようになる。なお、5Gの主流となる高周波数帯の電波は、基地局から発信された電波が遠くに届きにくいためドローンの制御としては不利な面もあるので、低周波数帯を使った通話エリアの広いLTEネットワークと適切に組み合わせることが重要になるという。

KDDIのスマートドローンは5Gネットワークを活用することで、より高精細な映像を送信できる

KDDIのスマートドローンは5Gネットワークを活用することで、より高精細な映像を送信できる

人と機械の両方が理解できる位置情報コード
デンソー「Map QR」

デンソーのブースでは、URL情報のやり取りに広く使われているQRコードの応用として、人間と機械の両方が読める位置情報コード「Map QR」を展示していた。Map QRは、人間が理解できる地図などの映像情報をQRコードで囲んだもので、QRコードと同じようにスマートフォンなどのカメラを通じて情報を読み取る。ただ、読み取りアプリはMap QR専用の「NaviConおでかけサポート」を使う必要があり、既存のQRコード読み取りアプリは対応していない。雑誌、パンフレット、名刺などへの応用が期待できる。

Map QRは、人間用の画像のまわりをQRコードが取り囲んだもの

Map QRは、人間用の画像のまわりをQRコードが取り囲んだもの

読み取りは専用アプリ「NaviConおでかけサポート」を使う。iPhone用とAndroid用がそれぞれ配布されている

読み取りは専用アプリ「NaviConおでかけサポート」を使う。iPhone用とAndroid用がそれぞれ配布されている

超音波を使い屋内で精度直径1mの位置情報を実現!
デンソー「屋内位置情報技術」

スマートデバイスでは、GPSなどの人工衛星、Wi-FiやLTE基地局からの情報などを使って自分の位置を計測している。しかし、人工衛星や電波の届きにくい建物の中では測位の精度は大きく落ちるのが欠点。そんな欠点を解決する技術として、デンソーは天井に設置した超音波発信機を使って、屋内で直径約1mの精度で測位ができる屋内位置情報技術を展示していた。

この技術は、超音波を使いスマートフォンの音声通話用のマイクを経由して情報を受信する。そのため新たなセンサーを用意しなくてもよい点が大きな特徴だ。また、発信機を少し外れると情報を受信できなくなる超音波の強い指向性を生かし、危険な場所の警告をピンポイントで行える。また、商業施設内での道案内、美術館や博物館などのガイドとして使っても、今までよりも精度の高い緻密なサービスが実現できるだろう。

天井におよそ1m 間隔で超音波発信機を設置し、その下を通るとスマートフォンが位置情報を受信する。指向性の強い超音波は、隣の発信機の情報と混線しないため、屋内でも精度の高い位置情報を取得できる

超音波発信機には、ETCやVICSなど自動車で実用化されているビーコンの技術が使われている

超音波発信機には、ETCやVICSなど自動車で実用化されているビーコンの技術が使われている

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る