新製品レポート
上質な乗り味と内外装の質感にこだわったシリーズ最上級グレード

スバル「レヴォーグ STI Sport」フォトレポート

富士重工業は、2016年6月27日に発表した、「レヴォーグ」の最上級グレード「レヴォーグ STI Sport」の特別展示イベントを、7月1日〜3日の期間、「代官山T-SITE」にて開催する。開催に先駆けて行われたプレスイベントから「レヴォーグ STI Sport」のフォトレポートをお届けしよう。

乗り始めからわかる、上質な乗り味と高い操縦安定性が魅力の、シリーズ最上位グレード「レヴォーグ STI Sport」

専用パーツで固められた内外装と、専用サスペンションを備える「レヴォーグ STI Sport」

2014年4月に登場したスバル「レヴォーグ」が、今年4月にマイナーチェンジされたことにともない、追加された最上位グレードが「レヴォーグ STI Sport」だ。搭載されるエンジンの違いにより、1.6リッター水平対向4気筒DOHC直噴ターボ“DIT”を備える「1.6STI Sports EyeSight」と、2.0リッター水平対向4気筒DOHC直噴ターボ“DIT”を備える「2.0STI Sports EyeSight」の2種類がラインアップされ、2016年7月21日より発売が開始される。

「レヴォーグ STI Sport」のエクステリアは、専用のパーツを採用することで質感が高められている。専用デザインの18インチのアルミホイールや、同じく専用デザインのフロントグリルやバンパー、LEDフォグランプなどにより、アグレッシブではあるが、いわゆる“走り屋仕様”というわけではない、「STI Sport」という名前のイメージよりもラグジュアリーな印象を受ける。内装は、専用の本革シートを中心に、ステアリングやドアパネル、ダッシュボード、シフトレバーなど各所に入れられたステッチが特徴だ。インテリアの印象も、エクステリアと同様、スポーティーさを兼ね備えたラグジュアリーなものとなっている。

足回りを見ると、ビルシュタイン製フロントストラット&リアダンパーに専用コイルスプリングを組み合わせた、専用セッティングのサスペンションが採用されている。これにより、最上位グレードらしい操縦安定性と、乗り心地が実現されている。

価格は、「1.6STI Sports EyeSight」が323万円、「2.0STI Sports EyeSight」が365万円(いずれも税別本体価格)。

フロントマスクには、バンパーとグリル、そしてLEDフォグランプなどの専用パーツが施され、最上位グレードらしいアグレッシブさが演出されている

専用デザインの18インチアルミホイールを履く。ボディとの面もぴったりそろえられた、いわゆる“ツライチ”だ

大型のマフラーカッターが取り付けられている点が、リアデザインの特徴となっている

大型のマフラーカッターが取り付けられている点が、リアデザインの特徴となっている

運転支援システム「EyeSight」はもちろん標準装備

運転支援システム「EyeSight」はもちろん標準装備

ステアリングホイールには、感触にこだわったステッチ入りのレザーが巻かれている

ステアリングホイールには、感触にこだわったステッチ入りのレザーが巻かれている

メーターには赤いリングがプリントされる。左右のメーターの間には4.3インチのカラー液晶が配置される

メーターには赤いリングがプリントされる。左右のメーターの間には4.3インチのカラー液晶が配置される

フロアマットにまで赤いステッチが入れられている

フロアマットにまで赤いステッチが入れられている

ダッシュボード上のマルチファンクションディスプレイを覆うひさしはレザー調の素材。もちろんここにも赤いステッチが入れられている

専用のボルドーのレザーシート。見た目はかなりラグジュアリーな雰囲気だが、シートは側面の張り出しが大きく、STI(SUBARU TECHNICA INTERNATIONAL)らしいスポーティーさも感じられる

後席もラグジュアリーな印象。室内の広さは十分に確保されている

後席もラグジュアリーな印象。室内の広さは十分に確保されている

ドアトリムなども専用デザイン。赤いステッチとボルドーのレザーがここにも使われている

ドアトリムなども専用デザイン。赤いステッチとボルドーのレザーがここにも使われている

ラゲッジスペースはVDA法で522Lの容量がある。開口部の段差が少なく、床面もフラットなのでスペースを効率よく使える

発売に先駆け、代官山 T-SITEで7月3日まで実車を展示中

7月21日の発売に先駆けて、東京の「代官山 T-SITE」にて「レヴォーグ STI Sport」特別展示を7月1日〜3日の期間で実施される。

イベント期間中は、スバルの名車「スバル1000」も展示される

イベント期間中は、スバルの名車「スバル1000」も展示される

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る