新製品レポート
ダブルノッチIGZO液晶の採用でさらに小型化

小さなボディに高性能を凝縮! シャープ「AQUOS R2 compact」が登場

シャープは、2018年11月14日、Androidスマートフォンの新モデル「AQUOS R2 compact」を発表した。その名の通りコンパクトさが売りのモデルだが、Snapdragon 845の搭載や、ディスプレイの上下にノッチを備えたダブルノッチ仕様のIGZO液晶など、技術的な見どころも多い。その詳細をレポートしよう。

■AQUOS R2 compactのスペック
画面サイズ(解像度):約5.2インチ(1080×2280、120HzハイスピードIGZO液晶)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約64×131×9.3mm
重量:約135g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.6GHz×4+1.7GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 9.0
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
ワンセグ/フルセグチューナー:非搭載/非搭載
メインカメラ:約2260万画素
フロントカメラ:約800万画素
バッテリー容量:2500mAh
USBポート:USB Type-C(Quick Charge3.0、USB PD対応)

横幅わずか64mm! 前モデルよりもひと回り小さくなったボディ

スマートフォンのボディサイズの大型化は年々進んでいるが、片手で操作しやすいコンパクトモデルには根強い人気がある。そんな中発表された「AQUOS R2 compact」は、昨年登場した「AQUOS R compact」の後継となる小型スマートフォンだ。

ボディサイズは、約64(幅)×131(高さ)×9.3(厚さ)mmで、重量は約135g。ディスプレイは1080×2280のフルHD+表示に対応する約5.2インチのハイスピードIGZO液晶で、120Hz の倍速駆動に対応している。持ちやすさを左右する横幅は、前モデル「AQUOS R compact」よりも2mm狭くなった。ディスプレイは上部と下部の2か所にノッチ(切り欠き)が設けられ、縦方向は1mm縮まった。なお、2018年6月に発売されたハイエンドモデル「AQUOS R2」と同様に、「Dolby Vision」に対応するほか、デジタルシネマの標準規格「DCI-P3」やバーチャルHDR機能にも対応している。また、立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応する。

ガラスを使った背面はハイエンドモデル「AQUOS R2」と共通するデザインモチーフだ

ガラスを使った背面はハイエンドモデル「AQUOS R2」と共通するデザインモチーフだ

ヘッドホン端子はボディ上面に搭載されている

ヘッドホン端子はボディ上面に搭載されている

液晶テレビAQUOSのチューニングを取り入れた映像エンジン「リッチカラーテクノロジーモバイル」を採用

液晶テレビAQUOSのチューニングを取り入れた映像エンジン「リッチカラーテクノロジーモバイル」を採用

本機(写真上)と前モデル「AQUOS R comact」(写真下)の厚さと横幅を比べてみた。横幅で2mm、厚さで0.3mmそれぞれ小さくなった

上部のノッチにはフロントカメラが収まる。ノッチ自体もひと回り小さくなった

上部のノッチにはフロントカメラが収まる。ノッチ自体もひと回り小さくなった

下部のノッチには、指紋認証センサーが収まっている

下部のノッチには、指紋認証センサーが収まっている

指紋認証センサーはジェスチャー操作にも対応しており、Androidスマホの基本的な操作が行える

指紋認証センサーはジェスチャー操作にも対応しており、Androidスマホの基本的な操作が行える

カラーバリエーションは3色。写真左から、スモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラック

カラーバリエーションは3色。写真左から、スモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラック

搭載されるSoCは、「AQUOS R2」や「AQUOS zero」と同じハイエンド向けの「Snapdragon 845」で、RAMは4GB、ストレージは64GB、512GBまで対応のmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせている。なお、OSはAndroid 9で、発売から2年間2回のバージョンアップが保証されている。

Android 9をプリインストールする

Android 9をプリインストールする

Googleの「Pixel 3」で採用された、タスクボタンを廃した新しいユーザーインターフェイスを採用

Googleの「Pixel 3」で採用された、タスクボタンを廃した新しいユーザーインターフェイスを採用

背面に設けられたメインカメラは、約2260万画素のイメージセンサーに35mm換算で焦点距離22mmの広角レンズを組み合わせる。電子式手ぶれ補正に加えて、「AQUOS R compact」では搭載が見送られた光学式手ぶれ補正にも対応。フロントカメラは約800万画素で、こちらも焦点距離23mm相当の広角レンズを組み合わせている。いずれもAIを使ったシーン認識機能や美顔補正や背景ぼかし機能を備えている。

シングルカメラ仕様のメインカメラ。焦点距離22mm相当の広角レンズを組み合わせている

シングルカメラ仕様のメインカメラ。焦点距離22mm相当の広角レンズを組み合わせている

メインカメラに備わる光学式手ぶれ補正のデモ、左が光学手ぶれ補正なし、右がありのもの。画面に映る「ロボホン」のぶれが大幅に抑えられているのがわかる

「AQUOS zero」や「AQUOS sense2」の発売を直前に控えたシャープが矢継ぎ早に発表した「AQUOS R2 compact」は、SoCに「Snapdragon 845」を採用することで前モデル「AQUOS R compact」の欠点だった処理性能の不足を払拭しつつ、光学式手ぶれ補正機構を搭載するメインカメラや、Android 9の採用など、完成度を高めており、最近では少なくなったコンパクトスマホでは貴重な存在と言える。コンパクトスマホのファンも納得できる内容に仕上がっている。

なお、本機はソフトバンクでの取り扱いが発表されており、発売は1月中旬以降の予定。SIMフリー版の発売も前向きに検討しているとのことで、こちらの発売も期待したいところだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る