実践主義! 高橋庄太郎の山道具コレクト
岩場が多い登山道を歩きやすく、通気性もバツグン

“ローカット+α”のトレッキングシューズ。ホカ オネオネ「ARKALI(アルカリ)」は使用感もおもしろい


アウトドアの世界では、ローカットのシューズがますます人気だ。それは山に適したモデルも同様で、トレイルランニングやスピードハイク用に開発したものからトレッキングに向いたものまで、ここ数年でさまざまなタイプのものが登場している。

ローカットのメリットは、なんと言っても軽いこと。軽いといっても、それはたんに重量のことだけではない。足首がよく動くことで足さばきがよくなり、軽快に歩けることも意味している。その軽快性こそが人気の理由で、特に、傾斜があまり厳しくない、ゆるやかな山で活躍してくれる。

とはいえ、ハイカットやミッドカットに比べれば安定感はそれなりだ。足首がホールドされるわけではないため、捻挫などの危険は高くなるのは否めない。だが、日帰り登山などのように荷物が軽い時は足への負担はあまりかからないので、ローカットでも十分な場合も多いのである。

見た目はミッドカットだが、構造はローカットタイプ

今回ピックアップするシューズは、ホカ オネオネ「ARKALI(アルカリ)」。もちろんローカットタイプである。しかし、下の写真を見ると「これはミッドカットでは?」と思われるに違いない。だが、これはやはりローカットで、そこに「+α」が加えられたユニークなシューズなのである。

ミッドカットのようにも思えるアッパーの高さだが、シューズの靴紐はローカットのように低い位置にある

ミッドカットのようにも思えるアッパーの高さだが、シューズの靴紐はローカットのように低い位置にある

では、「+α」とはどういうことなのか。

アッパーに覆われた靴紐で締め付けられる部分は、あくまでも足首の屈曲部まで。硬めのアッパーも屈曲部までしかなく、これはやはり、ローカットだ。しかし、その上には伸縮性素材のストラップ状のパーツが装備されており、もっと高い位置まで足首を覆っている。つまり、見かけはミッドカットとも言えなくはないが、構造上は「ローカット+α」というのが適当なのだ。

面ファスナーを使ったストラップは前後に2本。留め方によってフィット感を変えられる

面ファスナーを使ったストラップは前後に2本。留め方によってフィット感を変えられる

前側のストラップを外した状態。左足を見ると、やはり靴紐はローカットの位置にある。また、この部分の正面側は袋状になっているので、右足のように結んだ靴紐を収納しておけば、行動中に靴紐がほどけたり、引っかかる恐れが減る

足首回りに使っているフォーム材を組み合わせた伸縮性素材は、バックパックの背面パッドやショルダーハーネスに使われている素材とほぼ同じもので、通気性を上げるためにいくつもの孔が空けられている。厚みがあり、弾力性も十分だ。いっぽう、化学繊維のアッパーは丈夫な糸で織られており、ウェアに使われている生地のように目が粗い。アウトドア用シューズにはめずらしい質感だが、これがデザイン上のアクセントにもなっている。

そして重要なのは、これらの素材には「防水性がない」ということだろう。近年のアウトドアシューズはトレイルランニング向けのローカットを中心に、通気性を重視し、防水透湿性メンブレンを組み合わせていないタイプも増えている。暖かい時期の使用や発汗量が多い人は、いくら透湿性が高い素材であってもシューズ内部のムレを避けるため、防水性を犠牲にしてでも汗が乾燥しやすいことを優先することもめずらしくはないからだ。歩行終了後にサブシューズに履き替えられるような時は、僕自身も防水性を備えない通気性がよいタイプを多用している。そのほうが、結果的に快適な場合が多いのである。

足首を覆う伸縮性素材はシューズのタンから先端まで連続して使われており、表面のメッシュ素材の下には孔が空けられたフォーム材が見える

まるで織物のようなアッパー。縦糸で使用されている強靭なケブラーは、見た目もきれいだ

まるで織物のようなアッパー。縦糸で使用されている強靭なケブラーは、見た目もきれいだ

このシューズのテストは何度か行ったが、ある日、湿地を通らざるを得ない状況で完全に水没してしまった。こうなるとソックスまで濡れてしまうのは避けられない

ミッドソールの特性は?

