レビュー
雪の季節の必需品

急な豪雪やスタック時に…「脱出用ラダー」を常備しよう!

自動車ライターのマリオ高野です。

新年を迎えてウインターシーズン真っ盛り。今シーズンの冬は全国的に寒く、積雪量が多くなりそうな気配なので、雪上ドライブに起こりうるさまざまなトラブルの対策準備はしっかりしておきたいものです。

ウインタードライブで失敗しないためには「準備」と「意識」を持つことが重要です※本稿の写真はすべて安全性を確認した場所で撮影しています

ウインタードライブで失敗しないためには「準備」と「意識」を持つことが重要です
※本稿の写真はすべて安全性を確認した場所で撮影しています

豪雪路からの脱出を助けるアイテム

そこで今回は、豪雪路でうっかりスタックしてしまったときに脱出しやすくするためのアイテムを紹介しましょう。

一般的な乗用車では問題ありませんが、車重が2トンを超える大型のSUVやトラックなどでは耐久性に不安がありますので、重量級モデル向けの製品を選びましょう

一般的な乗用車では問題ありませんが、車重が2トンを超える大型のSUVやトラックなどでは耐久性に不安がありますので、重量級モデル向けの製品を選びましょう

雪や砂地でスタックしたとき、駆動輪タイヤと雪の間に厚手の布やフロアマット(クルマの床に敷いてあるカーペット)などを挟んで摩擦力を高めて脱出する方法がよく知られています。

経験があればそういったモノも有効となりますが、やはりスタック状態からは脱出用ラダーを使うほうが圧倒的に簡単。労力や時間もかからずに済むので、スノードライブの季節は愛車に搭載しておくことをおすすめします。雪かき用のスコップがあるとなお安心です。

降雪量が多いエリアでは、比較的走りやすい路面が続いたとしても、突如として積雪量が激増した路面に遭遇することはよくあります。ほかのクルマが走った痕跡のない路面に出くわしたら要注意です

降雪量が多いエリアでは、比較的走りやすい路面が続いたとしても、突如として積雪量が激増した路面に遭遇することはよくあります。ほかのクルマが走った痕跡のない路面に出くわしたら要注意です

「たぶん平気だろう」などと油断しながら走り続けると、思わぬ深みにハマってしまうことはよくあります。四輪駆動車でも車高が低い場合はスタックしてしまう可能性が高くなります

「たぶん平気だろう」などと油断しながら走り続けると、思わぬ深みにハマってしまうことはよくあります。四輪駆動車でも車高が低い場合はスタックしてしまう可能性が高くなります

柔軟性のあるラダーはおすすめ

同様のスタック脱出用のグッズはたくさん存在しますが、経験上有効だとおすすめできるのが、ある程度のやわらかさがあって、かつ強度が高いモノです。硬過ぎると、タイヤの下に噛ませにくくて作業性が悪く、一度使うと割れるなどして損傷する場合が多いです。割れた製品がクルマのフェンダーやエアロパーツなどを傷つけてしまうリスクもあるので、柔軟性のあるラダーがおすすめとなります

今回選んで試した脱出用ラダーは、履帯状なので路面やタイヤへの追従性が高く、ロール状に巻くことができるので格納や車内に携帯するのに便利。車重1.8トン程度までの一般的な中型車なら耐久性に問題はないでしょう。

トランクの片隅に収納しやすいサイズと質量です

トランクの片隅に収納しやすいサイズと質量です

カバーを外せばすぐに使用可能となります

カバーを外せばすぐに使用可能となります

まずは、脱出したい方向に近い駆動輪の前後の雪を掻き出します。素手だとすぐに限界に達するので手袋は必須。できればスコップを使用しましょう。スーパーなどで売っている激安品のスコップでも大丈夫です

まずは、脱出したい方向に近い駆動輪の前後の雪を掻き出します。素手だとすぐに限界に達するので手袋は必須。できればスコップを使用しましょう。スーパーなどで売っている激安品のスコップでも大丈夫です

