ニュース

一度に5着をリフレッシュ可能! ホームクリーニング機「LG Styler」から大容量モデル「S5MB(ミラー)」が登場

LGエレクトロニクス・ジャパンが、スチームウォッシュ&ドライ「LG styler(LG スタイラー)」の新モデルを発表。新製品発表会にて初お披露目となった大容量モデル「S5MB(ミラー)」についてレポートします。発売開始は2022年3月15日、価格はオープンで、実売想定価格は320,000円前後(税込)。

シワ取り、99%のウイルス低減などの基本性能はそのままに、大容量化を実現

スーツ、制服、ハイブランドの洋服も、ワンタッチで洗い立てのようにリフレッシュできる――。衣類のシワとニオイの除去、そして除菌ができる衣類ケア家電「LG styler」。「洗濯できない服はクリーニング店に出す」という従来の概念を覆す画期的な家電製品として注目された本機ですが、今年で日本発売5周年を迎えました。

その節目に合わせて発表された「S5MB」。すでに発売されているトータルケアシリーズの「S3WF」「S3MF」に並ぶラインアップの位置づけとなりますが、ハンガーでの収納アイテム数を3着から5着に増やした大容量モデルとなります。それにともない、本体サイズが全体的にひと回り大きくなり、これまで以上にロング丈のコートや肩幅の広いジャケットなども収まりやすくなりました。

ドアは高級感のあるブラックミラー仕立て。ブラックなので若干暗さは感じますが、しっかり反射するので、姿見としても使えます。なお側面のカラーリングは深みのあるグレー。サイズは600(幅)×605(奥行)×1960(高さ)mmで、本体重量は100kg(製品のみ)となっています。本体にくわえ、ハンガー3本、ズボンハンガー1本、取り外しができる棚が付属します

ドアは高級感のあるブラックミラー仕立て。ブラックなので若干暗さは感じますが、しっかり反射するので、姿見としても使えます。なお側面のカラーリングは深みのあるグレー。サイズは600(幅)×605(奥行)×1960(高さ)mmで、本体重量は100kg(製品のみ)となっています。本体にくわえ、ハンガー3本、ズボンハンガー1本、取り外しができる棚が付属します

操作部はフラットなLEDタッチパネルを採用。アイコンをタッチして、コース選択を行います。アイコンは左から、リフレッシュ(しっかり、標準、おいそぎ)、専用ケア(スーツ/コート、ウール/ニット、スポーツウェア、ダウンロード)、除菌/衛生(標準、寝具、花粉ケア、しっかり)、乾燥(標準、タイマー乾燥、室内の除湿)、予約タイマー。右上の数字は、各コースの運転時における、残り時間のカウントダウン表示です(写真の場合、リフレッシュコース「標準」設定で、残り時間が48分ということを示しています)

操作部はフラットなLEDタッチパネルを採用。アイコンをタッチして、コース選択を行います。アイコンは左から、リフレッシュ(しっかり、標準、おいそぎ)、専用ケア(スーツ/コート、ウール/ニット、スポーツウェア、ダウンロード)、除菌/衛生(標準、寝具、花粉ケア、しっかり)、乾燥(標準、タイマー乾燥、室内の除湿)、予約タイマー。右上の数字は、各コースの運転時における、残り時間のカウントダウン表示です(写真の場合、リフレッシュコース「標準」設定で、残り時間が48分ということを示しています)

電源オフの状態ではLEDも消灯するため、一見家電だとわからないくらいインテリアになじみやすい見た目に

電源オフの状態ではLEDも消灯するため、一見家電だとわからないくらいインテリアになじみやすい見た目に

ハンガーラック部分。ハンガーを等間隔に並べられるデザインなので、ひとつひとつ接触せずにひっかけられます

ハンガーラック部分。ハンガーを等間隔に並べられるデザインなので、ひとつひとつ接触せずにひっかけられます

トータルケアシリーズだけに搭載されている「ズボン折り目ケア」。いわゆるズボンプレッサーの役割を果たすものですが、このたびの本体のサイズアップにともない、こちらの対応サイズもアップ。幅112cm、丈の長さ115cmまでセットできるようになり、ゆったりとしたワイドパンツの折り目ケアも可能に

トータルケアシリーズだけに搭載されている「ズボン折り目ケア」。いわゆるズボンプレッサーの役割を果たすものですが、このたびの本体のサイズアップにともない、こちらの対応サイズもアップ。幅112cm、丈の長さ115cmまでセットできるようになり、ゆったりとしたワイドパンツの折り目ケアも可能に