近年、ホカ オネオネは驚くほどの勢いで支持を集めている。その理由は、どのモデルもほかのシューズメーカーをはるかに超える弾力性を持っていること。フワフワと弾むような履き心地なのである。特殊開発されたミッドソールは非常に分厚く、しかも、やわらかいので足への衝撃が緩和され、特にトレイルランニング系で高い人気を誇っている。そんなホカ オネオネが最近になって力を入れ始めたのが、トレッキング/ハイキング向けシューズだ。

トレッキング/ハイキング向けとなる「アルカリ」は、これまでのホカ オネオネのシューズに比べると、そこまでの弾力性を感じない。ソールは硬めで、つま先部分も硬めのトゥーキャップで保護されている。少々カッチリとした履き心地にすることにより歩行時の安定性をアップしている印象で、他メーカーならばアプローチシューズにカテゴライズされるかもしれない。だが、ソールの先は一般のアプローチシューズよりも湾曲していて、前方へ蹴りだしやすく、ランニングにも使えそうな形状でもある。

ブルーの部分がミッドソールの一部で、その上にも残りのミッドソールが隠れている。それを硬いイエローのパーツでぐるりと覆うことで、かかとを安定させている

ソールは爪先が上がった形状。アッパーの素材は硬めだが、前方へ蹴り出した時にソールの接地面積が広いので、前方へ力強く体を押し出せる

斜めに突起を配置したソールのパターンは、前方への蹴り出しを重視したもの。突起部分の間が広く、土が付着しにくい

ソールの素材は、ビブラム社のビブラムメガグリップ。濡れた岩や土に強く、グリップ力が同社の一般的ソールより縦方向に30%、横方向に20%向上している

「アルカリ」の履き心地をチェック!

基本構造はローカットだが、ミッドカットのような安定感をもたらすストラップや、通気性を重視しつつ耐久性が高いアッパーを装備し、かつ、ソールは前方へ蹴りだしやすい形状で、岩場にも対応できる硬さがある。このような特徴を持つアウトドア用シューズは、ほかに見たことがない。トレイルランニングシューズとクライミングシューズを融合し、トレッキングシューズ的に仕上げたような「アルカリ」は、あまり類を見ない存在なのである。

そんな「アルカリ」を履いて、実際に山を歩いてみるとどのような感じなのか?

靴紐は先端付近まで締められるように装備されている。このあたりは、クライミングシューズやアプローチシューズ的だ。靴紐にはゆるみにくい平紐が使われている

登山口を出発すると当面は登り坂が続く。足を大きく上げて前方に踏み出しても足首はよく曲がり、着地はスムーズだ。伸縮性素材で覆われた足首のフィット感は高いものの、足首の動きをじゃまする感覚はない。その分、ホールド感は弱く、守られている感じは少なくなるが、動きのよさを重視したシューズだと考えれば、欠点と考えるべきではなく、ひとつの個性と思うほうがよさそうだ。

足首がよく動くので、登り坂でも足首回りへの負担が少なく、軽快に動ける

足首がよく動くので、登り坂でも足首回りへの負担が少なく、軽快に動ける

岩の上を歩いてもソールはすべりにくい。さすが、グリップ力を重視して開発されたビブラムメガグリップだ。雨の日に水がたまった泥の上を歩いた時はさすがにすべったが、半乾燥しているくらいの土ならば、問題なく先へと進んでいける。

岩の上では十分なグリップ力を発揮。撮影した時の岩は乾燥していたが、濡れた岩でも一般のソールよりもすべりにくかった

湿った土の上も大きな問題はない。ソールに土がこびりついても、少し歩いているうちに取れてしまう

岩にこすれたトゥーキャップの部分。摩耗には強そうだ。しかし、ステッチが露出しているため、糸が切れるとほつれてはがれやすくなるかもしれない

「アルカリ」の重量は、片足432g(27cm)。一般的なトレイルランニングシューズに比べれば重いものの、トレッキングシューズとしては軽めだ。歩き心地もまさにそれらの中間。トレイルランニングシューズほどの軽快さはなく、トレッキングシューズほどの安定感もないが、ほどほどに軽快で、それなりの安定感がある。それでいて岩の上ですべりにくく、暑い時期に履いても蒸れを感じない。秋頃なら、むしろ涼しく感じるほどだ。トレイルランニングシューズとトレッキングシューズのメリットをミックスしつつ、デメリットをやわらげたシューズといえそうである。

