レビュー
流麗なSUVクーペ、BMW X2を試乗チェック&燃費計測

BMW X2 長距離試乗&燃費/快感と呼べるハンドリング性能を持つSUV!

BMWが「SAC(スポーツアクティビティクーペ)」と呼ぶ「X2」の販売が、いよいよ日本でも開始された。「X1」をベースとして、いわゆるSUVクーペへと仕立て上げられたX2を、850kmほどの長距離テストへと連れ出してみた。

BMW X2のイメージ画像

BMW X2のイメージ画像

※当記事では、一部海外で撮影したメーカー画像を使用しております。

BMW X2はデザインに注目

日本へと導入されるBMW X2は、2種類のエンジンがラインアップされている。1.5リッター3気筒ガソリンターボエンジンを搭載する前輪駆動の「S Drive 18i」と、2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する四輪駆動の「X Drive 20i」だ。いずれにも「M Sports X」という、スポーティーさとSUVのタフさを強調するエクステリアをまとったグレードが用意される。ちなみに、今回試乗したグレードは「X Drive 20i M Sports X」であった。

BMW X2のフロントエクステリア

BMW X2のフロントエクステリア

BMW X2のリアエクステリア

BMW X2のリアエクステリア

BMW X2で注目なのは、やはりデザインだ。フロント周りには、BMWらしいキドニーグリルが中央に置かれているが、その形状は新しい。従来のキドニーグリルは、上に行くにしたがって幅広となるが、X2では中央よりも下に幅広のピークを持ってきている。さらに、フロント先端を逆スラントにすることで、よりダイナミックさが強調されている。

BMW X2のCピラーにBMWのエンブレムが取り付けられていることで、クーペであることを表している

BMW X2のCピラーにBMWのエンブレムが取り付けられていることで、クーペであることを表している

サイドでは、Cピラーに入るBMWのエンブレムが目を引く。これは、いにしえのクーペ「2000CS」なども同様の位置に取り付けられていたことから、X2がBMWクーペの継承者であることを物語っている。

また、ショルダーラインを思いきりリアに向かって跳ね上げることで、ルーフをそれほど落とすことなくスポーティーなクーペらしさを演出していることも特徴だ。

もうひとつ、これは日本市場において大きなメリットとなるのだが、全高が1,535mmに抑えられていることから、多くの立体駐車場にも入る。これも、重要な訴求ポイントとなろう。

BMW X2の乗り心地は硬いが不快ではない

BMW X2のフロントシート

BMW X2のフロントシート

BMW X2のしっかりとしたドアを開け、シートに腰を下ろす。前後長は若干長いものの、ホールド性が高く、座り心地のいいそのスポーツシートは、マイクロ・ヘキサゴン・クロスとアルカンターラのコンビネーションで滑りにくく、イエローのステッチが施されたM Sports Xの標準仕様のシートだ。

乗り降りの際には、ひとつ注意しなければいけないことがある。SUVをベースとしているため若干サイドシルが高く、その割にはルーフ高が低いので、頭をぶつけやすいことだ。実際に筆者も2度ほど頭をぶつけ、またナビシートに座った複数の人間もぶつけていたことからも、気をつける必要があるだろう。

BMW X2のインパネ

BMW X2のインパネ

さっそく、ナビ画面の右側に位置する「スタート&ストップボタン」を押し込むと、意外にも低音の効いた排気音とともに、エンジンは目覚めた。シフトレバーの右側にあるボタンを押しながら、レバーをゆっくりと手前に引くとDがセレクトされ、そのままアクセルを踏み込むとX2は軽々と走り始める。

X2の第一印象だが、乗り心地は非常に硬いが、しかし決して不快に感じないことだった。その理由は、ボディ剛性が相当に高いためである。その結果、ボディが角のあるような路面の不快な突き上げをいなし、スポーティーな硬さのみが乗員に伝わってくるのだ。したがって、常に体が不快にゆすられることもなく、疲れにも大きく影響はなかった。ただし、おなかいっぱいに食事した後は、ちょっと乗りたくはないと思ってしまうが……。

いっぽう、ロードノイズはかなり大きい。225/40 R20(テスト車はPirelli P Zero ランフラット)というファットなタイヤを履いていたことも影響し、ゴーゴーとさまざまな路面の音を拾っており、その傾向はリアシートに座るとより顕著に感じられた。

ワインディングにおけるBMW X2のハンドリングは快感

BMW X2の試乗イメージ

BMW X2の試乗イメージ

ボディ剛性の高さは、ハンドリングにも効果を発揮している。SUVベースなので、コーナーリング時は重心の高さを感じるかと思いきや、ちょっとしたコーナーや交差点の右左折なども含めて、きびきびとスポーティーに走り回れるのだ。そして、X2がもっとも得意とするのが、中高速コーナーが続くワインディングだ。そこでは、X2はまさに水を得た魚となる。硬い足回りもこういったシチュエーションでは気にならず、スムーズに、かつ速くコーナーからコーナーを縫うように走ることができる。これはまさに、快感以外の何物でもなかった。

BMW X2の試乗イメージ

BMW X2の試乗イメージ

しかし、そのきびきび感は、とくに市街地などでは少しシャープすぎるきらいもある。これは好みの問題だが、もう少しダルな感じのほうが乗りやすいだろう。なにしろ、思った方向へステアリングに少し力を加えるくらいで車線変更ができてしまうくらいに過敏なのだから。

