重量295gの軽量ボディを採用し、首にもやさしい!

PCもスマホも一切不要なスタンドアローン型VRヘッドマウントディスプレイ「IDEALENS K2」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月15日、中国IDEALENS(アイデアレンズ)社が東京都内で記者発表会を開催。スタンドアローンタイプのワイヤレスヘッドマウントディスプレイ「IDEALENS K2」を今秋発売すると発表した。ここでは、記者発表会で得られた情報を中心にお伝えする。

Androidベースの独自OSとバッテリーを搭載。PCもスマホも一切不要で利用できるワイヤレスヘッドマウントディスプレイ

中国でVR関連製品機器の企画・開発・販売やVRソフトウェアの開発・運用を行うIDEALENSが、VRヘッドマウントディスプレイの第2世代モデルとして発表したのがIDEALENS K2だ。最大の特徴は、Androidベースの独自OSとバッテリーを搭載し、PCもスマホも一切不要で利用できること。本体には、サムスンのSoC「Exynos 7420」や3G LPDDR3メモリー、32G eMMCなどが搭載されており、VRヘッドマウントディスプレイにスマートフォンがそのまま内蔵されているようなイメージだ。これらのハードウェア・ソフトウェアを用いることで、スマートフォンやPCがなくても、VRヘッドマウントディスプレイ単体でVR体験が完結するようになっている。

VRヘッドマウントディスプレイ単体でVR体験を楽しめるIDEALENS K2。PCやゲーム機、スマートフォンなどは一切不要だ

VRヘッドマウントディスプレイといえば、「PlayStation VR」や「Oculus Rift」、「HTC Vive」といった専用モニターを内蔵するスタンドアローンタイプ、「Gear VR」や「Daydream」といったバッテリーを内蔵し、スマートフォンをモニター代わりに利用するモバイルVRタイプ、「Cardboard」や「ハコスコ」といった簡易VRタイプがこれまでに存在していた。スタンドアローンタイプはハイクオリティなVR体験を実現できるものの、PCやゲーム機と接続して使うため、モバイルVRタイプに比べると取り回しが難しく、逆にモバイルVRタイプは、スマートフォンをモニター代わりに使うため、スタンドアローンタイプに比べるとクオリティが低いという課題があった。今回登場したIDEALENS K2は、バッテリーを内蔵することでモバイルVRタイプのような取り回しを、専用の光学系を用いたディスプレイでスタンドアローンタイプのようなクオリティを実現し、スタンドアローンタイプとモバイルVRタイプのいいとこどりをした製品となっているわけだ。

PlayStation VRやHTC Viveがハイエンド、Gear VRがミドルレンジという位置付けなら、IDEALENS K2はアッパーミドルという位置付けになるという

しかもIDEALENS K2がすごいのは、その圧倒的な軽さだ。専用の光学系を用いたたディスプレイとバッテリーを内蔵しているにも関わらず、重量は295gと非常に軽量となっている。約610gの「PlayStation VR」よりも軽いというのはなんとなく納得できるが、スマートフォンを装着していない「Gear VR」の約318gよりも軽いというのだから驚きだ。360度全方位のVR体の場合、首を動かすことが非常に多くなるので、体への負担軽減の意味でも、本体がこれだけ軽いというのはやはり魅力的と言える。頭をヘッドマウントディスプレイの前後で挟み込むだけという非常に簡単な装着方法で、手軽にVRを楽しめるという点もうれしいポイントだ。

重量295gというVRヘッドマウントディスプレイとしては驚異的な軽量ボディを実現

重量295gというVRヘッドマウントディスプレイとしては驚異的な軽量ボディを実現

ゴーグル部分と本体後部のアームで頭を挟み込むように装着する。同社は3秒で装着できるとアピールしていた

ディスプレイを覆うゴーグル部分と本体後部のアームで頭を挟み込むように装着する。同社は3秒で装着できるとアピールしていた

さらに、IDEALENS K2では視野角120度を達成しているというのも見逃せないポイントだ。モバイルVRタイプの製品の場合、スマートフォンをモニターにする関係で、視野角がどうしても狭くなってしまうが、IDEALENS K2では専用の光学系を用いることで、HTC ViveやOculus Riftの110°を上回るスペックを実現している。ちなみに、発表会では実機を使ったタッチ&トライコーナーがあり、筆者もいくつかのコンテンツを体験してみたが、筆者がメガネをかけているためか、ディスプレイを覗き込んでいるようなイメージで、過去に体験したHTC Viveよりも広いという感じはあまりなかった。このあたりは人によって体感の差があるのかもしれない。

独自の光学レンズを採用し、120°の視野角を実現したという

独自の光学レンズを採用し、120°の視野角を実現したという

会場のタッチ&トライコーナーの様子

会場のタッチ&トライコーナーの様子

このほか、ディスプレイは有機ELで、解像度は2.5K。リフレッシュレートは最大90Hz、レイテンシーはPlayStation VRの18msを上回る17msを実現しているという。通信機能は、Wi-FiやBluetoothのほか、4G LTEもサポート。コンテンツについては、独自のアプリストアからWi-Fi経由でダウンロードできるほか、Androidアプリにも対応するという。インターフェイスは、SDカードスロット、充電用のmicro USB、オーディオ入力端子を装備する。

Bluetoothを使って外部のコントローラーとも連携可能だ

Bluetoothを使って外部のコントローラーとも連携可能だ

これまでにないアプローチの製品。普及のカギはコンテンツ

独自OSとバッテリーを内蔵し、屋内・屋外問わず本格的なVR体験を楽しめるというアプローチは非常に面白い製品だが、普及するかはやはりコンテンツ次第だろう。今秋発売予定ということもあり、今回のイベントでは、ハードウェアの価格や細かなスペック、コンテンツの提供方法などについては明らかにされなかったものの、コンテンツについては、Daydreamの認証についても取得していきたいという興味深い話があった。今秋といえば、PlayStation VRやDaydreamが投入される時期で、このタイミングでいかにコンテンツが用意されているかがかなり重要になってくる。Daydream認証を取得できれば、Daydream対応デバイス向けに用意したコンテンツがそのまま使えるので、コンテンツ量は心配なさそうだが、仮にDaydream認証を取得できなかった場合、IDEALENS社だけでどこまでコンテンツが用意できるかが普及を大きく左右しそうだ。これまでにないかなり尖った製品なのは間違いないので、今秋の日本市場投入までにこのあたりをしっかりと準備してほしいところだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.28 更新
ページトップへ戻る