ニュース
コンパクトボディと独自アプリが特徴

バルミューダ初のスマートフォン「BALMUDA Phone」が登場! 価格は104,800円

バルミューダは、IT機器などを取り扱う新ブランド「BALMUDA Technologies」の新製品として、5G対応Androidスマートフォン「BALMUDA Phone(バルミューダ フォン)」を、2021年11月26日より発売すると発表した。通信キャリアではソフトバンクが取り扱うほか、オープンマーケットモデルとしても発売される。デザイン性で定評のあるバルミューダが作ったスマートフォンとはどんなものか。その特徴を速報でお伝えしよう。

直線を排除した手になじむ小型ボディ

発売が予告されていた、バルミューダのスマートフォン「BALMUDA Phone」がついに正式発表された。約69(幅)×123(高さ)×13.7(厚さ)mmで、重量約138gのコンパクトボディに、1,920×1,080のフルHD表示に対応する約4.9インチの液晶ディスプレイを搭載。近ごろのAndroidスマートフォンとしては屈指の小型・軽量モデルと言えるだろう。背面、側面、ディスプレイのあらゆる面に直線や平面がない丸みを帯びたデザインが特徴で、コンパクトなサイズとも相まって、持ちやすさを重視したものとなっている。機能面では、IPX4等級の防水仕様と、IP4X等級の防塵仕様に対応するほか、FeliCaポートとワイヤレス充電のQiポートを備えている。

「BALMUDA Phone」を手にするバルミューダの寺尾玄社長。実機はかなりコンパクトであることがわかる

「BALMUDA Phone」を手にするバルミューダの寺尾玄社長。実機はかなりコンパクトであることがわかる

曲面で構成された背面は、かなり個性的なシルエット。メインカメラや指紋認証センサーが搭載されている

曲面で構成された背面は、かなり個性的なシルエット。メインカメラや指紋認証センサーが搭載されている

縦横比16:9で約4.9インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載。画面右上にはフロントカメラ用のパンチホールが備わる

縦横比16:9で約4.9インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載。画面右上にはフロントカメラ用のパンチホールが備わる

ずんぐりとしたスタイルは、薄く細いものが主流の昨今のスマートフォンではむしろ新鮮

ずんぐりとしたスタイルは、薄く細いものが主流の昨今のスマートフォンではむしろ新鮮

基本スペックでは、SoCに「Snapdragon 765」を採用し、6GBのメモリーと128GBのストレージを組み合わせる。microSDメモリーカードは非搭載。OSはAndroid 11だ。メインカメラは約4,800万画素のシングルカメラで、フロントカメラは約800万画素となっている。カメラの機能は明らかになっていないが、専用アプリで、料理の香りや熱さが表現できるように、バルミューダが持つノウハウを反映した画質チューニングが搭載されているという。

バッテリー容量は2,500mAhとなっており、近ごろのAndroidスマートフォンとしては、かなり少ない。電池持ちに関するスペックは、連続通話時間は約1,170分、連続待受時間は約260時間(FDD LTE)となっている。なお、USB PD3.0規格の急速充電に対応しており約90分でフル充電が可能とのことだ。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開

コンパクトな外見とともに、本機の大きな特徴となるのは、独自開発の基本アプリ群だ。特にホームアプリでは、画面上の特定の個所をタップやスワイプすることで、特定の機能を呼び出すことができる機能を備える。また、スケジューラアプリは、表示範囲を1日から1年まで、シームレスに伸縮可能。計算機アプリは、3桁カンマ表示や、現在のレートでの為替計算が行える。このほか、メモアプリや時計アプリも本機独自のものが搭載され、独自の操作性を提供するという

ホーム、スケジューラ、計算機、カメラ、メモ、時計の6個のアプリは本機独自のものが使われる

ホーム、スケジューラ、計算機、カメラ、メモ、時計の6個のアプリは本機独自のものが使われる

通信機能だが、nanoSIMカードスロットを1スロット搭載しており、eSIMには非対応。対応する周波数帯はソフトバンク版とオープンマーケットモデル共通で、5Gはn3/28/77/78、4GはB1/2/3/4/8/12/17/18/19/28/41/42となる。5GはSub-6のみ対応でミリ波には対応していないが、ソフトバンクで使用していないn78に対応しており、NTTドコモやKDDI系の5Gも利用できる。4Gも、NTTドコモのB19や、KDDI系のB18といったプラチナバンドに対応しているため、幅広いSIMカードと適合しそうだ。

注目の価格だが、オープンマーケットモデルは104,800円(税込)で、ソフトバンク版は後日発表される。いずれも11月17日より予約受付を開始し、同月26日より発売される。

オープンマーケットモデルは、バルミューダのオンラインショップや、東京・青山にある直営店などで取り扱われる

オープンマーケットモデルは、バルミューダのオンラインショップや、東京・青山にある直営店などで取り扱われる

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る