市街地ではBMW X2の低速トルクの薄さが目立つ

BMW X2の走行イメージ

BMW X2の走行イメージ

エンジンフィーリングは、少し前のターボエンジンの様相を呈しており、低速域ではややトルク感が少ない印象を受ける。BMWとしては、低速トルクの薄さを目立たなくするために初期のアクセルレスポンスをよくすることで、その印象を変えている。ただし、少しやりすぎな感があり、低速走行、たとえば渋滞時などではアクセルが過敏すぎるために、ぎくしゃくしてしまう。さらに、そこから深く踏み込んだとしても、トルクが薄いので瞬時に思ったとおりの加速を手に入れることができず、あれ?と思うこともあった。もう少し、リニアなアクセルレスポンスとともに低速トルクを厚くすることで、乗りやすさはかなり変わってくることだろう。

BMW X2のシフトレバー

BMW X2のシフトレバー

乗りやすさといえば、シフトレバーの位置が少し助手席寄りに配されており、また、若干低めなので、ドライバーからは少し遠く感じたことを付け加えておく。なお、左ハンドル仕様は左右反転させているので、もともと少し遠めのレイアウトになっている。

BMW X2のリアシート

BMW X2のリアシート

リアシートに座ると、ヘッドクリアランスが意外にも広く確保されていることに気付くだろう。ルーフをそれほど下げることなく、ショルダーラインをキックアップさせることで、スポーティーさを演出したことの効果が現れているのだ。話によると、X6よりもヘッドクリアランスは多いという。

ボディ剛性の低いクルマのリアシートに座ると、コーナーなどでフロントが回り始めてからワンテンポ(もちろん感覚的に)遅れてリアがついてくるように感じることがある。これは、一部のSUVや国産ミニバンなどで多く感じられるもので、これが乗り物酔いにもつながってくる。だが、X2ではそういったことはなく、フロントと同時にリアもリニアに追従するので、違和感を覚えることはまったくなかった。また、後席は足元も広いので、ロードノイズを除けば後席でも快適に過ごすことができるだろう。

ドライビングアシスト機能は残念

BMW X2の走行イメージ

BMW X2の走行イメージ

高速を走る機会も多々あったので、ドライビングアシスト機能を試してみた。BMW最新の仕様はデュアルカメラであるのに対し、X2は単眼カメラであることを差し引いてもかなり性能は劣っていると言わざるを得ない。

まず前車追従機能は、一定速度で走っているときはいいのだが、先行車で加減速があった場合や、先行車がいなくなったときなどの自車の加減速がかなり荒く、また、追い越し車線を走行中、右へコーナーリングしているときに左レーンにクルマが現れるとかなり頻繁にそちらをキャッチしてしまい、ときには一瞬ブレーキングすることすらあった。

さらに、前方のクルマをキャッチせず、ギリギリまで近づき、急に介入して警告音とともにブレーキングするシーンなども見受けられるなど、精度としては非常に低く、一世代前のシステムと言わざるを得ないだろう。

BMW X2の燃費はそこそこ

最後に、燃費について述べておこう。市街地では「8.7km/L」、空いた郊外では「11.4km/L」、そして高速では「15km/L」という結果であった。市街地ではこの酷暑ということもあり、アイドルストップがあまり介入せず、室内を冷やし続けた結果であるため、季節が変わればもう少し伸びる余地はあるだろう。

2リッターターボの4WDで、この高速燃費は優秀と言っていい。それに対して、郊外路は速度変化もそれほどなかったにもかかわらず「12km/L」に届かなかったのは、やはり時々停止する信号でのアイドルストップが介入しなかったことが原因と思われる。

運転支援システムまでアンフォロー?

BMW X2のブランドPRとして、元SMAPの香取慎吾さんが起用された。X2と香取さんがコラボレーションするスペシャルムービーにも、X2がかかげる「アンフォロー」が表現されている

BMW X2のコミュニケーションコンセプトは「アンフォロー」という。これは、日本独自に開発したもので「常識には従わない、常識にはとらわれない、自分自身で自分自身の道を切り開いていく、自分自身が道標になっている」といったマインドを持っている人たちをターゲットにしていると関係者は言う。

X2自体も、そのような考えに沿ったクルマということで、実際に見て乗ってみると、確かにこれまでのセダンやSUVとは違うSUVとクーペの融合というスタイルを始め、近年のBMWとしても初となる逆スラントノーズを採用するなど、新たな試みにチャレンジしている。さらに、それはドライビングにも表れており、SUVらしからぬスポーティーなハンドリングや硬い足回りなどがそれにあたり、あたかもスポーツカーを操っているような楽しさが味わえる。

だからこそ、運転支援システムも積極的に最新システムを導入してほしかった。このX2によって、これまでBMWとは縁のなかったユーザーを取り込み、また若いユーザー層をとらえることで、メーカー自体としても若返りを図りたいと言う。

そうであれば、BMWはどんなクルマでも楽しさとともに、高い安全性を備えていることをよりアピールしてほしい。コミュニケーションターゲットとなるミレニアル世代はデジタルツールに精通しているので、いち早くこういった情報は手に入れているだろう。また、実売ターゲットである50代前半から中盤の人たちは、これまでさまざまなクルマを乗り継いでいる、厳しい目の持ち主たちだ。そういった人たちに向けたクルマであるならばなおさらだ。

クルマのベースとなる、走る、曲がる、止まるは当然のこと、そこに最新の安全装備を確保しなければ、いくらほかでアンフォローを標ぼうし、注目を集めようとしたところで、彼らの琴線には触れてこないし、ましてや将来の若いBMWファンをとらえられはしないと思うのだが、いかがだろうか。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る