新製品レポート
「Xperia X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」

ソフトバンクからAndroid 6.0搭載のスマートフォン夏モデル3機種が登場

ソフトバンクは、2016年5月11日Androidスマートフォン夏モデルとして、「Xperia X Performance」「AQUOS Xx3」「DIGNO F」の3機種を発表。6月上旬以降、順次発売する。ここでは、各機種の概要を解説しよう。

高速カメラや長寿命バッテリーを搭載する注目機がソフトバンクからも登場!
ソニー「Xperia X Performance」

「Xperia X Performance」は、1080×1920のフルHD表示に対応した約5.0インチの液晶ディスプレイを搭載するハイエンド向けスマートフォン。ボディは、約71(幅)×144(高さ)×8.6(厚さ)mmで、重量は約165g。前モデル「Xperia Z5」とほぼ同じサイズとなっている。デザイン的には、背面にメタル素材を採用しており、従来の「Xperia Z」シリーズのガラスのイメージから一新された。なお、このボディは、IPX5/8等級の防水仕様と、IP6Xの防塵仕様に対応している。付加機能では、フルセグおよびワンセグの各テレビチューナー、FeliCaおよびNFCポート、赤外線通信ポートを搭載している。

処理性能だが、米国Qualcomm社のハイエンド向け最新クアッドコアCPU「Snapdragon 820 MSM8996(2.2GHz×2+1.6GHz×2)」に、3GBのRAMと32GBのROMを搭載。最新世代のAndroid 6.0がプリインストールされている。なお、増設用として最大200GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを搭載している。

Xperiaシリーズで定評のあるカメラ機能はさらに強化された。メインカメラは有効画素数約2300万のままだが、サブカメラは1320万画素というかなりの高精細な画素センサーに強化されている。また、カメラアプリの設定を「クイック起動」に切り替えておけば、起動から撮影まで約0.6秒という短時間の高速起動が可能。また、画面上でタッチした被写体の動きを予測して、オートフォーカスを追従させる「先読みオートフォーカス」機能も搭載している。

バッテリー機能も強化された。容量は2570mAhと、このクラスの製品としてはやや少ないが、米国Qnovo社の充電最適化技術を採用することで、「Xperia Z2」と比較して2倍のバッテリー寿命を実現している。これにより、バッテリーの交換サイクルが伸び、より長い期間使い続けることができるようになった。

発売は、6月中旬以降を予定している。

カラーは左からライムゴールド、ホワイト、グラファイトブラック、ローズゴールドの4種類

カラーは左からライムゴールド、ホワイト、グラファイトブラック、ローズゴールドの4種類

ハイスピードIGZO液晶や長時間バッテリー駆動に加えて、健康サポートAIを装備
シャープ「AQUOS Xx3」

「AQUOS Xx3」は、1080×1920のフルHD表示に対応した約5.3インチの液晶ディスプレイを搭載するハイエンド向けスマートフォン。なお、リフレッシュレート120Hzの「ハイスピードIGZO」液晶が使われており、なめらかなスクロールで操作が可能だ。サイズは約73(幅)×149(高さ)×7.6(厚さ)mmで、重量は約155gとなっている。搭載されるCPUは、前述の「Xperia X Performance」と同じクアッドコアCPU「Snapdragon 820 MSM8996(2.2GHz×2+1.6GHz×2)」で、3GBのRAMと32GBのROMを搭載し、OSにはAndroid 6.0を採用。増設用として最大200GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを搭載している。付加機能では、フルセグおよびワンセグの各テレビチューナー、FeliCaおよびNFCポートを搭載している。

カメラ性能だが、メインカメラが約2260万画素のCMOSイメージセンサーを、サブカメラには約500万画素のCMOSイメージセンサーをそれぞれ搭載する。なお、メインカメラは開口F値1.9の大口径レンズを備え、光学メーカーのリコーによる画質認証プログラム「GR certified」を取得している。また、カメラの起動にかかる時間は0.4秒、オートフォーカスの合焦は約0.02秒で行える。

省電力で動作するIGZO液晶を搭載するAQUOSシリーズは、バッテリーの持続性にすぐれているが、「AQUOS Xx3」では、3000mAhのバッテリーを組み合わせることで、連続通話時間が約1790分(W-CDMA)/約1690分(FDD-LTE)、連続待ち受け時間が約620時間(W-CDMA)/約545時間(FDD-LTE)/約540時間(AXGP)という長時間駆動を実現している。3100mAhのバッテリーを備えた2015年秋モデルの「AQUOS Xx2」と比較すると、連続通話時間が2割ほど長くなっている。これに対し、バッテリーの充電時間は「AQUOS Xx2」の約220分から約145分へ大幅に短縮された。

従来から搭載されていたシャープ独自のAIアプリ「エモパー」もバージョン4.0に進化し、毎日の歩数や体重の状態から、健康維持やダイエットに役立つアドバイスを行ってくれる機能を備えるようになった。このほかにも、AIが学習した生活パターンをもとに、就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑えた画質に切り替わる「リラックスオート」機能も備えている。

発売は、6月上旬以降の予定だ。

カラーは左からホワイト、アクアブルー、アンバーブラックの3種類が用意される

カラーは左からホワイト、アクアブルー、アンバーブラックの3種類が用意される

防水や防塵に加えて、耐衝撃性能を備えたタフネスボディ
京セラ「DIGNO F」

「DIGNO F」は、720×1280のHD表示に対応した約5.0インチの液晶を搭載するミドルクラスのスマートフォン。サイズは、約72(幅)×142(高さ)×10.8(厚さ)mmで、重量は約138gとなっている。最近のAndroidスマートフォンとしてみれば、軽めでコンパクトな製品だ。このボディは、IPX5/7等級の防水仕様、IP5X等級の防塵仕様に加えて、京セラの得意とする耐衝撃性能を備えているのが大きな特徴。アメリカ国防総省の調達基準「MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIV」に定義された、高さ1.22mからラワン材に26方向から落下させる試験を実施しクリアしている。また、搭載されるディスプレイは、ぬれた手や手袋をした状態でも使うことができ、キッチンや洗面所など、水周りでも気にせずに使えるばかりか、ボディ全体を水洗いすることさえ可能だ。付加機能では、赤外線ポートを搭載しているが、おサイフケータイ用のFeliCaポートやNFCポートは搭載されてない点には注意したい。

カメラの性能は、メインカメラは約800万画素のCMOSイメージセンサーを、サブカメラには約200万画素のCMOSイメージセンサーをそれぞれ採用している。

処理性能では、Qualcomm社のミドルレンジ向けクアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916(1.2GHz×4)」に、2GBのRAMと8GBのROMを搭載。OSは、Android 6.0だ。200GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットも備えている。搭載されるバッテリーは2300mAhで、連続待受時間が、約860時間(W-CDMA)/約650時間(FDD-LTE)となっている(連続通話時間は計測中)。

発売は、6月下旬以降を予定している。

カラーは左からホワイト、ブラック、レッドの3色が用意されている

カラーは左からホワイト、ブラック、レッドの3色が用意されている

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る