ニュース
日本市場初投入の液晶ディスプレイ3モデルも登場!

ファーウェイがノートPC「MateBook X Pro」やタブレット「MatePad 11」のWi-Fiモデルなど、新製品を多数発表

ファーウェイは、2021年7月13日に新製品発表会を行い、ノートPCの最新モデル2機種、日本国内初投入となる液晶ディスプレイ3機種、このほか、タブレット、スマートウォッチ、完全ワイヤレスイヤホン、スマートグラスなど多数の製品を発表しました。それぞれの製品の特徴をレポートします。

ノートPC「HUAWEI MateBook X Pro 2021」「HUAWEI MateBook D 15」

ノートPCでは、ハイエンドモデル「HUAWEI MateBook X Pro 2021」とスタンダードモデル「HUAWEI MateBook D 15」が登場。それぞれの特徴を解説します。

「HUAWEI MateBook X Pro 2021」は、13.9インチ(3000×2000)のLTPS液晶を搭載。4.4mmのベゼル幅により、画面占有率は約91%を実現しています。100%のsRGB、1500:1の高コントラスト比、450nitの高輝度など、ビジネスからプライベート用途までカバーできる高性能なディスプレイです。

基本スペックは、CPUが第11世代インテル「Core i7-1165G7」で、メモリーは16GB、ストレージに1TB SSD(PCIe)を搭載。加えて、CPU内蔵のインテル「Iris Xe グラフィックスX」により、グラフィック性能が従来機から向上しています。

また、スマート冷却システムを搭載することで、高い排熱効率と静音性を実現。4基のスピーカーによりサラウンドサウンドが楽しめるほか、フロントエッジ部分に搭載されたデュアルマイクにより、オンライン会議でもクリアな会話が可能とのことです。

そのほか、バッテリー動作時間は約13.7時間。外部ポートはUSB 3.2(Gen2)Type-Cポート×2、USB 3.2(Gen2)Type-Cポート、イヤホンジャックを搭載。Wi-FiはIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5Ghz)に対応。カラバリはエメラルドグリーンが用意されています。

市場想定価格は274,780円(税込)で、2021年7月13日より発売開始されます。

いっぽう、スタンダードモデル「HUAWEI MateBook D 15」は、15.6インチ(1920×1080)のIPS液晶を搭載するノートPC。ディスプレイのスペックは、約87%の画面占有率、アスペクト比、視野角178°などとなっています。

基本スペックが異なる2モデルがラインアップされており、詳細は以下の通りです。

・モデル名「BoB-WAI9」
CPU:第11世代インテル「Core i5-1135G7」
メモリー:8GB
ストレージ容量:512GB SSD(PCIe)

・モデル名「BoB-WAI9」
CPU:第10世代インテル「Core i3-10110U」
メモリー:8GB
ストレージ容量:256GB SSD(PCIe)

なお、第11世代インテル「Core i5-1135G7」モデルのみ「Iris Xe グラフィックスX」を搭載するうえ、処理性能をブーストする「パフォーマンス」モードが利用できます。スタンダードモデルでも、処理性能とグラフィック性能を求めるのであれば、第11世代インテル「Core i5-1135G7」モデルが選択になるでしょう。

そのほか、外部ポートはUSB Type-Cポート(充電&データ転送)、USB 3.0 Type-Cポート、USB 2.0 Type-Aポート、HDMIポート、イヤホンジャックを搭載。Wi-Fiは、第11世代インテル「Core i5-1135G7」モデルがIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5Ghz)、第10世代インテル「Core i3-10110U」がIEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5Ghz)にそれぞれ対応。カラバリはスペースグレーが用意されています。

市場想定価格は第11世代インテル「Core i5-1135G7」モデルが119,800円(税込)、84,800円(税込)。2021年7月23日より発売開始されます。

