ニュース
電動ハイパフォーマンスカーの新型「508PSE」も、2022年に日本へ

プジョー 新型「308」日本初披露!2022年に「308SW」とともに日本導入予定

グループPSAジャパンは、プジョーブランドを体感できるイベント「LION EXPERIENCE 2021」を、2021年9月2日の東京を皮切りに、名古屋、大阪にて順次開催する。

2021年9月2日から開催されているプジョーのイベント「LION EXPERIENCE 2021」にて、新型「308」と新型「508PSE」が日本初披露された

2021年9月2日から開催されているプジョーのイベント「LION EXPERIENCE 2021」にて、新型「308」と新型「508PSE」が日本初披露された

同イベントでは、プジョーの新ブランドロゴの披露と同時に、2022年に日本へ導入予定のCセグメントハッチバック、新型「308」と、トップエンドモデルの新型「508PSE(プジョースポールエンジニアード)」の2台が、日本初公開された。

プジョーは、日本市場における第一四半期の販売台数が、対前年比でプラス71%と非常に好調であることから、プジョーブランドのさらなる浸透を狙いとして同イベントを位置付けたい考えだ。なお、LION EXPERIENCE 2021の各地におけるスケジュールについては、以下のとおりとなる。

■「LION EXPERIENCE 2021」の開催スケジュール
・東京(六本木ヒルズ大屋根プラザ)
2021年9月2日〜5日 11:00〜20:00
・名古屋(JRゲートタワーイベントスペース)
2021年9月11日〜12日 10:00〜20:00
・大阪(グランフロント大阪ナレッジプラザ)
2021年9月18〜19日 11:00〜20:00

先鋭的で美しいフォルムの新型「308」、ワゴンの「308SW」も日本へ導入予定

「308」は、2014年に「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したほか、グローバル市場においては累計で700万台以上が販売されるなど、成功を収めたと言えるコンパクトハッチバックだ。

プジョーブランドの販売台数の中でも、308シリーズ(ワゴンのSWを含む)は、クリーンディーゼルの投入やさまざまな商品改良を経て、プジョー全体の20〜30%、時には40%に迫るほどの高い販売比率を誇っている。さらに、プジョーの新エンブレムを冠する最初の車種が新型308となったことからも、同モデルにはプジョーの高い期待がかかっていると言えそうだ。

プジョー 新型「308」のフロントエクステリア

プジョー 新型「308」のフロントエクステリア

プジョー 新型「308」のリアエクステリア

プジョー 新型「308」のリアエクステリア

新型308の魅力について、グループPSAジャパン マーケティング部 商品企画グループ プジョープロダクトマネージャーの上村学さんは、最初に外観デザインをあげている。「官能的で、シャープで、高級で、そしてダイナミック。さまざまな言葉が思い浮かぶデザインによって、その存在感はハッチバックの中だけでなく、たとえSUVの集団の中においても、最も注目を惹きつけるのではないでしょうか」とコメントしているとおり、新型308のエクステリアは独特の雰囲気を放っている。

プジョー 新型「308」のフロントフェイス

プジョー 新型「308」のフロントフェイス

特に、それが強調されているのがフロントフェイスだ。大型のフロントグリルの中心には、新たなプジョーエンブレムが配され、そのエンブレムに向かって収束するようなグリルパターンがデザインされているのが特徴的だ。ちなみに、新型308のプジョーエンブレムのうしろには、ADASのレーダーが設置されているため、エンブレムにはレーダー波を阻害しない素材が採用されているという。さらに、ナンバープレートの位置も下げられている。

また、垂直のLEDデイタイムランニングライトなどは、プジョー車であるということを主張しながらも、7cmの超薄型マトリクスLEDヘッドライトなどによって、最新モデルであることがひと目でわかるような、先鋭的なデザインとなっている。

