特集
シチュエーションに合わせて選ぶのが吉!

BBQがどんな状況でも快適に楽しめる「コンロ&ストーブ」10選

燃料別に「コンロ」「ストーブ」「バーナー」を10アイテム紹介

燃料別に「コンロ」「ストーブ」「バーナー」を10アイテム紹介

アウトドアの楽しみといえば、何といっても料理。その料理に必須なのが、熱源となるコンロやストーブです。

製品を選ぶポイントは、「燃料」「大きさ・形状」の2点。燃料によって扱いやすさやコストが変わり、大きさや形状によって持ち運びやすさや調理方法が変わります。

そのため、たとえば徒歩や自転車、バイクならコンパクトなサイズの製品に、大人数なら2バーナーの製品にするなど、シーンに応じた製品選びが必要になるわけです。また、キャンプや登山など、いろいろなシーンで共用したい場合には、汎用性も重要でしょう。

そこで今回は、さまざまな燃料や形状の「コンロ」や「ストーブ」を紹介します。自分の利用シーンにあった製品を選んでください。

【目次】
・アウトドアガス缶を利用する製品
・カセットガスを利用する製品
・炭を使用する製品
・そのほかの燃料を使用する製品

アウトドアガス缶を利用する製品

アウトドアガス缶(略称:OD缶※1)は、液化ブタンなどが注入された缶を、対応器具に接続して使います。キャンプや登山、釣りなど、アウトドアで広く使われているため、対応する器具が非常に多いのが特徴。調理器具だけでなく、ケースや脚といったアクセサリーも豊富です。

いっぽうで、燃焼させると缶の温度は下がり、火力が弱まってしまうという性質も。そのため、気温が低い状況での使用には注意が必要です。そのためOD缶の中には、低温に強いイソブタンやプロパンを利用する製品もあります。

※1:OD缶の接続部は共通の形状になっており、どのOD缶も使える製品はあります。しかし、メーカーによっては使用できるOD缶が指定されているものも。その場合には、メーカー指定のOD缶を使用しましょう。

家庭用コンロのように使える2バーナー式
コールマン「パワーハウスLP ツーバーナーストーブ II(レッド)」

「パワーハウスLP ツーバーナーストーブ II(レッド)」。公式オンラインショップ直販価格:12,744円(税込)

「パワーハウス LP ツーバーナーストーブII」は、OD缶用のバーナーを2つ装備したストーブ。ツマミをひねって点火や火力調節をするという、家庭用コンロに近い使い勝手です。そのため、ストーブ初心者でも簡単に使えるはず。

缶の上にバーナーを載せるのではなく、バーナーの下に缶をぶら下げるスタイルなので、重い調理器具を載せても安定します。火力は強く、しかも調理の効率を大幅にアップしてくれる2バーナー式なので、大人数でのバーベキューやオートキャンプに適しています。

【SPEC】
最大火力:約3500kcal/h×2
燃焼時間:約1.5〜3時間(470g缶使用時)
サイズ:幅640×高さ325×奥行520mm
重量:約4.2kg

超軽量だけど、火力も風防性も抜群!
新富士バーナー「ソト マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310」

「ソト マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310」。公式サイト直販価格:7,992円(税込)

本体重量約60gという超軽量コンパクトなストーブ。バーナーには外気温に左右されにくい「マイクロレギュレーター」を搭載し、気温-5℃の環境下でも20℃時と同等の火力を出せるのが大きな特徴です。

このルックスから風に弱いと思うかもしれませんが、実はバーナーヘッドはすり鉢状になっており、中心部からフチに向かって高くせり上がっています。また、そのフチには垂直な壁が立ち上がっているため、風防効果をより高めています。なお、標準で3本ゴトクが付属します。

とにかく小型軽量なので、荷物を軽くしたい徒歩のキャンプや登山に最適です。

【SPEC】
最大火力:2800kcal/h
燃焼時間:約1.5時間(同社のガス燃料「SOD-725T(230g)」使用時)
サイズ:幅90×高さ100×奥行117mm(バーナー+標準セット3本ゴトク使用時)
重量:約67g(バーナー+標準セット3本ゴトク使用時)

