大人4人の乗車が可能、無音で室内も快適

国産EVスーパーカー、GLM「GLM G4」レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都に本社を置く電気自動車メーカー、GLMは、国内初となるEVスーパーカー「GLM G4」を本日2017年4月18日に初披露。2019年に市販すると発表した。国産車としては破格の4000万円という高級スポーツカーの概要をレポートしよう。

発披露された「GLM G4」の前に立つのはGLMの社長小間裕康氏。「国内のさまざまなメーカーの技術力が結晶した見本のようなクルマ」を作り上げたという

ゼロから開発された国産のEVスーパーカー

GLMは、京都大学を母体として発足した電気自動車(EV)のベンチャー企業。自前の工場を持たないファブレスの自動車メーカーだ。GLMでは、すでにオープン2シーターのEV「GLM ZZ」を生産しているが、今回発表されたGLM G4は、大型化されたクーペボディに4シーターという完全な新規開発車となっている。

GLM G4は、高価なドライカーボンなどの複合素材を多用したシャシーに、専用開発のモーターを前後輪それぞれに組み合わせた、四輪駆動のEVスーパーカーだ。前後輪のモーターはそれぞれタイヤの回転力を調整する制御技術を搭載し、動力を最適化させられる。また、EVとしては珍しく、多段化されたトランスミッションを搭載しており、パワートレインの出力に左右されない運動性能を獲得したという。

前後のモーターを合わせた最高出力は400kw(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮し、発進から時速100kmまでの到達時間は3.7秒、最高時速は250km/h、航続距離は400km(NEDCモード)だ。

スーパーカー的なルーフラインを描くボディ。デザインコンセプトは“路上を走るヨット”

スーパーカー的なルーフラインを描くボディ。デザインコンセプトは“路上を走るヨット”

跳ね上げ式の4枚のドア「アビームセイルドア」が特徴。帆を広げたヨットをイメージさせる

跳ね上げ式の4枚のドア「アビームセイルドア」が特徴。帆を広げたヨットをイメージさせる

4枚のドアを上げた様子。今までのクルマにはないデザインだ

4枚のドアを上げた様子。今までのクルマにはないデザインだ

スーパーカー的なシルエットだが、EVなのでリアにはマフラーがない。クリーンかつ排気音もないという点で、今までのスーパーカーとは一線を画している

室内は、大人4人が快適に過ごせるだけのスペースが確保されている。特にリアシートのレッグルームはスポーツカーとして見てもかなり余裕があるように見えた

天井は一面のガラス張りで開放感が高い

天井は一面のガラス張りで開放感が高い

白をベースにした明るい室内は華やかな雰囲気で高級感は申し分ない

白をベースにした明るい室内は華やかな雰囲気で高級感は申し分ない

室内の前後をセンタートンネルが貫いている。中には大量のバッテリーが搭載されている

室内の前後をセンタートンネルが貫いている。中には大量のバッテリーが搭載されている

今回のコンセプトカーはカーボンを強調しており、ボディのあちこちにカーボンの網目が見えた

今回のコンセプトカーはカーボンを強調しており、ボディのあちこちにカーボンの網目が見えた

なお、今回展示されたクルマはコンセプトカーという扱いで、基本的なデザインはそのままだが、市販モデルでは各種の法令に適合させ、安全性を高めるために、内外のデザイン変更が行われる。発売時期は2019年を予定しており、日本のほか、ヨーロッパ、香港、中東諸国、中国で発売される。価格は4000万円で、生産台数は1000台を目指すとのことだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.7.28 更新
ページトップへ戻る