ニュース
新デザインのメタルボディに、レスポンスが向上した高性能カメラ、長寿命バッテリーを搭載

夏スマホの注目モデル、au「Xperia X Performance SOV33」速報

auは、2016年5月10日に、ソニーモバイル製Androidスマートフォン「Xperia X Performance SOV33」(以下、Xperia X Performance)を発表。6月中旬以降に発売する。人気の「Xperia」シリーズの最新モデルとなる本機は、今夏のハイエンド向けスマートフォンの最注目モデルだ。その速報レポートをお届けする。

メタル素材に包まれた「Xperia X Performance」のボディ。サイズや重量は「Xperia Z5」とほぼ同じだ

メタル素材に包まれた「Xperia X Performance」のボディ。サイズや重量は「Xperia Z5」とほぼ同じだ

Xperia初となるメタルボディに、長寿命バッテリーや、高性能カメラを搭載

「Xperia X Performance」は、1080×1920のフルHD表示に対応する約5.0インチ液晶を備えたハイエンド向けスマートフォン。ボディサイズは、約71(幅)×144(高さ)×8.6(厚さ)mm、重量は約165gで、2015年秋・冬モデルの「Xperia Z5」よりも、画面サイズが0.2インチ小さくなっているが、サイズや重量はほぼ同クラス。

処理性能を見ると、米国Qualcomm社の最新クアッドコアCPU「Snapdragon 820 MSM8996(2.2GHz×2コア+1.6GHz×2コア)」に、3GBのRAMと32GBのストレージを組み合わせ、Android 6.0を動作させている。外部ストレージとして最大200GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを内蔵している。auによれば、「Xperia Z5と比較してCPUは約2倍、GPUは約1.4倍処理速度が向上している」という。

ボディのシルエットは従来の「Xperia Z」シリーズによく似ているが、背面がメタル素材になっているなど、ガラスのイメージが強かった従来の「Xperia Z」シリーズとは異なるコンセプトでデザインされている。なお、このボディはIPX5/8等級の防水仕様と、IP6Xの防塵仕様をクリア。「Xperia Z5」で搭載され評判のよかった、側面に備わる楕円形の指紋認証センサー付き電源ボタンは継続して搭載されている。

「Xperia X Performance」で注目したいポイントは2点ある。ひとつはカメラ性能で、メインカメラには、約2300万画素の裏面照射積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」が継続して採用されているが、表面のインカメラにも、「Xperia Z5」より大型の1/3サイズで、約500万画素から倍以上の高画素化を実現した約1320画素の裏面照射積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を新採用。さらに広角22mmのレンズを採用することで、背景を広く写し込んだ自分撮り(セルフィー)が行える。

メインカメラ・サブカメラともにレスポンスが向上しており、あらかじめ設定をしておけば、起動から撮影までわずか0.6秒で行える。また、側面のシャッターボタンを使えば、ディスプレイが像が映る前であっても撮影が可能。オートフォーカスも進化しており、被写体をタップすることで追尾する「先読みオートフォーカス」や、0.03秒の高速オートフォーカス、画面全体で行える位相差オートフォーカス機能を搭載。これらのAF機能によって、より早く正確な撮影を行えるのが「Xperia X Performance」のカメラの特徴となっている。

もうひとつのポイントはバッテリーだ。容量自体は2,570mAhと、「Xperia Z5」の2,900mAhよりも少ないが、米国Qnovo社のバッテリー制御技術を採用し、バッテリーの状態に応じて最適な充電を行うことで経年劣化を軽減しているという。これにより、「Xperia Z2」と比較して最大約2倍の長寿命化を実現している。なお、カタログスペックを見ると連続通話時間は約1,330分 (VoLTE)、連続待ち受け時間は約490時間(4G LTE/WiMAX 2+)となっており、「Xperia Z5」とほぼ同等の性能が確保されている。

カラーバリエーションは、左からホワイト、ブラック、ライム、ローズの4色が用意される

カラーバリエーションは、左からホワイト、ブラック、ライム、ローズの4色が用意される

22mmの広角レンズと1/3サイズという大型の約1320万画素イメージセンサーを組み合わせたインカメラ

22mmの広角レンズと1/3サイズという大型の約1320万画素イメージセンサーを組み合わせたインカメラ

メインカメラのハードウェアは「Xperia Z5」から変更はないが、0.6秒の高速起動やオートフォーカスの性能アップがなされている

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る