2分半で500mlの水が沸く
モンベル「ジェットボイル PCS FLASH」

「ジェットボイル PCS FLASH」。公式オンラインショップ直販価格:15,444円(税込)

「ジェットボイル PCS FLASH」。公式オンラインショップ直販価格:15,444円(税込)

「ジェットボイル PCS FLASH」は、少量のガスですばやくお湯を沸かせる、保温性の高いクッカー(鍋)と熱効率の高いストーブのセット。鍋底には、細かいヒダのような形状の「フラックスリング」が装着されており、バーナーの熱を外部に逃しにくい構造であるため、高速な沸騰時間と省燃費を両立させています。その沸騰時間は、0.5Lの水でわずか2分30秒ほど。専用のジェットパワー缶(内容量100g)を使用すれば、約12Lもの水を沸騰させることができます。

クッカーは側面にネオプレン製のカバーが装着されており、内側の熱を外部に逃さないので調理中でも側面を手で持てるほど。沸いたお湯を注ぐときにも便利です。

また、付属のゴトクを使えば、他の調理器具を使うことも可能。ライターいらずで着火できる自動点火装置や、グローブをした手でも使いやすい大型の火力調整ツマミなど、使いやすさにも配慮されています。

本製品は背の高い製品ですが、OD缶の底面に装着する三脚のスタビライザーで安定性を高めています。そして収納時には、クッカーの中にバーナー、OD缶、スタビライザー、ゴトクといった器具一式を収められるため、すっきりとまとまります。

寒い場所や風が強い場所でのキャンプで、お湯がなかなか沸かなくて困ったという体験をしたことがある人は多いはず。そのような場所でも安定させてお湯を沸かしたい場合や、インスタントのラーメンやスープ、そしてコーヒーなどをすぐに食べたい、飲みたいという人に最適です。

【SPEC】
出力:1134kcal/h
ガス消費量:100g/h
サイズ(収納時):直径104×高さ180mm
重量:470g(OD缶を除く)

カセットガスを利用する製品

カセットガス缶(略称:CB缶※)は、OD缶と同様に液化ブタンなどが注入された缶を、対応器具に接続して使います。「カセットコンロ用のガス」といえばわかる人も多いことでしょう。一般家庭でも広く使われているため、コンビニやスーパーでも取り扱われていることが多く、キャンプや登山に行く途中でも入手しやすいのが特徴。容量当たりの価格も、OD缶に比べて安い傾向にあります。

弱点は、液化ガスを使用しているため、OD缶と同様に低温に弱いという性質。そのため、低温に強いタイプのCB缶も販売されています。

※:CB缶も接続部は共通の形状になっており、どのCB缶も使える製品があります。しかしメーカーによってCB缶が特定されている場合には、そのCB缶を使用するようにしてください。

風防性が高いアウトドア仕様
イワタニ「カセットフー タフまる CB-ODX-1」

「カセットフー タフまる」。メーカー希望小売価格は、10,800円(税込)

「カセットフー タフまる」。メーカー希望小売価格は、10,800円(税込)

いわゆる「カセットコンロ」は、普段使っている台所のコンロと同じ感覚で使えるため、アウトドア初心者にもおすすめ。もちろん、アウトドアで本格的な料理をしたいベテランにも広く愛用されています。自宅に常備している人も多いだけに、アウトドアに自宅のコンロを持ち出して使っている人もいると思います。しかし一般のカセットコンロでは、コンロが汚れてしまったり、何よりアウトドアの天敵である「風」に弱いという問題があります。

そこで注目したいのが、アウトドア仕様のカセットコンロ「カセットフー タフまる CB-ODX-1」です。最大の特徴は、「ダブル風防ユニット」。外側のゴトク周りと内側のバーナー周り、2段構えの風防で風を遮ってくれるのです。通常の風防のように、鍋が小さくてすき間ができてしまうといったこともありません。そのいっぽうで、燃焼に必要な空気はきちんと取り込まれる構造になっているため、安定した火が持続します。さらに、「背の低い炎」を調理器具の底に大量に当てる「多孔式バーナー」を採用しているため、いっそう風に強いのです。