ボディサイズは、先代と比べると全長は105mm延長され、フロントウィンドウ下端は約100mm、室内側へと後退している。全高は20mm低くなり、ロングノーズのシルエットがより強調されている。ホイールベースは55mm延長された結果、リアのレッグスペースが約30mm拡大。全幅は、1,850mmになるとのことだ(いずれも認証申請値)。

ボディサイズの変更などによって、「伸びやかなシルエットを生み出すとともに、若干低められた車高と、滑らかなラインのノーズの組み合わせでボンネットを視覚的に長く見せ、ハッチバックとは思えない、エレガントでスポーティーな印象を与えています」と上村さん。また、前後フェンダーのボリュームも、空力性能の向上が意図された面構成とともに、躍動感あるボディラインが形成されている。

プジョー 新型「308SW」も2022年に日本へ導入される予定だ

プジョー 新型「308SW」も2022年に日本へ導入される予定だ

なお、今回のイベントには実車は展示されていなかったのだが、ワゴンの新型「308SW」も、新型308の後に日本へと導入される予定だ。そのデザインは、「ハッチバックをストレッチしたような平凡なものではなく、ダイナミックで彫りの深い専用リアデザインや、空力を追求したセカンドスポイラーなど、さらに個性的でパーソナリティーを強調しています」とのことだ。

新型308SWのボディサイズは、新型308と比べて、全長でプラス280mm、ホイールベースでプラス57mmになり、ボディの延長は主にラゲッジルームの拡大に貢献している。通常使用時では、608リッターの積載量を誇っているという(いずれも認証申請値)。

インテリアは、大型タッチスクリーン採用の「プジョーアイコネクト」に注目

新型308における、2つ目のトピックはインテリアだ。「プジョーアイコネクト」と呼ばれる新たなインフォテインメントシステムが、センターコンソールへ搭載されている。

プジョー 新型「308」のインテリアで注目したいのが、インパネ中央へ搭載されている、10インチの大型タッチスクリーン「プジョーアイコネクト」だ

プジョー 新型「308」のインテリアで注目したいのが、インパネ中央へ搭載されている、10インチの大型タッチスクリーン「プジョーアイコネクト」だ

「プジョーアイコネクト」では、各種機能のショートカットが作成できたり(青枠の「アイトグル」)、ウィジェット機能が搭載されているなど、スマートフォンやタブレットのような使い勝手の高さを実現しているという

「プジョーアイコネクト」では、各種機能のショートカットが作成できたり(青枠の「アイトグル」)、ウィジェット機能が搭載されているなど、スマートフォンやタブレットのような使い勝手の高さを実現しているという

プジョーアイコネクトには、10インチの大型タッチスクリーンが採用されており、カーナビやオーディオ、電話やアプリケーション、ADASなど、さまざまな機能をこのタッチスクリーン上で操作することができる。さらに、アイコネクトでは各機能のショートカットを画面下部へ任意に設定することができる「アイトグル」や、スマートフォンなどのように画面を切り替えなくてもホーム上でさまざまな情報表示や操作ができるウィジェット機能なども搭載されているという。また、上級グレードには、コネクテッドナビや “OKプジョー”から始まるボイスコントロール機能も搭載されているとのことだ。

新型「308」に採用されている、コンパクトな「オートマチックセレクター」

新型「308」に採用されている、コンパクトな「オートマチックセレクター」

そのほかの注目点としては、刷新された「オートマチックセレクター」が、センターコンソールに搭載されていることがあげられる。スイッチはコンパクトになり、操作性のよさとモダンな雰囲気を兼ね備えたセレクターが採用されている。

安全装備のADASには、プジョー初の機能が採用されている。約70m離れている後方の車両を検知する「ブラインドスポットモニターロングレンジ」や、「リアクロストラフィックアラート」、ドライバーの運転状況を検知する「ハンズオフディテクション」、4つのカメラで前後左右、俯瞰映像をクリアに捉える「360°ビジョン」など、さまざまな安全装備が新型308に搭載されている。

