ニュース
ありそうで無かったマツダの“ちょうどいい”サイズのSUVが登場!

MAZDA3ベースの新型SUV「CX-30」いよいよ日本で発売を開始!

マツダは、新型クロスオーバーSUV「CX-30(シーエックス・サーティー)」の予約受注を、2019年9月20日から開始すると発表した。発売日については、後述するエンジンラインアップのうち、SKYACTIV-G2.0とSKYACTIV-D1.8搭載車が2019年10月24日、SKYACTIV-X搭載車は2020年1月以降の予定となっている。

2019年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショーにて世界初公開されたマツダ「CX-30」が、いよいよ日本での予約受注を開始した

同社では「CX-3」と呼ばれるコンパクトSUVが存在するが、CX-30はCX-3の後継車種ではなく、マツダのSUVラインアップへ新たに追加されたクロスオーバー車だ。

CX-30のボディサイズは、ミドルクラスSUVの「CX-5」とコンパクトSUVのCX-3のちょうど中間の大きさとなる。

■マツダ「CX-30」と「CX-5」「CX-3」の全長×全幅×全高を比較

CX-30:4,395×1,795×1,540mm
CX-5 :4,545×1,840×1,690mm
CX-3 :4,275×1,765×1,550mm

CX-5比で -150×-45×-150mm
CX-3比で +120×+30×-10mm

マツダ「CX-30」のフロントエクステリアとリアエクステリア

マツダ「CX-30」のフロントエクステリアとリアエクステリア

CX-30は、CX-5ほど大きなSUVは必要ないがCX-3ではコンパクトすぎる、といったユーザーに適している。CX-30は、特に都市部などで使いやすいサイズで、縦列駐車がしやすい全長(4,395mm)、狭い路地などでも運転が楽な全幅(1,795mm)、立体駐車場に入る全高(1,540mm)といった取り回しのしやすいボディサイズであることが特徴のひとつだ。最低地上高は、クロスオーバーSUVであることからやや高めの175mmに設定されている。

ちなみに、CX-30のライバル車であるトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」ともボディサイズを比較してみたが、それぞれほぼ同等の値となっている。

■マツダ「CX-30」とトヨタ「C-HR」ホンダ「ヴェゼル」の全長×全幅×全高を比較

CX-30:4,395×1,795×1,540mm
C-HR:4,360×1,795×1,550mm
ヴェゼル:4,330×1,770×1,605mm

搭載エンジンは、2リッターガソリンの「SKYACTIV-G 2.0」と1.8リッタークリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.8」、そして新エンジン「SKYACTIV-X」の3機種だ。このうち、SKYACTIV-Xについては、グレードと価格については決まっているものの、最高出力や最大トルクなどのスペックについては現時点で未公開となっている。トランスミッションは、SKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-X搭載車に「6速AT」と「6速MT」が用意されている。SKYACTIV-D 1.8搭載車は、6速ATのみだ。CX-30のグレードラインアップと価格、主なスペックについては以下のとおりとなる。

■マツダ「CX-30」のグレードラインアップと価格

-SKYACTIV-G 2.0/6EC-AT・6MT-
20S/2,392,500円 [2WD]・2,629,000円 [4WD]
20S PROACTIVE/2,612,500円 [2WD]・2,849,000円 [4WD]
20S PROACTIVE Touring Selection/2,733,500円 [2WD]・2,970,000円 [4WD]
20S L Package/2,794,000円 [2WD]・3,030,500円 [4WD]

-SKYACTIV-D 1.8/6EC-AT-
XD PROACTIVE/2,887,500円 [2WD]・3,124,000円 [4WD]
XD PROACTIVE Touring Selection/3,008,500円 [2WD]・3,245,000円 [4WD]
XD L Package/3,069,000円 [2WD]・3,305,500円 [4WD]

-SKYACTIV-X 2.0/6EC-AT・6MT-
X PROACTIVE/3,294,500円 [2WD]・3,531,000円 [4WD]
X PROACTIVE Touring Selection/3,415,500円 [2WD]・3,652,000円 [4WD]
X L Package/3,477,100円 [2WD]・3,713,600円 [4WD]