また風防以外にも、アウトドアに特化した要素がふんだんに盛り込まれています。本体の脚は熱に強い「アルミダイキャスト」製。キャンプで使いたい「ダッチオーブン」や「鉄スキレット」も余裕で使える耐荷重20kg。そして運搬と撤収を楽にする専用キャリングケースが付属、などです。

さらに、「カセットコンロと言えば」のイワタニ製なので、焼き肉プレートやたこ焼きプレートなど、別売の専用アクセサリーも充実しています。当然ながら通常のカセットコンロとしても使えるため、自宅での普段使いとしても重宝する「カセットフー タフまる CB-ODX-1」は、「そんなにアウトドアにハマるかわからないけど、とりあえずコンロを買って何かやってみたい」という人にもおすすめです。

【SPEC】
最大発熱量:2800kcal/h
連続燃焼時間:約75分(強火で)
ガス消費量:約236g/h
サイズ:幅341×高さ129×奥行283mm
重量:約2.4kg(ケースなし)

荒れ地でも設置しやすいモデル
新富士バーナー「ソト シングルバーナー ST-301」

「ソト シングルバーナー ST-301」。公式オンラインショップ直販価格:8,100円(税込)

「ソト シングルバーナー ST-301」。公式オンラインショップ直販価格:8,100円(税込)

OD缶を使うストーブは、どうしても調理器具の位置が高くなるので不安定になりがちです。その点、カセットコンロなら安定しているうえにCB缶なので燃料コストも安くすみますが、徒歩や自転車、バイクで運ぶとなると、重さと大きさが気になります。

そんな時に便利なのが、「ソト シングルバーナー ST-301」。ガスカートリッジを横倒しにして、バーナーには管でガスを供給する構造を採用しており、ゴトクをかなり低い位置に設置できます。そのため安定性は高く、ゴトクも大きめサイズなので、最大直径25cmの鍋が使えます。

また、ガスカートリッジとバーナーを別々の場所に置けるため、荒れ地など、広い平面を確保できない場所に設置しやすいのも便利なポイント。荷物は軽くしたいけど、大きめの鍋やフライパンでの調理はしたい、という場合にも向いています。

【SPEC】
最大火力:約3200kcal/h(「ST-760」使用時)
燃焼時間:約1.4時間(内容量240gの「ST-760」使用時)
サイズ:幅190×高さ83×奥行176mm
重量:約690g

炭を使用する製品

炭火焼きは、食材を直接加熱する調理方法。炭への着火や火力調節が難しく、残った炭の処理も面倒なので、使いこなすにはある程度の経験が必要です。

しかしせっかくアウトドアで調理をするなら、自宅ではなかなかできない炭火焼きにチャレンジしたいという人も多いはず。そのためには、使いやすい炭火コンロを選ぶところから始めましょう。

引き出し式ロストルで炭の補給や交換が簡単
コールマン「クールスパイダーステンレスグリル(シルバー)」

「クールスパイダーステンレスグリル(シルバー)」。公式オンラインショップ直販価格:7,538円(税込)

「クールスパイダーステンレスグリル(シルバー)」。公式オンラインショップ直販価格:7,538円(税込)

「クールスパイダーステンレスグリル(シルバー)」は、ステンレス製の炭火グリル。メッシュボディは通気性抜群で、炭の燃焼に必要な大量の酸素を十分に補給してくれます。

脚部は下部に向けてやや広がっているため、調理中も安定。脚の長さは2段階に調整でき、いま話題の「ロースタイル」でも使用可能です。

広い焼面は、火力を調整したいときに便利。炭を片側に寄せて使い、強火にしたいときは炭の近くで、そして炭から遠い場所で使えば弱火で焼けるというわけです。

多くの炭火グリルは、炭を追加するときに網や鉄板を持ち上げる必要があり、そのたびに焼いている食材をいったん退避させなければなりません。無理して食材を載せたまま網や鉄板を持ち上げ、食材が転がり落ちてしまったという経験をした人も多いでしょう。本製品は、炭が載っているロストル部分を横から引き出せるため、食材を載せたままでも簡単に炭の補給や灰のかき出しができるのです。

