最新「LaFerrari Aperta」を含む新旧20台以上のフェラーリが国技館に集結

フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven by Emotion」レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリの創始者であるエンツォ・フェラーリが「フェラーリ・125S」を完成させたのは、今から70年前となる1947年のこと。そして今年は、フェラーリ70周年記念イベントが世界各地で開催されているが、その中から2017年10月12日に両国国技館で開催された「Driven by Emotion」プレスカンファレンスの様子をレポートしよう。

両国国技館で開催されたフェラーリ70周年記念日本イベント「Driven by Emotion」

両国国技館で開催されたフェラーリ70周年記念日本イベント「Driven by Emotion」

日本限定モデル「J50」、限定6台の「Sergio」、ワンオフモデル「SP1」など20台以上の新旧フェラーリが集結!

会場となった、両国国技館は、数多くの貴重なフェラーリが陳列されていた。まずはそれらをご紹介しよう。

日本限定モデル「J50」(2016年)。フェラーリの日本進出50周年を記念して10台のみ製造されたものだ

日本限定モデル「J50」(2016年)。フェラーリの日本進出50周年を記念して10台のみ製造されたものだ

「Sergio」(2013年)は「458 Spider」をベースに6台だけ作られた。なおSergioとは、フェラーリと関係が深いカーデザイナー、セルジオ・ピニンファリーナ氏に由来する

世界的なフェラーリコレクターとして知られる平松潤一郎氏の所有する完全なワンオフモデル「SP1」(2008年)

世界的なフェラーリコレクターとして知られる平松潤一郎氏の所有する完全なワンオフモデル「SP1」(2008年)

クラシックフェラーリでは、手前から「512BB」、「365GTB Dytona」、「DINO 206GT S」「275GTB/4」が展示されていた

手前から「ENZO」、「F40」、「testarossa」、「288GTO」が並ぶ

手前から「ENZO」、「F40」、「testarossa」、「288GTO」が並ぶ

両国駅前には「812 superfast」、「GTC4 LUSSO」「488シリーズ」「California T」といった現行モデルも多数展示されていた

70年記念のテーラーメイド車両。「488GTB」「488 Spider」「F12berlinetta」「California T」「GTC4 LUSSO」の5車種それぞれに70種類の異なるデザインが施された合計350台の限定モデルだ

国技館の土俵に鎮座する「LaFerrari Aperta」

今回のイベントの目玉はなんと言っても、ハイブリッドモデル「LaFerrari」のオープンモデルである「LaFerrari Aperta」(ラ フェラーリ アペルタ)だろう。クーペボディと同じ800馬力(cv)のV型12気筒エンジンと120kWを発生するモーターを組み合わせることでシステム全体で963馬力を発生し、最高速度は時速350km以上、スタートから時速200kmまでの加速に要する時間は7秒未満! 世界中の選ばれた顧客向けに209台だけ生産され、そのすべてが完売済みだ。なお、先ごろチャリティオークション用として追加製造された1台も落札されている。価格は1台4億円と言われている。

国技館の土俵の上に鎮座する「LaFerrari Aperta」

国技館の土俵の上に鎮座する「LaFerrari Aperta」

ボンネットに入れられた赤いV字ラインがシャープ

ボンネットに入れられた赤いV字ラインがシャープ

全幅1992 mmというワイドボディに配置される、丸型テールランプ、4本のエクゾースト、メッシュグリルの排熱口によるリアビューは大迫力

すさまじい厚みを持つドア。開閉は上に跳ね上げる方式

すさまじい厚みを持つドア。開閉は上に跳ね上げる方式

排気量6262リッターのV型12気筒エンジンは800馬力を発生。120kW(163馬力)の電気モーターとの組み合わせで、システム全体として963馬力となる

カーボン製のハンドルには、エンジンの始動ボタンやウインカーのボタンなどが配置される

カーボン製のハンドルには、エンジンの始動ボタンやウインカーのボタンなどが配置される

ダッシュボードまでカーボン丸出し。メーターはディスプレイ化されている

ダッシュボードまでカーボン丸出し。メーターはディスプレイ化されている

レザー製のバケットシート。室内はカーボン製のバスタブシャーシがむき出しで、レーシングカー的なシンプルさだ

エクゾーストのようなエアコンの吹き出し口。その下にライトのコントローラーが見える。さらにその下には、サイドブレーキの解除レバーが備わる

センタートンネルから生えたレバーに備わるシフト切り替えボタン。シガーソケットやUSBポートも見える

センタートンネルから生えたレバーに備わるシフト切り替えボタン。シガーソケットやUSBポートも見える

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る