ニュース

国内で4年ぶりに復活したHTCのスマホ「HTC Desire 22 pro」速報

HTC NIPPONは2022年9月1日、一般流通向け(いわゆるSIMフリー)スマートフォンの新モデル「HTC Desire 22 P ro」を10月1日に発売すると発表した。2018年に登場した「HTC U12+」や「HTC U11 life」以来、実に4年ぶりの新製品だが、同社のVRグラス「VIVE Flow」と組み合わせることで、メタバースへスムーズにアクセスできるという、ユニークな特徴を備えている。

「Snapdragon 695 5G」と8GBメモリーを搭載したミドルレンジ機。FeliCaや防水・防塵にも対応

「HTC Desire 22 pro」は、すでにグローバルで発表済みの製品だ。今回日本市場に投入されるのは、グローバルモデルをベースにしつつ、FeliCaポートを備えた日本専用モデル。日本専用カラーの「サルサ・レッド」も用意される。

ボディサイズは、約76.5(幅)×166.3(高さ)×9.4(厚さ)mm、重量約205.5gだ。ディスプレイは、2412×1080のフルHD+表示に対応する約6.6インチの液晶ディスプレイ。このディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応している。ボディは、IPX7等級の防水仕様とIP6X等級の防塵仕様をクリアし、上記のFeliCaポートに加えて、Qiと互換性のあるワイヤレス充電ポートを備え、15Wの充電と5Wのリバース充電(給電)に対応している。バッテリーの容量は4520mAhで、後述するVRグラス「VIVE Flow」の電源として本機を利用するために、USB Type-Cポートを経由した有線のリバース充電にも対応している。

ボディは比較的大きめ。液晶ディスプレイだが、コントラストは高く画質は良好だ

ボディは比較的大きめ。液晶ディスプレイだが、コントラストは高く画質は良好だ

日本専用カラー「サルサ・レッド」は、人気の高かった「HTC J Butterfly」シリーズのイメージが重ねられている

日本専用カラー「サルサ・レッド」は、人気の高かった「HTC J Butterfly」シリーズのイメージが重ねられている

搭載されるSoCは、ミドルレンジ向けの「Snapdragon 695 5G」で、8GBのメモリーと128GBのストレージ、microSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSは、Android 12だ。通信性能は強力で、5Gの対応周波数帯は、n3/28/77/78/79となっており、ミリ波のn257を除く国内4キャリアが使用している5G用周波数帯すべてに対応している。4Gの対応周波数帯もB1/3/4/5/7/8/11/12/17/18/19/21/26/28/38/39/41/42で、こちらも4キャリアのプラチナバンド・コアバンドを含む主要周波数帯を網羅している。

国内4キャリアの5Gと4Gを利用可能。特にNTTドコモのn79に対応しているので、ドコモの5Gエリアをくまなく利用できる点は、海外メーカーのミドルレンジ機としては貴重だ

国内4キャリアの5Gと4Gを利用可能。特にNTTドコモのn79に対応しているので、ドコモの5Gエリアをくまなく利用できる点は、海外メーカーのミドルレンジ機としては貴重だ

メインカメラは、約6400万画素の標準カメラ(広角カメラ)と、約1300万画素の超広角カメラ、約500万画素の深度センサーのトリプルカメラだ。フロントカメラも約3200万画素という高画素。メインカメラはAIを使ったシーン認識機能を備えており、カメラ任せでキレイな写真を撮れる。

本機の標準カメラで撮影。くだもの鮮やかな色がうまく再現できている。画素数が高いこともあり、解像感も良好だ

本機の標準カメラで撮影。くだもの鮮やかな色がうまく再現できている。画素数が高いこともあり、解像感も良好だ

こちらは超広角カメラで撮影したもの。より広い範囲を構図に収めることができる。カメラの切り替えによるトーンの変化が抑えられている

こちらは超広角カメラで撮影したもの。より広い範囲を構図に収めることができる。カメラの切り替えによるトーンの変化が抑えられている

次に本機の特徴である「VIVE Flow」との組み合わせを解説しよう。眼鏡を模したデザインのVRグラス「VIVE Flow」は、2021年11月にすでに発売されており、新製品というわけではない。HTCのHMDとしてはエントリーモデルだが、重量約189gの軽量ボディに、6DoF、左右それぞれで1600×1600表示、バーチャルサラウンド対応スピーカーを備えた本格的な製品だ。

「HTC Desire 22 pro」は、この「VIVE Flow」との接続に必要なアプリをすべてプリインストールしているほか、画像の転送に必要なMiracastと著作権保護のHDCPへの対応、そして「VIVE Flow」への十分な給電能力を備えており、よりスムーズに接続できるという優位点がある。

「HTC Desire 22 pro」は、「VIVE Flow」に最適化されており、組み合わせることでスムーズにメタバースの世界に旅立てる

「HTC Desire 22 pro」は、「VIVE Flow」に最適化されており、組み合わせることでスムーズにメタバースの世界に旅立てる

なお、メタバースのコンテンツとして、HTCは「VIVERSE(ヴァイヴァース)」を用意しており、「HTC Desire 22 pro」と「VIVE Flow」の組み合わせで、360°視界の本格的なメタバースを手軽に体験できる。

「VIVERSE」の中では、アバターを使ったコミュニケーション、謎解き、アイテムの購入などが行える。コンテンツは今後も拡張される

「VIVERSE」の中では、アバターを使ったコミュニケーション、謎解き、アイテムの購入などが行える。コンテンツは今後も拡張される

「HTC Desire 22 pro」の価格は64,900円(税込)で、10月1日より、ダークオークとチェリーブロッサムの2色を発売する。なお、サルサ・レッドは10月下旬からの発売となっている。10月1日の時点での販路はHTCの直販が主となるが、家電量販店やECサイト、MVNO事業社からも取り扱われる予定だ。

また、「HTC Desire 22 pro」と「VIVE Flow」のセットも114,900円(税込)で用意される。なお、このセットには、12,800円相当の価値がある「VIVERSE」の場所(マイワールド)がバンドルされる。

「HTC Desire 22 pro」の価格は64,800円(税込)。また、114,900円(税込)で「VIVE Flow」とのセット販売も行われる

「HTC Desire 22 pro」の価格は64,800円(税込)。また、114,900円(税込)で「VIVE Flow」とのセット販売も行われる

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る