なお、鉄板と焼き網が付属し、さまざまな料理に幅広く対応します。

【SPEC】
焼面サイズ:横450×縦300mm
本体サイズ(使用時):幅510×高さ400〜700×奥行520mm
重量:約4.6kg

ローチェアーとともに“ソロバーベキュー”
ユニフレーム「ユニセラ TG-III」

「ユニセラ TG-III」。メーカー希望小売価格は、10,800円(税込)

「ユニセラ TG-III」。メーカー希望小売価格は、10,800円(税込)

「ユニセラ TG-III」は、超コンパクトなバーベキューグリル。側面の内側には凹凸のあるセラミックパネルを搭載しており、炭で熱せられると遠赤外線をさまざまな角度で食材に伝えます。さらに、外装のステンレスとの間には断熱空気層があり、熱を内側に閉じ込められるため、少ない炭で効率よく調理ができます。

また、底部のスリットからは常に大量の空気が吸い上げられ、炭に酸素を供給。強い火力を持続させ、追加した炭にもスムーズに火が移ります。

「バーベキューコンロ」といえば、テーブルから離れたところに置いて往復しながら焼いたり食べたりというイメージですが、「ユニセラ TG-III」であれば、「コンパクト」で「周囲が熱くなりにくい」という特徴を生かして、卓上バーベキューができます。イスに座ったまま、目の前で炭火焼きしながら食べるというのは新鮮な体験です。

使い方の提案としては、昼間のバーベキューは別の大型バーベキューコンロで行ない、夜になったらローチェアーの横に「ユニセラ TG-III」を置いて、ツマミを炭火で炙りながらお酒を飲む、という使い方が楽しいでしょう。

同モデルは地面に置いても使えるので、ローチェアーさえあれば“ソロバーベキュー”もできます

同モデルは地面に置いても使えるので、ローチェアーさえあれば“ソロバーベキュー”もできます

【SPEC】
サイズ(使用時):幅315×高さ190×奥行250mm
重量:約3.1kg

そのほかの燃料を使用する製品

アウトドア料理の燃料としては、上記の3つのほかに「ホワイトガソリン」「アルコール」「固形燃料」などがあります。なじみのないものもあるかもしれませんが、シチュエーションによってはとても便利に使えます。自分の用途に合いそうであれば検討してみましょう。

火力が強いホワイトガソリン燃料式
コールマン「413Hパワーハウス ツーバーナー」

「413Hパワーハウス ツーバーナー」。公式オンラインショップ直販価格:27,864円(税込)

「413Hパワーハウス ツーバーナー」。公式オンラインショップ直販価格:27,864円(税込)

「413Hパワーハウス ツーバーナー」は、燃料にホワイトガソリンを使うストーブ。「メインバーナー」と「サブバーナー」という、最大火力の異なる2つのバーナーを装備しています。

ホワイトガソリンとは、精製度合いの高いガソリンのことで、純度が高いためにススもほとんど発生しません。そのため、キャンプ用の燃料として利用されています。ホワイトガソリンの特徴は、低温に強いということ。液化ガスは気温が10℃以下になると火力が弱まりがちですし、0℃近くになると寒冷時用ガスを使っていても長時間の使用は難しくなります。しかしホワイトガソリンなら、たとえ気温がマイナスになっていても安定して最大火力が得られるのです。

ホワイトガソリンのストーブは、着火する前に「ポンピング」という作業が必須ですが、「413Hパワーハウス ツーバーナー」なら、「ポンピング」もスムーズに行なえます。また、堅牢な作りなので重い鍋も載せることができ、2バーナーなので大人数での料理にも対応します。

秋冬のキャンプでは、早朝の気温がマイナスになることも珍しくありません。そんな状況でも、起きてすぐにコーヒーを沸かして飲めるのは、ホワイトガソリンストーブならではの楽しみと言えるでしょう。

【SPEC】
使用燃料:ホワイトガソリン
最大火力:約3650kcal/h(メインバーナー)、約2750kcal/h(サブバーナー)
燃料タンク容量:約1.6L
燃焼時間:約2〜6時間
サイズ(使用時):幅670×高さ448×奥行460mm
重量:約5.8kg

