新製品レポート
新作は「沈黙の艦隊&ジパング」「シティーハンター」「ミナミの帝王」

長編マンガが1冊に! 電子書籍リーダー「全巻一冊」シリーズに名作が続々登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドファンディングを経て、ついに一般向け販売がスタートした電子書籍リーダー「全巻一冊」シリーズ

クラウドファンディングを経て、ついに一般向け販売がスタートした電子書籍リーダー「全巻一冊」シリーズ

外に紙を、見開きに電子ペーパーを採用し、電子書籍リーダーながらも本物のマンガのような読書体験ができると話題をさらった「全巻一冊」シリーズに、ついに新作品が加わりました。発売第1弾となる今回は、クラウドファンディングで先行発売された「北斗の拳」に「沈黙の艦隊&ジパング」「シティーハンター」「ミナミの帝王」を加えた4作品が登場します。

【関連記事】
こういうのが欲しかった! マンガ全巻を1冊にした「全巻一冊 北斗の拳」

新しいマンガのカタチとして大注目の「全巻一冊」シリーズ

昨年2017年9月にクラウドファンディングに出品された「全巻一冊 北斗の拳」。見た目は完全にマンガなのですが、開くと見開きに電子ペーパーが搭載されていて、紙のマンガと同じような読書体験をもたらしてくれるのが特徴です。

これがマンガファンの間で注目を集め、クラウドファンディングでは約2,300万円にのぼる出資金を集めて商品化を達成しました。プロジェクト開始当初から「北斗の拳」以外の作品も出してほしいという声が相次いでおり、そんな声に応えるべくして今回発表されたのが、「沈黙の艦隊&ジパング」「シティーハンター」「ミナミの帝王」です。これに加えて、クラウドファンディングで先行発売された「北斗の拳」も一般販売されます。

大きさはA5サイズで、7.8インチの電子ペーパー2枚を搭載。紙のマンガの繊細な表現を可能な限り再現すべく、電子ペーパーは300dpiの高解像度で、数々の著名作家たちをうならせたほど。実際に見てみましたが、描写力は従来の電子書籍リーダーが到底及ばないレベルだと感じました。

クラウドファンディング版とは違うのは、電子書籍リーダーの本体と、作品を別々にしたカセット方式という点。作品はコンテンツカセット(SDカード)に保存されており、それを本体に差し込んで使用します。

「沈黙の艦隊&ジパング」「シティーハンター」「ミナミの帝王」「北斗の拳」、それぞれの表紙カバーは「全巻一冊」シリーズの特別デザイン

2作品をまとめた「沈黙の艦隊&ジパング」は、表が「沈黙の艦隊」、裏が「ジパング」のスペシャル仕様

2作品をまとめた「沈黙の艦隊&ジパング」は、表が「沈黙の艦隊」、裏が「ジパング」のスペシャル仕様

「沈黙の艦隊&ジパング」の表紙をめくると、全巻分のデータが格納されたコンテンツカセットが入っています

「沈黙の艦隊&ジパング」の表紙をめくると、全巻分のデータが格納されたコンテンツカセットが入っています

こちらは電子書籍リーダー本体

こちらは電子書籍リーダー本体

電子書籍リーダー本体の背表紙を開くとスロットがあるので、そこにコンテンツカセットを差し込みます

電子書籍リーダー本体の背表紙を開くとスロットがあるので、そこにコンテンツカセットを差し込みます

本体に表紙カバーを装着させれば、見た目は完全にマンガの電子書籍リーダー

本体に表紙カバーを装着させれば、見た目は完全にマンガの電子書籍リーダー

紙を使って実際のマンガのような手触りを再現しているのが面白いですね

紙を使って実際のマンガのような手触りを再現しているのが面白いですね

重量は530gと、A5版のマンガと同じ重量にして紙の読書感を再現

重量は530gと、A5版のマンガと同じ重量にして紙の読書感を再現

しかし、中は電子書籍です。電車の中で読んでいる人を見たら、思わず二度見してしまいそう

しかし、中は電子書籍です。電車の中で読んでいる人を見たら、思わず二度見してしまいそう

作家をもうならせたという高解像度の電子ペーパーは、マンガ特有の非常に繊細な描写までも再現します

作家をもうならせたという高解像度の電子ペーパーは、マンガ特有の非常に繊細な描写までも再現します

本体は乾電池式(単4電池)なので、充電によるバッテリー劣化の心配はありません

本体は乾電池式(単4電池)なので、充電によるバッテリー劣化の心配はありません

「全巻一冊」4作品は店舗限定販売。今後はさらなるビッグタイトルが控えている!

「全巻一冊」本体の価格は35,000円(税別。以下同)で、作品は「沈黙の艦隊(32巻)&ジパング(43巻)」が37,500円、「シティーハンター(32巻+読切2話)」が19,700円、「ミナミの帝王(100巻+利権航空編3巻)」が10,000円、「北斗の拳(18巻/日米版)」が15,300円です。

なお、「ミナミの帝王」に関しては、アマゾンでの値段が1冊あたり535円(電子書籍)なので、本体の価格を足しても、全巻を電子書籍でそろえるよりも安いということになります。

なお、店舗、数量限定販売になり、SHIBUYA TSUTAYA、銀座 蔦屋書店、TSUTAYA BOOKSTORE 五反田店、梅田 蔦屋書店、六本松 蔦屋書店で7月14日より予約受付開始。本体は1店舗につき200台、作品は1作品につき1000セット販売予定です。

今後は、誰もが知る超ビッグタイトルの発売も予定しており、「全巻一冊」シリーズの動向から目が離せません。気になる人は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る