選び方・特集
ファーストガンダムのガンプラってこんなにあるの!?

1/144スケールの「RX-78-2 ガンダム」を徹底比較! 旧キット・HG・RGの違いは?

パーツ数多すぎ!? ディテールが細かい、RG(リアルグレード)1/144 RX-78-2 ガンダム!

REVIVE版の5年前、2010年に発売されたRG版

REVIVE版の5年前、2010年に発売されたRG版

それでは最後に、RG(リアルグレード)版のガンダムを見ていきます。記念すべきRGシリーズの第1段としてラインアップされました。1/144スケールながら、パーツ数が多いのが特徴となります。発売された当時、ネット界隈で非常に話題になった記憶があります。

アドバンスドMSジョイントのランナー

アドバンスドMSジョイントのランナー

このRGは、半完成品の「アドバンスドMSジョイント」というフレームに、外装パーツを取り付けていく形で組み上げていきます。

フレームだけ完成させた状態がこちら。今回は先にフレームだけ組みましたが、組み立て書ではフレームにパーツをかぶせながら順番に組み立てていきます

1/144スケールながら、MGにひけをとらないダイナミックなアクションとギミックを搭載

1/144スケールながら、MGにひけをとらないダイナミックなアクションとギミックを搭載

装甲を半分だけ取り付けてみた状態がこちら

装甲を半分だけ取り付けてみた状態がこちら

完成したRG 1/144 RX-78-2 ガンダム

完成したRG 1/144 RX-78-2 ガンダム

パーツ分割による色分けが細かく、白い装甲部分だけでもライトグレー・薄いブラウンと多色構造になっています

アンテナはデフォルト状態でとがっており、素組みでもシャープな印象に。バルカンのような細かな個所まで色分けされています

外装パーツは一部開口されており、内部のパーツがチラリと見える作り

外装パーツは一部開口されており、内部のパーツがチラリと見える作り

リアリスティックデカールにより、情報量の多い緻密なディテールを実現

リアリスティックデカールにより、情報量の多い緻密なディテールを実現

こちらがリアリスティックデカールになります

こちらがリアリスティックデカールになります

このリアリスティックデカールもRGの大きな特徴のひとつです。リアルな質感が再現できる特殊素材製で、すべて貼るだけでも1時間以上はかかりました。

肘と膝関節に貼るデカールは、光沢感のあるカッパー色で再現

肘と膝関節に貼るデカールは、光沢感のあるカッパー色で再現

可動域は広いですが、上半身は回転しません。また、各所パーツのポロリ率は高め。このあたりはHGのREVIVE版の勝利といったところ

RGならではの部分は、関節を曲げるとまわりの装甲パーツが連動してスライドするギミックを搭載している点です

初期のRGということで武器の保持力は難あり。ビーム・サーベルはまだしも、ビーム・ライフルの保持力は低いです

ビーム・サーベルを展開するRGガンダム! ビーム・サーベルのエフェクトパーツはMGクラスの長いものが2本付属します。今回紹介した全ガンダムの中で一番長いです

飛びかかるガンダム!

飛びかかるガンダム!

ビーム・サーベルで斬りかかるガンダム!

ビーム・サーベルで斬りかかるガンダム!

シールド裏側のモールドが細かく、グリップ部分は好きな位置にスライドします

シールド裏側のモールドが細かく、グリップ部分は好きな位置にスライドします

ビーム・ライフルで。先述したとおり、弱点は保持力に難がある手首パーツです

ビーム・ライフルで。先述したとおり、弱点は保持力に難がある手首パーツです

ハイパー・バズーカの色分けは驚異的で、パーツ数も多くメカニカルな造形です

ハイパー・バズーカの色分けは驚異的で、パーツ数も多くメカニカルな造形です

RGには1/144アムロ・レイが付属

RGには1/144アムロ・レイが付属

コア・ファイターも付属します。キャノピーにはクリアパーツが使われており、コア・ファイター用のリアリスティックデカールの量も多いです。さらには本体にも組み込み可能で、ランディングギアも付属します


HGとRGの頭部を比較

HGとRGの頭部を比較

ここまで紹介したガンダムの頭部を比較してみます。どのタイプも顔付きが大きく違いますね。あなたが一番好きなガンダムフェイスはどれかな……?


初代ガンダムをリスペクトしたガンプラ

ここからはオマケで、初代ガンダムのオマージュ的ガンプラをご紹介します。いずれも宇宙世紀作品ではない、アナザーガンダムに登場するガンダムになります。

左が「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」に登場した、「HG オーガンダム(実戦配備型)」。右が「ガンダムビルドダイバーズ」でGBNの運営が使用する「HGBD GBN-ベースガンダム」

HGオーガンダム(実戦配備型)

HGオーガンダム(実戦配備型)

オーガンダムの実戦配備型は、ファーストガンダムをほうふつとさせるトリコロールカラーになっています。オーガンダムのパイロットであるリボンズ・アルマークの声優さんは、アムロ・レイと同じ古谷徹さんだったのも話題になりました。

まさに平成版ガンダムといったデザインのオーガンダムは、2009年に発売されました

まさに平成版ガンダムといったデザインのオーガンダムは、2009年に発売されました

HGBD GBN-ベースガンダム

HGBD GBN-ベースガンダム

GBN-ベースガンダムは「ガンダムビルドダイバーズ」のGBN運営(ネットゲームの運営のような立ち位置)が使用するガンプラという設定です。「アムロ・レイが見せた超人的な活躍と同様の強さ」をコンセプトに作られた機体。成形色はガンプラとしては珍しい蛍光色で再現されており、REVIVE版と同様に驚異的な可動域を実現しています。

初代ガンダムの雰囲気は残るものの、体型はかなりアレンジされています

初代ガンダムの雰囲気は残るものの、体型はかなりアレンジされています

とにかく動きまくるので、興味のあるモデラーさんには一度組んでいただきたいガンプラです!

とにかく動きまくるので、興味のあるモデラーさんには一度組んでいただきたいガンプラです!

平成のオマージュガンプラ2体で。令和ではどのようなアレンジガンダムが出るのか、今から楽しみです!

平成のオマージュガンプラ2体で。令和ではどのようなアレンジガンダムが出るのか、今から楽しみです!


あなただけのベストガンダムを見つけよう


いかがでしたでしょうか。ファーストガンダムのガンプラは、今回紹介していない「絶版となったHG」や「限定品」などを含めると、ものすごい数がリリースされています。今回は今でも手に入りやすい、1/144スケールの主要なファーストガンダムで比較させていただきました。今後オリジン版などが発売される可能性も高く、まだまだ種類が増えそうですよね。

個人的な感想をあげるとすれば、私のおすすめは「HGUC No.191(REVIVE版)」「HGUC No.21」です。REVIVE版はどんなアクションポーズもとれ、パーツのポロリが一切ない点が本当にすばらしいです。組みやすさと可動域を重視される方はREVIVE版をチョイスするのがいいでしょう! 半面、デザインはアレンジされすぎているかなと感じる部分も。体型的には、クセのないHGUC No.21が気に入りました。

RX-78-2は歴史が古いというのもあり、ファーストガンダム直撃世代、ゲームから入ったファン、アナザー作品から知ったファン、それぞれで譲れないポイントが必ずあると思います。
普遍的な魅力を放つRX-78-2ガンダム、あなたのベストチョイスを見つけて、あなたならではの作り方で作ってみてくださいね!

ポッチ

ポッチ

ガンプラレビューサイト「ポッチのガンプラ+」の管理人。ホビー関連中心のフリーライターをやっています。【ポッチのガンプラ+】https://gunplapocchi.com/

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る