ニュース
吸引力は10倍に! 清掃性能が向上&専用アプリも登場

今度の「ルンバ」はカメラ付き! ルンバ史上最高性能モデル「980」が誕生

“元祖ロボット掃除機”ルンバ(アイロボット)に、“ルンバ史上最高性能”とうたわれる「ルンバ980」が誕生する。10月10日発売予定で、市場想定価格は125,000円(税別)。カメラとセンサーによって得た情報から部屋の“地図”を作る新しいナビゲーションシステムを採用し、これまで以上に効率的に清掃できるのが特徴だ。また、モーターユニットの進化により吸引力も最大10倍(700シリーズと比較)にUP。さらに、本体にWi-Fi機能を内蔵。専用アプリで外出先からの操作が可能になるほか、清掃モードなどの設定法もよりシンプルになる。

アイロボットCEOコリン・アングル氏。「今回の発表は初代ルンバ以来の大発表。ルンバ980はロボット業界にとっても革新的存在となる製品」と語った

ついに「マッピングシステム」を採用! 清掃効率が大幅にUP

ロボット掃除機の魅力は、「スイッチを押すだけで、ほおっておいても自動で部屋を掃除してくれる」点だ。「ルンバ980」では、そのためのナビゲーション技術が大きく進化した。「ルンバ980」には、これまでの最上位モデル「ルンバ800」シリーズに搭載されている数十個のセンサーから送られる情報を元に部屋の状況を把握する人工知能「iAdopt」に加え、同社独自のマッピング技術「vSLAM」を導入。本体上部にカメラ、底面に方向や移動距離を計測できる「フロアトラッキングセンサー」を搭載した。これが、ルンバの新しい人工知能「iAdopt2.0ビジュアルローカリゼーションシステム」だ。「iAdopt2.0」により、「ルンバ980」はフロアの間取りを認識して“地図”を作る「マッピング」とルンバ自身の位置情報の把握を同時に行うことが可能となった。

サイズは353(幅)×92(高さ)mm、重量は約3.9kg(バッテリー含む)

サイズは353(幅)×92(高さ)mm、重量は約3.9kg(バッテリー含む)

運転を開始すると、「ルンバ980」は清掃しながらカメラで室内の特徴となるポイントを記憶することでマッピングを行う。マッピングシステムを搭載したロボット掃除機はほかにもあるが、清掃とマッピングを同時に行うのが「ルンバ980」のすごいところ。なお、“地図”は掃除のたびに作り直されるため、記憶はされない。

広いスペースでは平行線を描くように効率的に清掃し、家具の下など障害物の多い場所でも動き方のパターンを変えることでスムーズに動き続ける。これまでのランダム走行とは違い、清掃済みの場所を重複して走ることが少なくなるため掃除が早く完了したり、より広範囲の清掃できるようになった。

カメラ(写真上)で部屋の状態を把握し、「フロアトラッキングセンサー」(写真下)は赤外線の光を利用して移動距離などを計測。ルンバ自身の位置や清掃されていない所を判断する

このようにカメラとセンサーでマッピングしながら走行するため「もしカメラの上に物が乗ってしまったら掃除が止まるのでは?」と思われるかもしれないが、その点は心配ない。万が一カメラの上に物やペットが乗ってしまった場合も、「フロアトラッキングセンサー」やほかのセンサーによってマッピングを継続。稼動範囲は狭くなるものの、ひと部屋程度であれば問題なく清掃できるという。

カメラ部分にクロスをかけてその上から猫のぬいぐるみを乗せたデモンストレーションでも、「ルンバ980」はスムーズに走行。いたずら好きの猫がいる家庭でも安心だ

連続稼働時間は2時間、稼動面積は最大112畳

バッテリーも強化している。リチウムイオン電池を採用し、約3時間の充電で最大2時間の通常清掃が可能。これは「ルンバ800」シリーズの2倍だ。一度に清掃できる範囲も、「ルンバ800」シリーズの最大25畳から最大112畳へと大幅に拡張。自宅だけでなく、オフィスの掃除にも対応可能なスペックとなっている。ちなみに、稼働時間内なら清掃可能な部屋数に制限はない。バッテリーが少なくなると、自動で最短距離を通ってホームベースに戻って充電。充電完了後に、途中で終わった所に戻って清掃を再開する。

