新製品レポート
12月の発売に先立って一般に初披露されたトヨタのハイブリッド車

東京モーターショーで展示された4台の「プリウス」に触れた!

今年の東京モーターショーは、注目のスポーツカーや、撤退していた海外メーカーの復帰などでなかなか活気がある。だが、それら以上に注目するべき1台は、12月に発売を控えたトヨタのハイブリッドカー「プリウス」だろう。すでに「12月発売の新型「プリウス」を見てきた! 狙いや走りはどう変わる?」 で詳細をお届けしているが、ここでは東京モーターショーのトヨタのブースで見かけたプリウスをレポートしよう。

プリウスをバックにトヨタの豊田章男社長と並ぶ、マイアミ・マーリンズのイチロー。イチローの登場に会場は沸いた

ステージ上に置かれた赤いプリウス。先んじて行われたアメリカの発表と合わせたカラーだろう

ステージ上に置かれた赤いプリウス。先んじて行われたアメリカの発表と合わせたカラーだと思われる

こちらのシルバーはFF仕様

こちらのシルバーはFF仕様

特徴的なテールランプ。カバーの透明感が高く、むき出しのような印象を受ける

特徴的なテールランプ。カバーの透明感が高く、むき出しのような印象を受ける

照明の明るい展示会場ということもあるが、とにかく明るいインテリア

照明の明るい展示会場ということもあるが、とにかく明るいインテリア

もう1台展示されたのは、イエローモデル。従来のプリウスのイメージにはないカラーだ

もう1台展示されたのは、イエローモデル。従来のプリウスのイメージにはないカラーだ

このイエローモデルは、モーターを備えた4輪駆動。4駆モデルの追加は新しいプリウスの目玉のひとつ

このイエローモデルは、モーターを備えた4輪駆動。4駆モデルの追加は新しいプリウスの目玉のひとつ

もう1台見かけたのは、EVなどを中心にした「SMART MOBILITY CITY 2015」のトヨタブース。こちらは通信機能を使った「ITS Connect」を搭載したもの

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る