アルバムに貼ったままで写真をデジタルデータ化

iPhoneアルバムスキャナー「Omoidori(おもいどり)」発表会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

PFUは2016年6月1日、アルバム写真用のコンパクトなiPhoneスキャナー「Omoidori PD-AS01」(以下、Omoidori)を発表しました。アルバムに貼られたままの写真を、テカリなくきれいにiPhoneに読み込むことができるiPhone専用のスキャナーです。

写真の上にのせてつかうiPhone専用のスキャナー「Omoidori」

写真の上にのせてつかうiPhone専用のスキャナー「Omoidori」

「Omoidori」は、iPhone 6s/6/SE/5s/5に対応しています(iPhone SE/5s/5には付属のアタッチメントで対応)。スキャンできる写真のサイズは、L判写真(89mm×127mm)〜2L判写真(127mm×178mm)まで。電源は、単4形乾電池2本の使用で、連続約1,000枚スキャンすることが可能です。本体は折りたたみ式で、折りたたみ時のサイズは112(幅)×32(奥行き)×152(高さ)mmとコンパクト。実家への帰省時など、荷物にならない大きさを意識して設計されています。なお、使用時の大きさは、112(幅)×158(奥行)×142(高さ)mmです。

発売は2016年6月下旬を予定しており、価格はオープン。PFUのWebオンラインショップ「PFUダイレクト」では、12,800円(税込)となっています。

コードレスでコンパクトなスキャナーなので、実家へ帰省する際にもかさばらずに持ち運べます

コードレスでコンパクトなスキャナーなので、実家へ帰省する際にもかさばらずに持ち運べます

独自の技術で撮影した写真をテカらせずに保存

使い方は簡単。iPhoneをセットした「Omoidori」をアルバムに貼られた写真の上にセットして、「Omoidori」の専用アプリから撮影ボタンをタップするだけ。これで写真のどこも反射させることなく、きれいにスキャンすることができます。

これは、PFUが独自に開発した「Wスキャン」という方法で実現したもの。「Omoidori」本体がスキャンしたい写真を覆うことで、外部からの光がはいらない“暗室”のような空間を作ります。その中で、本体に搭載された左右のLEDフラッシュを順番に点灯させて、2回の撮影を行います。その後、撮影した2枚の画像の、それぞれの反射していない部分を合成して、反射によるテカリのない、1枚のきれいな写真を作成します。

「Omoidori」の内部には、左右それぞれ2つずつのLEDが搭載されています。内部は一部がミラーになっています

「Omoidori」の内部には、左右それぞれ2つずつのLEDが搭載されています。内部は一部がミラーになっています

「Omoidori」本体にiPhoneをセットし、専用アプリを起動。本体をスキャンしたい写真の上にセットして、画面の下部にあるシャッターボタン(丸い鳥のマーク)をタップすると、写真が自動で2回撮影されます。1回目は片方のLEDが点灯した状態で撮影

1回目の撮影のあとすぐに、逆側のLEDが点灯して2回目の撮影が行われます

1回目の撮影のあとすぐに、逆側のLEDが点灯して2回目の撮影が行われます。左右のLEDを順番に点灯させて撮影するタイミングは、「Omoidori」本体にセットされたiPhoneのLEDフラッシュの光り方によってコントロールしているそう

撮影した2枚の画像の、それぞれ光が反射していない部分を合成し、1枚の画像として保存します

撮影した2枚の画像の、それぞれ光が反射していない部分を合成し、1枚の画像として保存します

紙焼き写真をiPhoneのカメラなどで撮影してデジタルデータ化しようとすると、左の画像のように光の反射が入ってしまうことがありますが、「Omoidori」を使ってスキャンすると、右の画像のように、どこも反射することなく、きれいな写真としてスキャンすることができます

L判写真のほか2L判写真にも対応。日付や写真の向きも自動で検出します

最大2L判までの大きいサイズの写真なら、2回に分けて半分ずつスキャンすることで、1枚の画像に合成して保存することが可能。また、写真の顔の向きを自動で検出して、写真を回転させて保存させる「自動トリミング」機能や、プリントされた日付を自動認識して、当時の日付情報にExifデータを変更する「日付認識」機能や、「赤目補正」機能もアプリに搭載されています。

2L判までの大きめの写真をスキャンする場合。アプリから「2L判」モードを選択し、右側と左側の2回に分けて撮影します

左右半分ずつに撮影した画像は自動で1枚の画像に自動で合成されます

左右半分ずつに撮影した画像は自動で1枚の画像に自動で合成されます

左が「Omoidori」アプリ画面、右がアルバムに貼ってある写真です。写真に印字された日付を自動認識し、スキャンした画像のExifデータを当時の日付情報に変更。日付は、手動による登録・変更もできます

「Omoidori」でスキャンするだけで、赤目に写っていた写真も補正してくれます

「Omoidori」でスキャンするだけで、赤目に写っていた写真も補正してくれます

専用アプリ内で、フォトブックの作成から注文まで完了

Omoidori専用のアプリでは、スキャンした画像でフォトブックのレイアウトを作ることもでき、アプリ内でフォトブックや写真プリントの注文も行えます(プリントは、富士フイルムの印刷工場で作成され、自宅に届きます)。また、アプリ内から画像を直接メールしたり、SNSへシェアしたり、クラウドサービスをつかって画像を共有することも可能です。

発表会では、デジタルフォトアルバムの「おもいでばこ」(バッファロー)や「ワンダーフォトボックス」(富士フイルム)を使って、スキャンした写真を整理しておく使い方も紹介されていました。

このほか、結婚式の新郎新婦のプロフィールムービーを作成する際に役立てたり、今昔写真を作ってみたり、終活へむけた自分史の作成なども紹介されていました。

フォトブックや写真プリントの注文もアプリ内で完了します。SNSでのシェアやメール送信もアプリから直接行えます

フォトブックはハードカバーとソフトカバーの2タイプが選べます。お気に入りの写真で写真集を作ったり、贈り物にしてもよろこばれそう

富士フイルム「ワンダーフォトボックス」。フィルムカメラで撮った昔の写真もデジカメで撮った今の写真も、全部いっしょに保存できます

アルバムに貼っていない、丸まってしまった紙焼き写真を平らにする「フォトプレッサー」(税込2,700円)もオプション品として紹介されてました。「Omoidori」本体の底部分にマグネットで取り付けます

堤 智代(編集部)

堤 智代(編集部)

ホビーやおもちゃを中心にレビュー記事を担当しています。ラジコンやプラモデル、フィギュアを取り上げることが多いですが、それら以外でも楽しそうな製品を紹介していきたいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.3.22 更新
ページトップへ戻る