ニュース
すぐVRコンテンツを楽しめる、ゴーグルとコンテンツをセットにしたスマホが登場!

仏AlcatelのVR標準対応スマホ「IDOL4」発表会レポート

TCLコミュニケーションは、先日ドイツで開催された家電見本市「IFA2016」で発表されたフランスの通信機器ブランドAlcatel(アルカテル)のスマートフォン「IDOL4」と、「SHINE LITE」の2機種を発表、11月下旬以降、順次発売を開始する。専用のVRゴーグルを同梱する「IDOL4」を中心に、各機種の特徴をレポートしよう。

発表会では、フランス語を操る春香クリスティーンさんが「IDOL4」と「SHINE LITE」をアピール。VRコンテンツを実際に体験し、驚きの声を上げていた

VRゴーグルとコンテンツがセットで、すぐにVRを楽しめる「IDOL4」

「IDOL4」は、1080×1920のフルHD表示に対応する約5.2インチの液晶ディスプレイを備えたSIMフリースマートフォン。ボディサイズは、約72.5(幅)×147(高さ)×7.1(厚さ)mm。重量約135gのボディは、側面にメタルフレーム、背面にガラスを配置しており、手ざわりが滑らかだ。

基本性能は、クアルコムのオクタコアCPU「Snapdragon 617(1.5GHz×4+1.2GHz×4)」に、3GBのRAM、16GBのROM、512GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせている。プリインストールされるOSはAndroid 6.0。

LTEの対応バンドは、B1/3/7/18/19/20となっており、NTTドコモ系のSIMカードに加えて、au系のSIMカードも利用可能。なお、3GネットワークはNTTドコモのWCDMA方式のみで、auのCDMA2000には対応していない。しかし、VoLTEに対応しているため、auのVoLTE対応SIMカード「au Nano IC Card 04」と組み合わせれば、データ通信と音声通話の両方が利用できる。

センサー類としては、GPS、加速度センサー、近接センサー、ライトセンサー、電子コンパスの一般的なセンサーに加えて、ジャイロセンサーも搭載されている。充電やデータ転送に使うUSBポートには、一般的なmicroUSBを使用。NFCポートも搭載されている。カメラは、メインカメラが約1300万画素で、F2.0のレンズとデュアルLEDフラッシュを搭載。サブカメラは約800万画素で、視野角84度の広角レンズが組み合わされている。

本機最大の特徴である、VR(バーチャルリアリティ)機能だが、製品パッケージに専用のVRゴーグルが同梱されているほか、動画、静止画、ゲームなどのVR用コンテンツもプリインストールされている。そのため、本機の製品パッケージだけで追加費用なしにVRコンテンツを楽しむことができる。

カラーバリエーションは。ゴールドとメタリックシルバーの2色を用意。価格は34,800円(税別)で、11月下旬より発売される。

液晶ディスプレイはフルHD表示に対応。サイズや重量が手ごろなうえ、手ざわりも良好

液晶ディスプレイはフルHD表示に対応。サイズや重量が手ごろなうえ、手ざわりも良好

左側面に、電源ボタンが配置されている

左側面に、電源ボタンが配置されている

上面には、ヘッドホン端子が備えられている

上面には、ヘッドホン端子が備えられている

下面に配置されるmicroUSBポート。急速充電規格のQuickCharge 2.0と、USBメモリーなどを接続できるUSB OTGに対応しており機能性は高い

右側面中央部分に見える丸型のボタン「BOOM KEY」は、スタンバイ時に2回押すことでカメラの起動と撮影が行えるほか、写真のコラージュや動画のエフェクトなどのユニークな機能をすばやく呼び出すことができる。また、ボリュームボタンも右側に配置されている

付属のVRゴーグルにIDOL4を装着したところ

付属のVRゴーグルにIDOL4を装着したところ

VRゴーグルの下には2個のボタンを装備。首ふり動作とこのボタンで、VR視聴時の操作を行う

VRゴーグルの下には2個のボタンを装備。首ふり動作とこのボタンで、VR視聴時の操作を行う

指紋センサーを備えるスタイリッシュな1台「SHINE LITE」

もう1台の「SHINE LITE」は、720×1280のHD表示に対応した約5.0インチ液晶を備えたエントリーモデルだ。ボディサイズは、約71.2(幅)×141.5(高さ)×7.45(厚さ)mm。重量は約156gとなっており、IDOL4よりも20gほど重い。

基本性能を見ると、メディアテックのオクタコアCPU「MT6737(1.3GHz×8)」に、2GBのRAMと16GBのROM、128GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせている。OSは、Android 6.0。

LTEの対応バンドは、B1/3/7/19/26だが、こちらもVoLTE対応となっているので、NTT
ドコモ系のSIMカードに加えて、au系のSIMカードも利用可能となっている。なお、こちらは、auのLTEではメインで使われているB18に対応していないので、IDOL4と通話エリアの違いがあることが予想される。

センサーとしては、加速度センサー、接近センサー、電子コンパス、指紋センサーを搭載。microUSBポートを備えるがQuick Charge 2.0は利用できない。NFCポートも搭載されていない。メインカメラは約1300万画素でデュアルLEDフラッシュを搭載する。サブカメラは約500万画素だが、ピースサインを認識して自動で撮影する「GESTURE SHOT(ジェスチャーショット)」機能を備えており、自撮りが簡単に行える。

カラーバリエーションは、ピュア・ホワイト、サテン・ゴールド、プライム・ブラックの3色を用意。価格は21,800円(税別)。発売は12月を予定している。

表面裏面の両方に曲面の2.5Dガラスを採用している

表面裏面の両方に曲面の2.5Dガラスを採用している

指紋センサーを備えた背面。カメラ部分の凹凸もなくフラットだ

指紋センサーを備えた背面。カメラ部分の凹凸もなくフラットだ

メインカメラはデュアルLEDフラッシュを備えており、暗い場所でも自然な色合いで撮影が行える

メインカメラはデュアルLEDフラッシュを備えており、暗い場所でも自然な色合いで撮影が行える

左側面にボリュームと電源の各ボタンが配置されている

左側面にボリュームと電源の各ボタンが配置されている

ボディ上面にヘッドホン端子を装備

ボディ上面にヘッドホン端子を装備

下面にはmicroUSBポートが配置されている。なお、急速充電やUSB OTGには非対応だ

下面にはmicroUSBポートが配置されている。なお、急速充電やUSB OTGには非対応だ

左から、プライム・ブラック、サテン・ゴールド、ピュア・ホワイトの各カラーバリエーション

左から、プライム・ブラック、サテン・ゴールド、ピュア・ホワイトの各カラーバリエーション

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る