日本へ導入されるパワートレインは、1.2L Pure TECHガソリンエンジンと、1.5Lクリーンディーゼルエンジン、そして新たに採用された1.6Lガソリンエンジンがベースのプラグインハイブリッドの3種類で、すべて8速オートマチックが組み合わされている。

日本導入の大まかなスケジュールは、「ハッチバックの正式な発表、発売は、2022年の第1四半期、SWは2022年の第二四半期以降を予定している」とのことだ。

電動ハイパフォーマンスカーの新型「508PSE」も、2022年に日本へ導入予定

プジョー 新型「508PSE(プジョースポールエンジニアード)」

プジョー 新型「508PSE(プジョースポールエンジニアード)」

新型308と同時に日本初公開された新型「508PSE」は、プジョーのモータースポーツ部門をつかさどる「プジョースポールエンジニアード」が手掛けた1台だ。

電動ハイパフォーマンスカーである508PSEは、前後に電動モーターを搭載する四輪駆動のPHEVで、システムトータルで360ps/520Nmを発揮し、0-100km/h加速は5.2秒という俊足を誇る。

プジョー 新型「508PSE」

プジョー 新型「508PSE」

508PSEが、このタイミングで日本初披露となった背景について、グループPSAジャパン マーケティング・ダイレクターのトマ・ビルコさんは、「2022年、プジョーは世界耐久選手権に、QX8で参戦することを決めています。900馬力のハイパワーを発揮するQX8は、これまでのモータースポーツの経験、そしてプジョーの技術を結集して開発したレーシングカーです」とし、2022年のル・マン24時間レースのほか、同年10月には富士スピードウェイで開催される耐久レースにも参戦するという。そこで、同じく2022年に導入が予定されている508PSEを展示することで、環境面と走る楽しさを両立したプジョーブランドを、より多くのひとに訴求したいという考えなのだという。

日本で販売好調の理由は「日本市場を考慮した仕様やパワートレイン、先端技術を導入」

プジョー 新型「308」と、グループPSAジャパン 代表取締役社長 兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏

プジョー 新型「308」と、グループPSAジャパン 代表取締役社長 兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏

日本における、ステランティスの7ブランドを率いることになった、グループPSAジャパン 代表取締役社長 兼CEOのポンタス・ヘグストロムさんは、「個性的なキャラクターを持ち、いずれ劣らぬクリエイティブさと長い歴史を誇る7つのブランドを、300を超えるディーラーネットワークの方々とともに率いていくことに、とてもワクワクしています」とコメントする。ステランティスの7ブランドは、「2021年1月から7月までの累計で、28,000台を超える台数を販売し、対前年比でプラス42%の成長を記録しました。これは、純輸入車の2倍以上、乗用車市場全体と比較すると4倍の成長率です」と、好調さをアピールする。

特にプジョーは、「日本におけるステランティスの中で最もよく売れているブランドで、2021年はジープをしのぐ8,525台を販売し、7月までの累計で前年比プラス67%の成長率です。純輸入車市場と比較して、3.5倍です」と、こちらも好調さを強調。その理由は、「製品設計や仕様を、日本市場向けにきちんと変更していること」、「クラス最高の機能と独自のソリューションを備えた製品を、次々と導入していること」、「2016年にディーゼル車、2020年に電気自動車を導入するなど、いち早く先端技術を搭載した製品を導入していること」をあげ、今後も“パワーオブチョイス”というパワートレインの豊富さを武器のひとつとして、戦略を進めていく考えを示唆した。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
308HBの製品画像
プジョー
4.57
(レビュー47人・クチコミ433件)
新車価格:296〜344万円 (中古車:19〜315万円
308SWの製品画像
プジョー
4.58
(レビュー57人・クチコミ679件)
新車価格:322〜370万円 (中古車:13〜324万円
508 セダンの製品画像
プジョー
4.58
(レビュー13人・クチコミ35件)
新車価格:506〜607万円 (中古車:36〜499万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る