交換レンズ図鑑
NIKKORレンズ史上最高の強力な手ブレ補正を実現!

Zマウントの大三元・望遠ズームレンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」をいち早く試した!

開放での画質をFマウントレンズと比較

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの開放F2.8での画質を、同じスペックのFマウントレンズAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRと比較してみた。「焦点距離70mmの近接」「70mmの遠景」「200mmの近接」の3パターンの結果をレポートしよう。

撮影はカメラボディにZ 7を使用し、三脚でカメラを固定してレンズを交換しながら行った。Fマウントレンズは「マウントアダプター FTZ」を使用してカメラボディに装着している。絞り値をF2.8、感度をISO64に固定し、2本のレンズで露出値が変わらないようにした。切り出し画像は、撮影写真の一部を900×675の等倍で切り出したものになる(※Webページ上の表示は圧縮された640×480画像となる)。特に近接だと同じ撮影距離でもFマウントレンズのほうが画角が狭くなるため、被写体が少し大きく写っている。

70mm 近接

画像周辺に被写体を置いて、焦点距離70mm、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRの最短撮影距離(1.1m)付近で撮影。赤枠と青枠が切り出し部になる

焦点距離70mmの近接で比較してみると、特に画像周辺の解像力でNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sが上回る結果となった。NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sは画像の隅ギリギリでも中央とほぼ変わらない、シャープな画質が得られる。また、ボケについてもNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのほうがわずかな差ではあるが上質な印象。ボケの形そのものは両者でほぼ変わりないが、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sは輪郭の色付きが少なく、すっきりとした描写になっている。

70mm 遠景

日没後の夜景を焦点距離70mmで撮影。ピントは画像中央の観覧車付近に合わせている。赤枠が切り出し部になる

日没後の夜景を焦点距離70mmで撮影。ピントは画像中央の観覧車付近に合わせている。赤枠が切り出し部になる

焦点距離70mmの遠景だと画像全体でNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのほうが解像力にすぐれる結果となった。特に周辺ではその差が顕著。倍率色収差は両者で極端な差は見られなかったが、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sは非点収差が少なく、画像の隅までシャープな画質となった。コントラストもNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sのほうが高く、細かいところまできっちりと描けている。

200mm 近接

周辺に被写体を置いて、焦点距離200mm、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRの最短撮影距離(1.1m)付近で撮影。赤枠が切り出し部になる

望遠端200mmの近接撮影も70mmと同じように、周辺の画質で違いが出た。両者とも70mmよりも描写が甘くなる印象で、ややソフトな感じになっているが、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sはピント位置ではシャープな描写が得られている。

まとめ 大三元・望遠ズームレンズとして最高の性能を持つ1本

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを試用してみて、撮影距離を問わず、絞り開放からすぐれた描写力を発揮する高性能な望遠ズームレンズだと感じた。望遠端200mmだと周辺でわずかに解像力が落ちる感じはあるものの、ズーム全域で画像の中央から周辺まで非常にシャープな画質が得られる。FマウントレンズAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRも描写力に定評のあるレンズだが、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sはそれを上回る。特に、ズーム全域での周辺部の解像力の高さと、全体的なコントラストの高さは大口径のZマウントレンズだからこそ実現できた部分だろう。

加えて、強力な手ブレ補正を実現しているのも見逃せない。1〜3m程度の短い撮影距離であっても、広角端70mmでは1/10秒、望遠端200mmでは1/20秒を切る遅いシャッタースピードでも高い確率で手ブレを抑えて撮ることができる。使い勝手では、AFの動作が静寂かつ高速で、ストレスのないAF撮影が可能なのも報告しておきたい点だ。

Zマウントレンズとしては、「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」や「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」などの単焦点レンズや、広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」ほどの強烈な印象はないが、大三元レンズの望遠ズームレンズとして現時点で最高の性能を持つ製品の1つなのは間違いない。発売前ではあるが価格.com最安価格(2020年2月17日時点)は29万円程度。けっして安価ではないが、Zマウントの高画質を最大限に引き出す望遠ズームレンズとして手に入れておきたい1本だ。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る