※上記価格は、すべて消費税10%込み

■マツダ「CX-30」の主なスペック
全長×全幅×全高:4,395×1,795×1,540mm
ホイールベース:2,655mm
最低地上高:175mm
最小回転半径:5.3m
乗車定員:5名
車重:1,380〜1,530kg
最高出力:115kW(156PS)/6,000rpm [SKYACTIV-G 2.0]/85kW(116PS)/4,000rpm [SKYACTIV-D 1.8]/未定 [SKYACTIV-X]
最大トルク:199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm [SKYACTIV-G 2.0]/270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm [SKYACTIV-D 1.8]/未定 [SKYACTIV-X]

「CX-30」は「MAZDA3」と同様に、プレスラインを多用せず光によってボディの美しさを表現する手法が採られている

マツダがCX-30で目指したのは、「世界でもっとも美しいクロスオーバーSUV」という。そのエクステリアは、MAZDA3と同じくプレスラインを多用せず、やわらかな面構成によって光の陰影が表現されている。

リアエクステリアは、リアウィンドウあたりから下ろすことで、リアシートの頭上空間を犠牲にせずスタイリッシュな外観を実現している

また、バックウィンドウ下端を後退させてDピラーを寝かせることで、流麗なキャビンながらリアシートの頭上空間も確保されている。ホイールアーチやサイドシルにブラックの樹脂パーツが採用されているのは、下半分を黒で隠すことによってボディをスリムに見せるためという。

また、リアフェンダーを張り出させることで、テールゲートの開口部の大きさを確保しながらもくびれ形状によってワイドでスポーティーなデザインを実現している。

フロントシート、リアシートともに、CX-3よりも広い空間が確保されている

フロントシート、リアシートともに、CX-3よりも広い空間が確保されている

インテリアでは、CX-3よりも広い室内空間に注目したい。シートの左右間距離はCX-5と同じ740mmで、CX-3よりも50mm広くなっている。また、前後席間距離はCX-3と比べて26mm拡大され、後席の頭上空間はCX-3よりも約20mm広くなった。

ライバル車と比べて、ラゲッジルームの容量が大きく電動テールゲートが備えられていることは、CX-30の特徴のひとつだ

ラゲッジルーム容量は430Lと、CX-3(350L)やC-HR(318L)、ヴェゼル(393L)よりも広い荷室空間が確保されている。開口幅は1,020mmと広く、20Sグレードをのぞく全車に電動でテールゲートの開閉が可能な「パワーリフトゲート」が採用されていることも特徴のひとつだ。

「CX-30」では「MAZDA3」と同様のプラットフォームが採用されており、走りの質の高さも期待できそうだ

「CX-30」では「MAZDA3」と同様のプラットフォームが採用されており、走りの質の高さも期待できそうだ

CX-30のプラットフォームには、MAZDA3と同じ新世代技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」が採用されている。基本的なサスペンションシステムもMAZDA3と同様で、フロントはマクファーソンストラット式、リアはトーションビーム式だ。

MAZDA3と異なるのは、SUVらしく新たに「オフロード・トラクション・アシスト」と呼ばれる悪路走破性を高める機構が採用されていることだ(4WD車のみ)。万が一スタックしたときにも、4WDとトラクションコントロールの協調制御によって、悪路をスムーズに脱出することができる。

C-HRやヴェゼルなど、強力なライバルがひしめくコンパクトサイズのクロスオーバーSUVカテゴリー。CX-3は走りなどにおける基本性能は高かったものの、コンパクトカーの「デミオ」がベースであったために、リアシートなど室内の狭さがネックとなり、拡大させることも難しかった。そのため、ライバル車に販売台数で大きく差をつけられていたが、今回のCX-30はCX-3に比べて居住性を大きく改善。さらに、マツダ最新の新世代技術が投入されていることやMAZDA3から受け継いだエクステリアが高い評価を得るであろうことなどを考えると、ライバル車から見てもかなりの脅威となるに違いないだろう。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る