駆動輪の脱出したい方向へラダーを敷くスペースを作ります

駆動輪の脱出したい方向へラダーを敷くスペースを作ります

スペースができたら、なるべくタイヤが踏みやすくなる位置へラダーを敷きます

スペースができたら、なるべくタイヤが踏みやすくなる位置へラダーを敷きます

なるべくゆっくりアクセルを吹かし、ラダーを噛んだらアクセルをやや強く踏む。外から誰かに確認してもらいながら行うのがベターです

なるべくゆっくりアクセルを吹かし、ラダーを噛んだらアクセルをやや強く踏む。外から誰かに確認してもらいながら行うのがベターです

タイヤがラダーを噛まない場合は、さらに深く雪を掘ってラダーを敷く位置をより深くします

タイヤがラダーを噛まない場合は、さらに深く雪を掘ってラダーを敷く位置をより深くします

完全にラダーの上に乗ったら、アクセルをやや強めに踏んで勢いをつけて脱出します。アクセルを踏みすぎて飛び出さないように注意しましょう

完全にラダーの上に乗ったら、アクセルをやや強めに踏んで勢いをつけて脱出します。アクセルを踏みすぎて飛び出さないように注意しましょう

前から突っ込んでしまった場合は、基本的にはうしろ向きに脱出します

前から突っ込んでしまった場合は、基本的にはうしろ向きに脱出します

タイヤが空転するだけで車体がピクリとも動かない場合は、直ちにアクセルを踏むのをやめて、ラダーなどを噛ませる準備をしましょう。人力で前後に動かすことも有効です

タイヤが空転するだけで車体がピクリとも動かない場合は、直ちにアクセルを踏むのをやめて、ラダーなどを噛ませる準備をしましょう。人力で前後に動かすことも有効です

脱出後は急激にグリップが回復するので、飛び出さないようアクセルワークに気をつけましょう

脱出後は急激にグリップが回復するので、飛び出さないようアクセルワークに気をつけましょう

使用後は雪や汚れをサッと除去して巻きます

使用後は雪や汚れをサッと除去して巻きます

2つあればベターですが、最低限1個は携帯しておきたいものです

2つあればベターですが、最低限1個は携帯しておきたいものです

スタックからの脱出に際して

脱出用ラダーがあっても、スタックからの脱出には最低限の知識と、多少のコツが必要となります。その点についてもまとめてみましたので、ご参考にしてみてください。

最近はスタッドレスタイヤの性能向上が著しく、四輪駆動車も増えましたが、それでも深い雪の塊にハマるとスタックしてしまうリスクはあるので、くれぐれも過信は禁物です。雪道では、慎重すぎるぐらい慎重にドライブすることを心がけましょう。

・最低限、愛車の駆動輪について把握しておく(前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動)

・脱出用ラダーは駆動輪に噛ませる(四輪駆動の場合は脱出したい方向側のタイヤ)

・動けなくなったら(スタックしたら)ハンドルは真っすぐにしたまま、前後に何度も動かすことを試みる。わずかでも前後に動けるようになれば、その勢いを利用して前後に動ける範囲を広げていく。振り子の運動原理のイメージ

・人足がある場合は、同時に車体を押すことを忘れない

・脱出用ラダーは1個よりも2個あれば脱出はよりラクになる

・ドライブモードの選択ができるクルマでは、エンジンのパワーは最小に。横滑り防止装置やトラクションコントロールはOFFにする

・同じ場所でタイヤを空転し続けすぎるとさらに深くハマってしまうので、タイヤが空転するだけで車体がピクリとも動かない場合はアクセルを踏むのをやめて、ラダーなどを噛ませる準備をする 

荒天が予想されている場合はクルマに乗らないことも視野に入れ、雪道の運転にはくれぐれもご注意下さい。

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る