新たな強力モーターの採用で吸引力は10倍に

続いて、掃除機の性能のポイントとなる吸引力について。これまでのルンバは、同じポイントを複数回あらゆる角度から走行することで高い清掃力を実現していた。いっぽう「ルンバ980」は、基本的に1か所に一度しか通らない。そのため、従来モデル以上の清掃性能を担保するためには、より高い吸引力が求められることとなる。そこで、ルンバ独自の清掃機構に最新の強力なモーターを搭載。一度の走行での吸引力が「ルンバ800」シリーズの2倍、「ルンバ700」シリーズの約10倍に向上した。

「ルンバ800」同様、ブラシの代わりに特殊素材のローラーを採用。床の材質に関わらずゴミをしっかり集め取るだけでなく、髪の毛などが絡みつきにくいのでお手入れが簡単

床の材質を判断して賢く掃除する「カーペットブースト」機能

清掃力を高めるものとして、新機能「カーペットブースト」も搭載している。底面のローラーに回転負荷がかかることでカーペットを認識し、自動で気流の量を10倍に引き上げて吸引力を通常運転時の2倍にする機能だ。

下の動画は「ルンバ980」がカーペットからフローリングに降りた時の様子。運転音が小さくなり、吸引力も抑えられたことがわかる。

また、ゴミや汚れが多い場所をセンサーで感知し、キレイになったと判断するまでブラッシング動作を繰り返す「ダートディテクトモード」を「ルンバ800」シリーズから引き続き採用している。

より使いやすく! 専用アプリが登場

「ルンバ980」は本体にWi-Fi機能を内蔵し、専用の「iRobot HOME」アプリに対応。スマートフォンやタブレットでの操作が可能になった。外出先から操作できるのはもちろん、自宅にいる時も本体のボタンではなくアプリを使用すれば、腰をかがめずに操作できるといったメリットもある。また、毎週指定したタイミングで自動的に清掃を始める「スケジュール機能」の設定も、アプリを使用すればより簡単に。本体での操作は面倒だというユーザーでも活用しやすくなるはずだ。アプリは毎月アップデート予定で、できることも増えていく予定だという。

清掃をスタートさせる時は、アプリ画面の「CLEAN」ボタンをタッチするだけ

清掃をスタートさせる時は、アプリ画面の「CLEAN」ボタンをタッチするだけ

「スケジュール機能」の設定、清掃モードの設定や確認も本体で行うよりも簡単

「スケジュール機能」の設定、清掃モードの設定や確認も本体で行うよりも簡単

掃除履歴もアプリで確認できる

掃除履歴もアプリで確認できる

「ルンバ980」はロボット掃除機への懸念を解消できるモデル

「ルンバ980」の発売により、ルンバのラインアップは「622」「654(10/10発売予定)」「885」「875」「980」の5機種に。「ルンバ980」はシリーズで初となる10万円越えの製品となり、ロボット掃除機の中でも特に高価格のモデルだ。

ルンバの日本国内正規代理店であるセールス・オンデマンドは、この価格設定について「ルンバ980のテクノロジーがユーザーに提供する価値はこの価格に値すると考えている」とし、「調査では、ロボット掃除機を使っていない世帯の多くが“本当にきれいに掃除してくれるのか”“使い方が難しいのでは?”という懸念から購入に踏み切れないでいる。従来モデルより清掃性能が高く操作もより簡単になったルンバ980は、そんな懸念を払拭できる製品」と語った。

「ルンバ622」(左)と同等の性能に「スケジュール機能」が追加された「ルンバ654」(右)も同日発売となる。市場想定価格は54,000円(税別)

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る