登山道を登りきると、平地になった。細かな石が転がり、その上に足を乗せるとソールが体を支えきれず、体のバランスが取りにくくなる。そこで僕は、登り道の時よりもさらに強くシューズをフィットさせ、足とシューズを一体化させようと考えた。そのためには、靴紐とともに足首のストラップを強く締めなければならない。だが……。実際に強く締めたつもりでも、それほど大きな違いがあるわけではないように思えた。

一般的なミッドカットのシューズの場合、通常の靴紐はあまり伸びないので、しっかりと締め上げられる。しかし、「アルカリ」のストラップは伸縮性だ。強く締めても歩行中に伸びてしまい、がっちりとした履き心地にはなりにくいだろう。もちろん、靴紐を締め上げる前よりもシューズはフィットし、ある程度は歩きやすくなったので、効果がまったくないわけではない。ただ、一般のミッドカットやハイカットのシューズほど、わかりやすい違いは生まれないということだ。

陽がよく当たり、乾燥した登山道。今回テストで登った山は火山だったため、ルート上には細かな砂礫も多く、足を乗せると転がって歩きにくい

かかとのストラップは強く締めるとアキレス腱を傷める可能性もあるので、登り道とあまり変わらない程度の締め付けにしておいた

前側のストラップを強く締め付け過ぎると、面ファスナーの2面が重なる面積が狭くなり、はがれやすくなる。実はそれが少し問題なのであった

ストラップの調整でフィット感をいくらか強めた結果、砂礫の登山道でも足のすべりがだいぶ抑えられ、歩行力はキープできた。ただし、ふいに大きな力がかかって足首が大きくひねられると、面ファスナーが突然剥がれることがあった。ストラップを締め過ぎると、伸縮性素材の弾力性によって面ファスナーが外れやすくなるからだ。すると、「アルカリ」の「+α」の力は失われ、途端にローカットシューズの履き心地に落ちてしまう。もとから単なるローカットだと思って履いていれば問題はないのだが、歩行中に剥がれて急にフィット感が弱まると、これまでの歩行感覚が失われて調子が狂うのである。この点は改善すべき点かもしれない。

砂礫の道も基本的には快調。ストラップをあまり締め付けなければ剥がれる恐れも減るが、締め付けを強めたほうが歩きやすい。そのあたりの加減がむずかしい

山行を終えて

履く前に想像していたとおり、「アルカリ」はやはりおもしろいシューズだった。僕は「トレイルランニングシューズとクライミングシューズを融合してトレッキングシューズ的に仕上げた」という印象であると前述したが、何度も履いているうちにシューズのアッパーやソールの堅牢さがよくわかり、トレイルランニングの要素はあまり感じられなくなってきた。どちらかというとクライミングシューズの性格が強いトレッキングシューズ、つまり、アプローチシューズというイメージのほうが強く、岩場が多い登山道を歩きたい人に適しているように思える。ローカットのわりに体のバランスがとりやすく、ソールもすべりにくくて安定感が高いからだ。

通気性が高いのはいいが、防水性がないことに難色を示す方も多いだろう。だが、晴れている時は通気性の高さがこの上ない快適さをもたらしてくれる。これからの寒い季節には通気性が高いと、むしろ寒いのではないかと心配かもしれない。しかし、再び暖かくなってくる頃、「アルカリ」のような通気性が高いシューズの必要性を思い出すに違いない。

高橋庄太郎

高橋庄太郎

テント泊での登山を中心に1年の半分近くは野外で過ごす、山岳/アウトドアライター。好きな山域は北アルプス。「山道具 選び方、使い方」など、著書も多数。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スポーツシューズのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る