あれこれ通信
多くの人に、日常的にキャッシュレス決済を体験してほしいから

PayPay「100億円キャンペーン」再び! でも、1回の付与上限は1,000円相当に


PayPay(ペイペイ)は、同社が運営する電子決済サービス「PayPay」において、2018年12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」に続く「第2弾 100億円キャンペーン」を、2019年2月12日から5月31日(または、付与総額の100億円に達する)まで実施すると発表した。前回同様、「PayPay」での支払額の最大20%のPayPayボーナスを付与するキャンペーンと、抽選で100%(上限あり)のPayPayボーナスを付与するキャンペーンの2つを実施予定だが、その条件は前回と大幅に変更になるようだ。

1回のボーナス付与上限は1,000円相当に。期間中の付与上限は合計5万円相当

昨年末に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」は、1回の決済におけるPayPayボーナスの付与上限が月5万円と高額だったことから、高額決済に利用するユーザーが相次いだことが大きく影響し、開始からわずか10日で付与総額の100億円に達して終了した。

そこで「第2弾 100億円キャンペーン」では、「PayPay」での支払額の最大20%のPayPayボーナスを付与するという点は前回を踏襲するものの、1回の支払いにおける付与上限を1,000円相当に減額。また、キャンペーン期間中の付与上限は、支払い方法にかかわらず、1ユーザーにつき合計5万円相当とするという。前回のキャンペーンを体験したユーザーにとっては、お得感が失われてしまった印象は否めない。しかし、「ひとりでも多くの人にPayPayを知ってもらい、使ってもらう」ことを目的としていた前回の「100億円あげちゃうキャンペーン」とは違い、今回の目的は、「より多くのユーザーが参加し、くり返しキャッシュレス決済を体験してもらう」こと。高額決済時ではなく、日常の買い物などでPayPay決済を行う場合に、お得感を得られる条件にしたという。

なお、支払い方法によってPayPayボーナスの付与割合は以下のように異なる。
・PayPay残高(銀行接続)、Yahoo! マネー:20%
・Yahoo! JAPANカード:19%
・Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカード:10%

また、「第2弾 100億円キャンペーン」と同期間で実施される「やたら当たるくじ」は、PayPay残高、Yahoo! マネー、Yahoo!JAPANカードで支払った場合、抽選で10回に1回の確率で100%のPayPayボーナス(最大1,000円相当)を付与するというもの。前回の抽選実施時の当選確率は40回に1回だったので、こちらは確率がかなり上がったと言える。ただし、当選付与上限は、10万円相当から合計2万円相当に減額となり、こちらも日常的な消費に適した条件に変更されている。なお、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードの利用時は対象外となる。「Yahoo! プレミアム」会員の場合は、当選確率が2倍になるという。

PayPayボーナスの付与割合や、「やたら当たるくじ」の当選確率は、支払い方法によって異なる

PayPayボーナスの付与割合や、「やたら当たるくじ」の当選確率は、支払い方法によって異なる

PayPay決済を使用した日の一例。主人公は「Yahoo! プレミアム」会員なのか、5回の決済で2回も「やたら当たるくじ」に当たるという超ラッキーデーだが、PayPayで13,500円分買い物をして、合計3,500円相当も得をすることもありえないこともないようだ

コンビニやドラッグストアなど、加盟店には日常的に使用できる店舗が多い。また、コンビニ大手「ローソン」や牛丼チェーン「松屋」などでもまもなくPayPay決済が可能になるという

初めての人に“1,000円あげちゃう”プレキャンペーンも実施中

「第2弾 100億円キャンペーン」「やたら当たるくじ」の実施に先立つキャンペーンとして、2019年2月12日午前8時まで、初めてPayPay残高にチャージしたユーザーのうち、5,000円以上をチャージした人を対象に、1,000円相当の「PayPayライト」を付与するキャンペーンが実施中だ。

「PayPayライト」はYahoo! JAPANカードや、Yahoo! ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額のことを指すため、Yahoo! JAPANカードや、Yahoo! ウォレットの所持や使用が必須となる

課題が多かった前回の「100億円あげちゃうキャンペーン」をふまえ、安全対策を強化

PayPay 代表取締役 社長執行役員 CEOの中山一郎氏によると、昨年12月に行った第1弾の「100億円あげちゃうキャンペーン」を振り返ると、多くの成果があったものの、反省すべき課題も多く見えてきたという。

成果としては、短期間で多くのユーザーがPayPayでの決済を体験し、キャッシュレスプラットフォームの中で、名称認知度が第1位に。その結果、サービス開始4か月で累計登録者数は400万人を突破したという。さらに、PayPay決済アクティブ加盟店(1度でも決済があった加盟店)の数がキャンペーン前の約10倍に増加したことから、多くのユーザーを店舗に誘導できたとしている。

サービス開始4か月でPayPayの累計登録者数は400万人に。この伸長速度は、同社の親会社であるヤフージャパンにおいても、史上最速だという

いっぽう、課題となったのは、その安全性についてだ。キャンペーン期間中に4回のシステム障害が発生したことについては、アプリの画面の処理能力を向上させたほか、システムチェックの体制を改善して管理体制の強化をはかり、再発防止に取り組んでいるという。

また、不正入手したクレジットカードの情報で不正にPayPay決済が行われた件については、クレジットカード会社との連携により、被害額をPayPayが全額保障するとして対応。このような不正決済被害の情報を受け、クレジットカードについては、「クレジットカード利用時の制限の追加」「本人認証サービスの導入」などさまざまな不正対策を実施済みだという。

前回のキャンペーン時の反省から、カード情報の入力回数制限、カード利用時の上限額変更、本人認証サービスの導入などに対応。安全に使用できる体制を整えると同時に、ユーザーには、情報の取り扱いに注意しながら利用してほしいと、改めて注意を喚起している

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る