ニュース

有機ELディスプレイが復活した「OPPO Reno7 A」が6月23日より順次発売開始

オウガ・ジャパンは2022年6月16日、OPPOブランドのミドルレンジスマートフォン「OPPO Reno7 A」を、au、UQ mobile、ワイモバイル、楽天モバイルの各通信事業者および、MVNO各社、家電量販店、ECサイトを通じて6月23日より発売すると発表した。FeliCaや防水・防塵対応といった「OPPO Reno A」シリーズの特徴に加えて、復活した有機ELディスプレイと、独特の質感を持つボディで、さらに魅力が増している。速報で概要をお届けしよう。

人気シリーズ「OPPO Reno A」の4世代目となる「OPPO Reno7 A」が登場した

人気シリーズ「OPPO Reno A」の4世代目となる「OPPO Reno7 A」が登場した

有機ELディスプレイが復活! 4世代目「OPPO Reno A」

「OPPO Reno7 A」は、オッポの主力となるミドルレンジスマートフォン「OPPO Reno A」シリーズの第4世代モデルだ。

ボディサイズは、約73.4(幅)×159.7(高さ)×7.6(厚さ)mm、重量約175gとなっており、前モデル「OPPO Reno5 A」と比較すると、幅は0.8mm、高さは2.3mm、厚さは0.6mm、重量は約7gそれぞれ小さく、軽くなっている。なお、FeliCaポートや、IPX8等級の防水仕様、IP6X等級の防塵仕様をクリアするなど、日本市場で重視される機能には引き続き対応している。

ディスプレイは2,400×1,080のフルHD+に対応した約6.4インチの有機ELで、2020年モデルである「OPPO Reno3 A」以来2年ぶりに有機ディスプレイが復活した。なお、90Hzのリフレッシュレートと180Hzのタッチサンプリングレートに対応している。サウンド機能は、ヘッドホン端子を搭載するが、スピーカーはモノラル出力となっている。

SoCは、ミドルレンジ向けの「Snapdragon 695 5G」で、6GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。なお、仮想メモリー機能を備えており、ストレージを最大5GBまでメモリーとして使うことができる。OSは、Android 11をベースにした「Color OS 12」がプリインストールされているが、Android 12ベースの新OSを準備しているとのことだ。ユニークな機能として、システム劣化防止機能が搭載されている。これは、スマートフォンを使い続けることで、OSにたまる不要なデータなどを自動的に削除するなどの処理を行うことで、同社によると36か月間使い続けても速度の低下を5%以内に抑えることができるという。

通信機能は、nanoSIMカードスロットを2基備えるほか、eSIMにも対応している。なお、Wi-Fiは、IEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応しており、Wi-Fi 6(ax)には非対応。オープンマーケット版(いわゆるSIMフリー版)の対応バンドは、5Gがn3/28/41/77/78、4Gは、B 1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28/ 38/40/41/42となっている。

メインカメラは、約4,800万画素の広角カメラ(標準カメラ)、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のマクロカメラという組み合わせのトリプルカメラとなる。フロントカメラは約1,600万画素だ。

4,500mAhのバッテリーを内蔵しており、動画視聴なら約20時間、音楽再生なら約39時間の動作が可能(いずれもメーカー調べの値)。充電性能は、18WのUSB PD規格に対応しており、約30分で40%までの充電でき、フル充電にかかる時間は125分に抑えられている。

カラーバリエーションは、写真左のドリームブルーと右のスターリーブラックの2色。いずれも背面に独自の加工技術「OPPO Glow」が施されており、角度によって複雑な反射を見せる

カラーバリエーションは、写真左のドリームブルーと右のスターリーブラックの2色。いずれも背面に独自の加工技術「OPPO Glow」が施されており、角度によって複雑な反射を見せる

有機ELディスプレイが2年ぶりに復活した。ディスプレイ指紋認証、90Hz駆動と180Hzのタッチサンプリングレートに対応している。HDRには非対応

有機ELディスプレイが2年ぶりに復活した。ディスプレイ指紋認証、90Hz駆動と180Hzのタッチサンプリングレートに対応している。HDRには非対応

右側面には電源ボタンが配置される

右側面には電源ボタンが配置される

左側面にはボリュームボタンが配置される

左側面にはボリュームボタンが配置される

ボディ下面には、スピーカー、USB Type-Cポート、ヘッドホン端子が配置される。USB Type-Cポートは最大18WのUSB PD規格による急速充電に対応している

ボディ下面には、スピーカー、USB Type-Cポート、ヘッドホン端子が配置される。USB Type-Cポートは最大18WのUSB PD規格による急速充電に対応している

メインカメラは、広角カメラ、超広角カメラ、マクロカメラのトリプルカメラだ

メインカメラは、広角カメラ、超広角カメラ、マクロカメラのトリプルカメラだ

気になる価格は?

販路と現時点で判明している価格をまとめよう。au、UQ mobile、ワイモバイル、楽天モバイルの各通信事業者から発売される。これに加えて、オープンマーケット版が、IIJmio、イオンモバイル、QT mobile、Goo Simseller、NURO Mobile、NifMO、BIGLOBE mobile、Fiimo、mineo、LinksMateの各MVNO事業者と、一部の家電量販店およびECサイトから発売される。

価格は、auおよびUQ mobileでは43,720 円、楽天モバイルでは45,800円、オープンマーケット版は44,800円(いずれも直販サイトにおける一括払いの税込価格)となっている。(ワイモバイルの価格はまだ発表されていない)。

au、UQ mobile、ワイモバイル、オープンマーケット版は6月23日より発売開始となる。楽天モバイルは1週間遅れの6月30日発売だ。

通信キャリアは、KDDI系のauとUQ mobileの2ブランド、ワイモバイル、楽天モバイルの3社4ブランドの扱いとなる。発売開始は楽天モバイルのみが6月30日で、そのほかは6月23日になる

通信キャリアは、KDDI系のauとUQ mobileの2ブランド、ワイモバイル、楽天モバイルの3社4ブランドの扱いとなる。発売開始は楽天モバイルのみが6月30日で、そのほかは6月23日になる

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る