ニュース
FOMAユーザー向けの移行措置も合わせて発表

NTTドコモが、2026年3月31日に「FOMA」と「iモード」サービスを終了

NTTドコモは、2019年10月29日、第3世代移動通信システム(3G)「FOMA」と「iモード」サービスを2026年3月31日に終了すると発表した。その詳細および、FOMAユーザーへの当面の移行措置について紹介する。

「FOMA」と「iモード」の具体的なサービス停止を発表

NTTドコモは、第3世代移動通信システム(3G)サービスの「FOMA」と、ケータイ向けのインターネットサービス「iモード」を、2026年3月31日に終了する。FOMAの終了については、以前より2020年代半ばと予告しており、そのスケジュールを今回発表で具体化した形となる。サービス停止の理由だが、4Gの普及によるFOMA契約数の減少と、5Gに経営資源を集中させるためとしている。

FOMAサービス終了の影響だが、4Gや5Gに対応していないFOMAのみ対応の3G携帯電話やスマートフォン、データ通信端末、通信モジュールなどで、モバイルデータ通信や音声通話が行えなくなる。また、4G端末であってもVoLTEに対応していない場合、音声通話が利用できなくなる。これらの端末を使用しているユーザーが引き続き携帯電話を使い続ける場合、4Gまたは5G対応の端末への買い換えに加えて、契約プランへの見直しも必要となる場合がある。

なお、「FOMA」音声通話プランおよび「iモード」は2019年9月30日に新規受付を終了しているが、「FOMAデータプラン」や「ユビキタスプラン」といったデータ通信プランは、2020年3月31日に新規受付を終了する。iモード上で提供している「iチャネル」や「iコンシェル」などの各サービスの終了時期は後日発表される。

2026年3月末にFOMAサービスが終了。FOMAケータイやスマートフォンなどのモバイルデータ通信や音声通話などが利用できなくなる

また、FOMAユーザーを対象とした移行をうながす措置として、「はじめてスマホ購入サポート」も、合わせて発表された。これは、はじめてFOMAからXi(4Gサービス)に契約変更する場合または、他社の3GサービスからMNPでXiの契約を行うユーザーを対象に、対象となる端末を購入代金の最大2万円相当(税別)の「dポイント(期間・用途限定)」を付与するというもの。なお、対象期間は、2019年11月1日から2020年3月31日まで。対象となる端末については後日発表される見込みだ。

もうひとつの移行促進特典として「おしゃべり割60」も発表された。これは60歳以上のユーザーが、3Gケータイから「ギガホ」「ギガライト」への変更、または、他社のケータイからMNPで「ギガホ」「ギガライト」を契約したうえで、「かけ放題オプション」または「5分無料通話無料オプション」を申し込んだ場合、音声通話オプションに対して最大12か月間月額700円(税別)の割引を行うというもの。なお、既存の特典である「はじめてスマホ割」も契約条件は同じなので、両特典を組み合わせることで契約当初12か月間については月額1,700円の割引を受けることができる。

4Gへの移行を促進する特典措置として、「はじめてスマホ購入サポート」と「おしゃべり割60」が発表された

4Gへの移行を促進する特典措置として、「はじめてスマホ購入サポート」と「おしゃべり割60」が発表された

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る