新製品レポート
ダイソンいわく「布団クリーナーは、ハウスダスをしっかり吸うことができてこそ効果がある」

本当の布団ケアは叩いてもUVでもダメ?「Dyson V6 Mattress+」の実力とは

布団クリーナーは2013年ころから売り上げを伸ばし、今では掃除機売り上げ全体の約2割を占める一大ジャンルとなっている。国内大手メーカーもその市場を開拓した「レイコップ」に追随し、次々と新製品を投入。そんなか、やや後発ながら“吸引力の変わらない掃除機”でおなじみのダイソンも、2015年に「ダイソン V6 マットレス」を発売。好評を得ている。そして今回、その「ダイソン V6 マットレス」にさらに付属品がプラスされた「ダイソン V6 マットレス プラス」が登場した。

「ダイソン V6 マットレス プラス(Dyson V6 Mattress+)」。価格はオープンで、市場想定価格は4,4800円。サイズや性能など、本体の仕様変更はない

付属品。上段左から、ミニ モーターヘッド、隙間ノズル、コンビネーションノズル、フトンツール、延長ホース。下段がプラスされた、ミニソフトブラシ、ハードブラシとなる

これを受け、同社ではその実力と寝具掃除の重要性をアピールするイベントを開催。さらに、ダイソン V6 マットレス プラスを使って“100人の寝どこを調査する”というユニークなキャンペーンもスタート。その詳細をお届けしよう。

ダイソン V6 マットレス プラスの吸引力をアピールする実験も実施(その結果は以下の動画で!)

ダイソン V6 マットレス プラスの吸引力をアピールする実験も実施(その結果は以下の動画で!)

高い吸引力だからこそできる! ダイソンの考えるダニ対策とは

まずは、ダイソンの考えるダニ対策を紹介しよう。ずばり、ダイソンいわく、昨今の布団クリーナーに搭載されている「布団を叩く」「UVランプを照射する」という機能は、ダニに効果的ではないという。それらの製品に搭載されている叩き機能では生きているダニをたたき出すことはできないし、また仮にたたき出された場合でも、吸引力の弱さから、結局布団に残されたままになっているという。また、UVランプも、製品に搭載されているレベルのものでは1か所に60秒以上照射しなければダニを死滅させることは困難だというのだ。

ちなみに、ベッドには200万匹以上のダニやダニの死骸が存在しているのだそう。しかも人の皮膚は、数週間で約28g剥がれ落ち、それエサにするダニは1日20回もフンをするという……

ダイソンの方針は、このように“生きているダニ”にダメージを与えたり除去しようとするのではなく、アレルギーの原因となるダニのフンや、ダニのエサになる人の皮膚などのハウスダストをベッドや布団からしっかり取り除くことで、アレルギーを抑えながらダニを退治していこうというもの。これこそダイソンの真骨頂。パワフルな吸引力がなければできないケアといえるだろう。

上の動画は、ダイソン V6 マットレス プラスの高い吸引力をアピールするために行われたデモンストレーション。マットレスの上に小麦粉を撒き、その上に汗取りパッド、コットンシーツをかけ、一般的なベッドと同じような状態で吸引力の実験を行ったものだが(いずれの製品も、モードがある場合は「強モード」で2往復吸引)。中央のダイソン V6 マットレス プラスだけが、仕込まれた小麦粉をしっかりと吸引しているのがわかる。

本体サイズは、144(幅)×208(高さ)×399(奥行)mm。重量は1.63kg(前モデルより変更なし)

本体サイズは、144(幅)×208(高さ)×399(奥行)mm。重量は1.63kg(前モデルより変更なし)

性能面の変更もなく(同社コードレス掃除機「Dyson V6」シリーズと同等)、毎分最大11万回転の「ダイソン デジタルモーターV6」や、風量を強めて微細なゴミを捕らえる「2 Tier Radial サイクロン」を搭載。また、高性能な「ポストモーターフィルター」と密閉性の高い設計で、0.3ミクロンもの微細な粒子やアレルゲンを99.97%以上捕えて除去。さらに、「HEPAフィルトレーション技術」により、もとの室内の空気よりもきれいな空気を排出できる点も大きな特徴となっている。

2層に配置された15個のサイクロンが同時に機能する「Tier Radialサイクロン」技術により、より多くのハウスダストを捕らえて逃がさず、高い粒子捕じん率を達成しているという

体験を通じて寝具ケアの大切さを知ってもらいたい
「ダイソン“100人の寝どこ”キャンペーン」

なお、ダイソンでは、ダイソン V6 マットレス プラスの“変わらない吸引力”と高い集塵性能、そして、寝具掃除の重要性を訴求すべく、最大100人のモニターによる「ダイソン 100人の寝どこ」キャンペーンを開催。ダニやダニの死骸、カビなどの「ハウスダウスト」が増える夏場に、しっかりと吸うハンディークリナーを自宅のベッドで実際に使ってもらい、その体験をとおしてダイソン V6 マットレス プラスの優位性をアピールするのが狙いだ。

なお、使用後にSNSへの投稿やアンケート回答などの条件を満たしたモニターの方には製品がプレゼントされる。モニター募集は、2016年7月5日より、ダイソンのサイトにて開始。興味のある方は、ぜひこの機会を利用してみてはいかがだろう。

今回の発表会に参加した記者もキャンペーンのモニターに。参加条件の1つである“自宅ベッドでのハウスダスト採取”の方法が、同社の研究員によってていねいにレクチャーされた。分析結果が怖いような楽しみなような……

ちなみに、発表会イベントで記者に配られたノベルティーは、「数週間で人から剥がれ落ちる皮膚の量に相当するお米」。何と2合分だそう……

高橋美幸(編集部)

高橋美幸(編集部)

家電製品アドバイザー。家電製品を中心にレポート・レビュー記事を担当。趣味は、バイクとカメラと作業中の家電の働き具合を監視すること。特に洗濯機。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る