ニュース
電子シャッターで最高20コマ/秒、メカシャッターで最高12コマ/秒

キヤノンが「EOS R5」を開発発表! 8K動画、ボディ内手ぶれ補正を搭載

いよいよ本気を出してきた――。キヤノンは2020年2月13日、フルサイズミラーレスカメラの新モデル「EOS R5」を開発していると発表。詳細は不明だが8K動画の撮影に対応した高性能モデルのようだ。

開発発表された「EOS R5」(装着レンズは「RF24-105mm F4 L IS USM」)

開発発表された「EOS R5」(装着レンズは「RF24-105mm F4 L IS USM」)

明らかになっているスペックは以下の通り。
・新開発のフルサイズCMOSセンサーを搭載
・8K動画の撮影が可能(静止画切り出し対応)
・電子シャッターで最高20コマ/秒、メカシャッターで最高12コマ/秒
・ボディ内手ぶれ補正を搭載
・カメラから自動画像送信できる「image.canon」に対応
・デュアルスロット対応

開発発表なので、価格や発売日は不明。現行の「EOS R」の上位モデルに位置づけられ、公開された写真を見る限り、上部に表示パネルとMODEボタンを搭載し、EOS Rのデザインを踏襲しているように見える。8K動画に対応しており、動画撮影用カメラとして注目されるのは間違いないが、高速性能にもすぐれており、静止画撮影用としても高い実力を備えていることが予想される。キヤノン初となるボディ内手ブレ補正機構も注目だ。

なお、今月末に行われる「CP+2020」で開発中のEOS R5を参考出展するという。

8K動画に対応するEOS R5。“次世代フルサイズミラーレスカメラの第1弾”とリリースでは書かれており、第2弾、第3段にも期待したいところだ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る