座った姿勢でインナーマッスルやアウターマッスルをトレーニング!

体幹が鍛えられる椅子!? パナソニック「コアトレチェア」ってどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

年をとっても若々しく健康であるために適度な運動は大切です。とくに近年注目されているのが、体幹(コア)トレーニング。その体幹の中でも深層にある「インナーマッスル」が衰えると下腹がぽっこり出てきたり、太りやすくなったり、ヒップが垂れてきたり、姿勢が悪くなったり……と、健康や美容面でさまざまな不調が発生します。ただ、インナーマッスルを鍛えるトレーニングはなかなかハードで継続しづらく、やり方も難しいのがネック。そんな課題を解決するために、パナソニックから“座ってバランスをとるだけ”なトレーニング家電「コアトレチェア EU-JC70」(以下、コアトレチェア)が誕生しました。発表会で見て、体験してきたトレーニングの仕組みと効果のほどをお伝えしましょう。

「コアトレチェア EU-JC70」にはレッドとブラウンのカラーバリエーションが用意されています。市場想定価格は30万円前後で、2017年2月下旬発売予定

<関連記事>40代男性が4週間「コアトレチェア」を使ってみたレビュー

どんなふうにトレーニングするもの?

体幹を鍛えるトレーニング機器というと、パナソニック製品で乗馬スタイルで行う「ジョーバ」がありましたが、今回のコアトレチェアはコンセプトが違います。ダイエットや運動するための機器という認識ではなく、普段は椅子として利用しつつ、気が向いた時に体幹トレーニングするといった使い方を提案しているのがポイント。トレーニング方法は着座した状態でV字に動く座面の揺れに耐えることですが、必死にしがみつくような激しいものではありません。揺れを感知すると反射的に体はバランスを取ろうとします。それだけで体幹の表層(アウターマッスル)と深層(インナーマッスル)に低度の負荷がかかり、体幹が鍛えられるそう。

なお、コアトレチェアは、シートが平らな状態と中心部が盛り上がったくら形とに変形するため、座ってorまたいでの2通りのトレーニングが可能。座面の形状と揺れによる傾斜変化のかけ合わせにより、全10パターンの形態で運動できるようになっています。

見た目は普通の椅子なので、リビングに出しっぱなしでも違和感なし! サイズは70(幅)×74〜88(高さ)×86〜95(奥行)cmとなっており、リクライニングもできます

エアーバッグに空気を出し入れすることで、シートの形態を変えます。骨盤サイドや腰の部分にあるエアーバッグは、トレーニング中の体を支えたり、ストレッチを行うコースで活用

シートが平らな状態では、腹直筋を中心に上半身が鍛えられます

シートが平らな状態では、腹直筋を中心に上半身が鍛えられます

シートのエアーバッグはかなり大きくふくらみますが、着座していても不安定さはゼロ。またいで座ると、内ももや骨盤底筋を中心とした下半身鍛錬に効果的だそうです

体幹を鍛えるトレーニング実行中は、下の動画のように座面がV字に揺れます。本機には全身を鍛える「全身コアトレ」とくびれを作る「おなか・ウエスト」、そして下半身を集中的に鍛える「下腹・骨盤底筋」といった自動コースが搭載されていますが、実は揺れ方はすべて同じ。これらの自動コースでは、コアトレチェアから流れる音声ガイダンスにしたがった姿勢をとることで体幹を鍛えていきます。

3つの自動コースは強弱を設定できるようになっています。ちなみに、監修したのは体幹トレーニングの第一人者であるプロトレーナー・木場克己さん

自動コースのイメージは、下の動画でチェックしてみてください。「腕を前に」や「足を伸ばして」といった音声ガイドにあわせて動作を行うことで、同じV字の揺れでもさまざまな部位に刺激を与えることができます。ただ座ってバランスをとるだけでも効果はありますが、効率的に鍛えるならば自動コースを利用するほうがいいでしょう。

自動コースには足でバランスをとったり、上体を左右にひねったりと複数のプログラムが組み込まれています。動作時間は5分、10分、15分で選択可能

体幹トレーニングを行う自動コースのほか、4つのエアーバッグをふくらませてストレッチするコースも搭載

体幹トレーニングを行う自動コースのほか、4つのエアーバッグをふくらませてストレッチするコースも搭載。普段、椅子として使っている時に利用すれば疲れがほぐれそうですね

効果のほどは?

あまり激しい動きではないので、それほど効果があるように思えませんが、実際体験してみると普段使わない筋肉に自然に力が入り、効いていることを実感できます。パナソニックが行った調査によると、コアトレチェアで約1か月間トレーニングした人たちはいずれもウエストや下腹、お尻が2cm以上サイズダウン。また、猫背や前傾だった姿勢も、背筋が伸びた状態になったそう。さらに、コアトレチェアのすごさはまだまだあります。下の写真の体重を見てください。体型や姿勢は見違えたのに、体重はほとんど変わっていません。つまり、ダイエットのように筋肉量を落とすのではなく、プロポーションを整えるトレーニングであるということがわかります。

ポテッと出た下腹が平らになっているのがすごい! 1か月でこの効果は見事です

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので短期間では痩せにくいのでは? と思いましたが、ウエストと下腹が4人とも4cm以上スリムになっていますね。うらやましい……

筆者も体験してみました。写真で行っているポーズは、背もたれに寄りかからずに耐えるというもの。この状態でも座面は揺れています。自然と下腹に力が入り、体もポカポカしてきて暑い!

手も足も浮かせていますが、骨盤をエアーバッグが固定してくれているので振り落とされるような心配はありません

クッション材の上で片足で立つというポーズをしてみたところ、コアトレチェア体験前はふらふらとしていたのが、自動コース15分間を体験しただけで片足立ちを長時間キープできるように! たった1回でこの効果なら、継続すれば体型が変わるのも納得です

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.6.21 更新
ページトップへ戻る