ニュース
11インチモデルは94,800円から、12.9インチモデルは129,800円から

新しい「iPad Pro」登場! M1搭載、5G対応、12.9インチモデルはXDRディスプレイ

アップルは2021年4月21日(日本時間)、オンラインで新製品発表イベントを開催し、自社設計のシステムオンチップ(SoC)「Apple M1」を搭載した新しい「iPad Pro」を発表した。アップルストア価格は11インチモデルが94,800円(税込)から、12.9インチモデルは129,800円(税込)から。4月30日から注文を受け付けて、5月後半に発売する。

Apple M1チップを搭載した新しいiPad Pro

Apple M1チップを搭載した新しいiPad Pro

Apple M1搭載でパフォーマンスがアップ

新しいiPad Proは、Mac用に開発されたSoCであるApple M1を搭載したのが特徴。8コアのCPUとGPU、それに機会学習用の16コアのNeural Engineを備える。前世代のモデルと比べると、CPUは最大50%、グラフィック性能は最大40%アップしているという。初代iPadと比べるとCPUは75倍、グラフィックス性能は1500倍もアップしている。

A12Z BionicチップからApple M1チップにSoCを変更

A12Z BionicチップからApple M1チップにSoCを変更

12.9インチモデルは「Liquid Retina XDRディスプレイ」を採用。コントラスト比は100万:1、輝度は1000ニト/1600ニト(ピーク時、HDR)、P3の広色域、120HzのProMotionなど、iPad史上最高のディスプレイだ。これだけの高輝度を実現するため、一世代前のiPad Proに使われているLEDの1/120の大きさのミニLEDを1万個以上使っている。解像度は2732×2048。Apple Pencil(第2世代)をサポートする。

11インチモデルはXDRには対応しないが、P3やProMotion、True Toneなどをサポート。最大輝度は600ニトで、解像度は2388×1668。こちらもApple Pencil(第2世代)をサポートする。

携帯通信は5Gをサポート。Sub-6だけでなく、ミリ波に対応しており、最大通信速度は下り4Gbps。対応エリアであれば、どこでもライブ配信が可能になるという。無線LANはWi-Fi 6に対応する。

カメラも強化されている。前面には1200万画素の超広角カメラ(視野角122°)が搭載されており、高画質なビデオ通話が可能。機械学習を使って、メインの被写体が動いても中央に配置し続けたり、複数人がいる場合は全員を映すように画角を調整したりする「センターフレーム」という機能を新搭載した。

背面には、1200万画素の広角カメラと1000万画素の超広角カメラ、それにLiDARスキャナが搭載されている。

外部インターフェイスはUSB-Cと前世代のモデルと同じだが、Thunderbolt 3に対応し、6Kでの映像出力をサポート。最大帯域幅は40Gbpsと高速にデータをやり取りできるようになった。

ストレージ容量のラインアップは128GB/256GB/512GB/1TB/2TB。メモリー容量は選択できず、128GB/256GB/512GBストレージ搭載モデルは8GB、1TB/2TBストレージ搭載モデルは16GBとなる。

11インチモデルの本体サイズは178.5(幅)×247.6(奥行)×5.9(厚さ)mm、重量は466g(Wi-Fiモデル)/468g(Wi-Fi + Cellularモデル)。

12.9インチモデルの本体サイズは214.9(幅)×280.6(奥行)×6.4(厚さ)mm、重量は682g(Wi-Fiモデル)/684g(Wi-Fi + Cellularモデル)。

別売の「Magic Keyboard」には新色のホワイトが登場

別売の「Magic Keyboard」には新色のホワイトが登場

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る