気になるのが、「今回の大容量化にともない、除菌や消臭効果が弱くなっていないか」ということ。ですが、結論から言うと、従来モデルと変わりません。さらに、新しいコースがひとつ増えました。

普通クリーニングに出さなくてはいけないような衣類も自宅でリフレッシュできる「LG styler」。実はその仕組みはシンプルです。まず本体に給水タンクをセットするというひと手間はありますが、その後は各コースを選択すれば、あとは自動運転。基本のリフレッシュコース(運転時間約48分)では、密閉された庫内で、独自の「TrueSteam™テクノロジー」によるスチームを循環させるとともに、1分間あたり最大180回というハンガーラックの小刻みな振動を発生させます。その相乗効果によって、衣類のシワ取りと消臭、除菌ができるというのが、「LG styler」の基本性能となります。なお、除菌に関しては、ダニや花粉、菌、ウイルスにおいて99%以上の低減が認められているとのこと。

仕上げは、生地がダメージを受けにくい低温乾燥で、デリケートなファッションアイテムの乾燥機としても活用可能。またこの乾燥機能にフォーカスした、室内用の除湿コースも備わっており、本機の扉を空けた状態で使用できます。

今回の「S5MB」は大容量化しましたが、スチーム量やリフレッシュコースの運転時間は従来モデルと変わらず、また、従来モデルに劣らないクリーニング性能を備えています。さらに本機では、新たに「シルクケアコース」に対応。これは標準搭載ではなく、専用スマホアプリ「LG ThinQ」経由で提供されるダウンロードコースで、シルク製ネクタイなど、繊細なシルク素材の衣類をクリーニングするのに便利です。これまでダウンロードコースだった「花粉ケアコース」については、標準搭載されました。花粉の表面に付着するアレル物質と、花粉内部のアレル物質の両方を99%以上低減させる効果が見込めるコースで、花粉症人口が多い日本のニーズに寄り添って今回標準搭載となったそうです。

そのほか、給水タンクのそばに小物入れが追加されたりと、使い勝手もよくなっています。

空の状態はこちら。電源が入ると、背面にある丸いライトが青く点灯します

空の状態はこちら。電源が入ると、背面にある丸いライトが青く点灯します

従来モデルと同じく、底の奥には衣類に香りづけができる「アロマフィルター」をセットでき、LG styler専用のアロマシートや、好みのフレグランスを吹きかけたコットンをセットして使うことができます。その前にあるのは空気の吹き出し口で、ここから気流が発生。右側にはTrueSteam™ノズルがあり、スチームが噴射されます

従来モデルと同じく、底の奥には衣類に香りづけができる「アロマフィルター」付きで、LG styler専用のアロマシートや、好みのフレグランスを吹きかけたコットンをセットして使うことができます。その前にあるのは空気の吹き出し口で、ここから気流が発生。右側にはTrueSteam™ノズルがあり、スチームが噴射されます

手前にあるのは空気の取り入れ口。ホコリをキャッチするプレフィルターがついています

手前にあるのは空気の取り入れ口。ホコリをキャッチするプレフィルターがついています

本体下部には、スチームを発生させる元となる給水タンクと、洗浄水を溜めておく排水タンクがあります。従来モデルよりもそれぞれタンクの口が広がり、給水やお手入れのしやすさがアップ

本体下部には、スチームを発生させる元となる給水タンクと、洗浄水を溜めておく排水タンクがあります。従来モデルよりもそれぞれタンクの口が広がり、給水やお手入れのしやすさがアップ

また、真ん中には、小さな収納スペースが新たに設けられました。ファッション小物や拭き取り掃除用のふきんを入れたりと、自由に使えます

また、真ん中には小さな収納スペースが新たに設けられました。ファッション小物や拭き取り掃除用のふきんを入れたりと、自由に使えます

最後に補足となりますが、「LG styler」はどんな衣類にも対応しているわけではなく、推奨されているのは、スーツ、ブラウス、コート、レインコート、水着となります。なおファー、レザー、シルク製の衣類は、ダウンロードコースとして提供されている「エアフレッシュコース」あるいは「シルクケアコース」でお手入れ可能です。ビニール素材の衣類、糊付けされた衣類、そして靴は使用不可となっていますので、ご留意ください。

小堺 寛子(編集部)

小堺 寛子(編集部)

主に生活家電を担当。機能美や職人技が根づいたものを見ると、テンションがあがります。映画と山と、趣のある町が好きです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る