新製品レポート
低燃費のダウンサイジングターボエンジンやCクラス譲りの豊富な安全装備

都会派に生まれ変わった! メルセデス・ベンツの新型SUV「GLC」

メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、ミドルクラスのSUV「GLCクラス」(以下、GLC)の発売を開始。これにともないプレス向けの発表会を開催した。GLCとはどんなクルマなのか? その概要や特徴をレポートしよう。

都会的なルックスに生まれ変わったCクラスベースのSUV「GLCクラス」が「GLKクラス」の後継として登場する

都会的なルックスに生まれ変わったCクラスベースのSUV「GLCクラス」が「GLKクラス」の後継として登場する

ダウンサイジングターボエンジンを搭載するCクラスベースのSUV

今回発売されたGLCは、ミドルクラスセダンのCクラスをベースにしたSUV。ボディは、4660(全長)×1890(全幅)×全高1645mmで、ホイールベースは2875mm、最小回転半径5.7mで、サイズを考えれば小回りの効きやすいほうだ。重量はベーシックグレードの「GLC 250 4MOTION」で1800kgである。

前モデルの「GLKクラス」(以下、GLK)は、箱型で直線的なスタイルだったが、新しいGLCは新世代のメルセデスのデザインモチーフを取り入れた、都会派SUVに生まれ変わっている。なお、ネーミングもメルセデスブランドでSUVを示す「GL」に、車格をあらわす「C」を組み合わせたもので、ラインアップ中の位置づけがわかりやすいものにあらためられた。

丸みのある最新のメルセデスのデザインモチーフ。GLKとは雰囲気が一新している

丸みのある最新のメルセデスのデザインモチーフ。GLKとは雰囲気が一新している

Cd値0.31のボディ。GLKの0.34から大きく向上しており、燃費はもちろんだが風切り音も減少している

Cd値0.31のボディ。GLKの0.34から大きく向上しており、燃費はもちろんだが風切り音も減少している

ボリューム感のあるリアデザイン。こちらもブランドとしての統一感がある

ボリューム感のあるリアデザイン。こちらもブランドとしての統一感がある

前席はサイズも十分で見晴らしもよい。メルセデスらしい機能性を感じる

前席はサイズも十分で見晴らしもよい。メルセデスらしい機能性を感じる

車内の空間も広がった。特に、後席のレッグルームはGLKと比較して57mm拡大している

車内の空間も広がった。特に、後席のレッグルームはGLKと比較して57mm拡大している

技術的な見所は、2.0リッター直列4気筒「BlueDIRECT」ターボエンジンの採用だ。GLKの3.5リッターV6エンジンから、大幅なダウンサイジングを行い、燃費が、従来比で約15%の13.4km/L(JC08)まで改善された。いっぽう、出力は155kW (211馬力)で、306馬力を誇ったGLKと比較するとダウンサイジングの影響が現れているが、350Nmというトルクを1400〜4000回転の広い回転域で維持しているので、実用域でのパワー不足は感じにくいだろう。

このエンジンと組み合わせるトランスミッションは、9段ATとなる「9G-TRONIC」が使われる。駆動方式は全天候型フルタイム四輪駆動「4MATIC」である。

2.0リッター直列4気筒「BlueDIRECT」ターボエンジンを採用。GLKの3.5リッターV6エンジンから大幅なダウンサイジングがなされている

トルクコンバーター式ATでは最多の9段変速に対応した9G-TRONICを採用する

トルクコンバーター式ATでは最多の9段変速に対応した9G-TRONICを採用する

フロントのサスペンション形式は4リンク式。キャンバー角の自由なセッティングが可能になり、コーナーリング時のグリップが向上している

リアのサスペンション形式は、メルセデス伝統のマルチリンク式。また、ダンパー内のオイルの流入量を変化させ、減衰力を調整する「AGILITY CONTROLサスペンション」を採用している

もうひとつの見所として、Cクラスに準じる最新の安全装備の数々が挙げられる。車載のセンサーとして、ステレオカメラと4個の25GHzの短距離レーダー、77GHzの中・長距離レーダーを1個、リアバンパーに備わる25GHzのマルチモードレーダーを組み合わせ、車の周囲360度をほぼカバーするセンサーシステムを構築している。

これらのセンサーが集めた情報をもとに、先行車との車間距離を維持し、ステアリング操作もアシストする「ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付き)」、「飛び出し検知機能付きブレーキアシストプラス(BAS)」、BASの警告に反応しない場合に軽いブレーキングで運転者に操作を促す「PRE-SAFEブレーキ(歩行者検知機能付き)」、後続車との接近や衝突を警告し、ブレーキ圧を高めて玉突き衝突の回避など二次被害を軽減する「リアCPA(被害軽減ブレーキ就き後方衝突警告システム)、対向車との衝突を防止する機能も付いた「アクティブレーンキーピングアシスト」、先行車や対向車を感知してハイビームの照射範囲を調整する機能や、道路標識などに反射したハイビームを感知して自動的に減光する機能の付いた「アダプティブハイビームアシスト・プラス」といった機能を利用できる。

また、ボディが少し大きくなったことで、車内の空間も広がった。特に、後席のレッグルームはGLKと比較して57mm拡大している。

国内導入モデルはすべて右ハンドル仕様

国内導入モデルはすべて右ハンドル仕様

8.4インチディスプレイを備えた「COMANDシステム」、COMANDコントローラーに加えて、タッチパッドで操作する

ラゲッジスペースはVDA方式で550リッター。GLKよりも100リッターも増加している

ラゲッジスペースはVDA方式で550リッター。GLKよりも100リッターも増加している

電動ハッチゲートは、開口角度を調整できる「EASY-PACK自動開閉テールゲート」を装備

電動ハッチゲートは、開口角度を調整できる「EASY-PACK自動開閉テールゲート」を装備

フロントに備わるステレオカメラ。このほか6個のセンサーを駆使して、周囲の状況を監視する

フロントに備わるステレオカメラ。このほか6個のセンサーを駆使して、周囲の状況を監視する

ラインアップは「GLC 250 4MATIC」、「GLC 250 4MATIC Sports」、「GLC 250 4MATIC Sports(本革仕様)」の3モデル。全国限定250台の特別仕様車として、20 インチホイールや専用シートなどを備えた「GLC 250 4MATIC Edition1」が用意される

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る