安定して燃え続ける美しき炎
トランギア「アルコールバーナー(TRB25)」

「アルコールバーナー(TRB25)」。価格は2,700円(税込)

「アルコールバーナー(TRB25)」。価格は2,700円(税込)

「アルコールバーナー(TRB25)」は、50年以上の歴史を持ち、世界中で愛用されているトランギアのアルコールバーナーのひと品。特徴は、小型軽量であることと、構造が単純なので故障の心配がほとんどないこと。調理用のゴトクや風防など、数多くの別売アクセサリーも用意されています。

使用方法は簡単で、フタを開けて中にアルコールを注ぎ、ライターで着火するだけ。最初はアルコールが直接燃えますが、ストーブが熱せられるにつれてアルコールが気化します。この気化したアルコールがバーナーの孔から噴出し、まるでガスバーナーのように燃えるのです。本体容量の3分の2(約80cc)くらいまでアルコールを入れると、およそ25分燃焼します。

火力は本格的な調理をするには弱めですが、低温時にも火力が弱まらず、安定して燃え続けるのは大きな強みです。そのため、たとえば鍋の料理が冷めないようにゆるゆると温め続けるとか、チーズフォンデュを楽しむといった用途には最適です。

何より本製品を使う最大の喜びは、炎の美しさ。立ち上る炎がさまざまな形にゆらめき、見ていて飽きません。音も静かなので、深夜に使っても問題なし。仲間が寝静まったあと、ひとりでお酒を飲みながらアルコールの炎をながめるのもよいものです。

通常時の炎。複雑な変化を楽しめます

通常時の炎。複雑な変化を楽しめます

付属のフタを被せてスライドさせると、火力調整が可能。写真のように最小火力にして、ほのかな灯りとして使うのもいいでしょう。これくらいの火力なら1時間以上もちます

【SPEC】
使用燃料:エチルアルコール/メチルアルコール
サイズ(収納時):直径7.5×高さ45mm
重量:110g

ポケットに収まる固形燃料ストーブ
エスビット「ポケットストーブ・ミリタリー」

「ポケットストーブ・ミリタリー」。価格は1,620円(税込)

「ポケットストーブ・ミリタリー」。価格は1,620円(税込)

「ポケットストーブ・ミリタリー」は、折りたたむとポケットに入れられるサイズになるコンパクトなストーブ。燃料は、同ブランド独自のタブレット型固形燃料です。4gの「スタンダート」と14gの「ミリタリー」があり、ここで紹介する「ポケットストーブ・ミリタリー」にはミリタリー燃料が6個付属します。

固形燃料は、ライターで簡単に着火でき、煙も燃えカスもあまり出ません。火力を強くするには複数のタブレットを同時に燃焼させ、長時間燃焼させるにはタブレットを追加していきます。

「ポケットストーブ・ミリタリー」の特徴は、何といってもそのコンパクトさ。固形燃料タブレットも、「スタンダード」なら20個、「ミリタリー」なら6個までストーブの中に収納できます。キャンプで道具を撤収したあと「やっぱりちょっとコーヒーを飲みたいね」ということがありますが、そんなとき、「ポケットストーブ・ミリタリー」があれば、さっと取り出してお湯を沸かし、コーヒーをいれ終わったらたたんですばやく片付ける、という使い方ができます。

面白い使い方として、炊飯もできます。水加減したお米をクッカーに入れ、本製品の火にかけるだけ。固形燃料の量を調整すれば、ちょうど炊けるころに火が消えるので、キャンパーの間では「自動炊飯」と呼ばれて愛用されている方法です。

「ミリタリー」タブレットを本体に設置したところ。底面のスリットが空気を吸い上げて、効率よく燃焼させます。スタンドを垂直にすれば、大きめの鍋にも対応

【SPEC】
火力:98kcal(14gタブレット)
燃焼時間:約12分(14gタブレット)
サイズ(収納時):幅98×高さ23×奥行77mm
重量:約85g

湯浅顕人

湯浅顕人

PCとAVのライター。趣味は旅行と焚火とスキンダイビング。時間のない時はC級映画にツッコミを入れながら観ること。仕事場のLAN内にPCが増えすぎて、名付けに苦労している。

関連記事
ページトップへ戻る