日本初投入のディスプレイが3機種登場

ファーウェイが日本市場に初めて投入する液晶ディスプレイが3機種発表されました。

「HUAWEI MateView」は28.2インチの4K(3840×2560)IPS液晶を搭載するディスプレイ。基本スペックは、シネマレベルの色域DCI-P3を98%カバー、表示色10.7億色、DisplayHDR 400、最大輝度500nitなどとなっています。

ディスプレイ部は約12.8mmと非常にスリム。スタンドを含む全体でもコンパクトな設計となっています。5Wのデュアルスピーカーを装備。ノイズキャンセリング機能搭載のマイクを2基搭載しており、オンライン会議でも利用可能です。

外部ポートは、USB Type-Cポート×2(1基は電源入力専用)、USB 3.2(Gen1)Type-Aポート×2、USB 2.0 Type-Aポート、HDMIポート、イヤホンジャックを搭載します。

市場想定価格は89,800円(税込)。2021年8月20日より発売開始です。

また、「HUAWEI MateView GT」は、34インチ(3440×1440)、アスペクト比21:9の曲面液晶を備える大型のゲーミングディスプレイです。リフレッシュレートは165Hz、応答速度は4ms。また、DCI-P3を90%カバー、表示色は10億7374万色、コントラスト比4000:1など高い基本スペックを備えます。

スタンドには、5Wのデュアルスピーカーが内蔵されており、別途スピーカーを用意せずとも迫力のサウンドが体験できるとのこと。サウンドバーは、タッチコントロールで操作。LEDカラーライティング機能が搭載されているため、きらびやかに光らせることもできます。

外部ポートは、HDMIポート、DisplayPort、USB 3.2(Gen1)Type-Cポート、USB Type-Cポート(電源入力専用)を搭載。市場想定価格は65,800円(税込)、2021年9月10日よりAmazon限定で発売されます。

もうひとつのディスプレイはエントリーモデルの「HUAWEI Display 23.8″」。主な基本スペックは、画面占有率約90%、色域72% NTSC、リフレッシュレート75Hzなど。こちらは市場想定価格が19,980円(税込)。2021年7月23日より発売されます。

高性能タブレット「HUAWEI MatePad 11」

ファーウェイのタブレットシリーズ最新モデルとなる「HUAWEI MatePad 11」のWi-Fiモデルが登場。約10.95インチ(2560×1600)のディスプレイは、リフレッシュレート120Hzを実現しており、普段使いからゲームまでスムーズな動作が可能です。また、DCI-P3は100%カバーしており、別売りの第2世代スタイラスペン「HUAWEI M-Pencil」と組み合わせれば、イラストレーションの作成などにも利用できます。

基本スペックは、CPUがクアルコム「Snapdragon 865」で、メモリーが6GB、ストレージ容量が128GB。なお、OSはファーウェイ製の「HarmonyOS 2」となります。

老舗オーディオブランド「Harman Kardon」監修のチューニングが施されたスピーカーを4基搭載するなどメディア再生に関する性能も申し分なく、タブレットで映像コンテンツを視聴したい人にも向くでしょう。

そのほか、Wi-FiはIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5Ghz)に対応。外部ポートはUSB 3.0 Type-CポートとmicroSDカードスロットを装備。カラバリはアイルブルー1色のみとなります。

市場想定価格は54,780円(税込)で、2021年7月23日発売です。

このほかにもスマートウォッチ「HUAWEI WATCH」シリーズの最新モデルとなる「HUAWEI WATCH 3」、アクティブノイズキャンセル機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4」、スマートグラスでは、「HUAWEI×GENTLE MONSTER Eyewear II」のサングラスタイプ「SMART LANG」と、度なしメガネタイプの「SMART KUBO」が発表されました。

それぞれの市場想定価格は、「HUAWEI WATCH 3」のスポーツモデルが50,380円(税込)、クラシックモデルが54,780円(税込)、「HUAWEI FreeBuds 4」が18,480円(税込)、スマートグラス「SMART LANG」と「SMART KUBO」が43,780円(税込)となっています。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る