レビュー

タバコ代が1/3に! 「アメスピ」や「セブンスター」を加熱式タバコ化する「HIMASU」を使ってみた

加熱式タバコユーザーの中には、「タバコの価格が年々上昇してツラい……」、あるいは「加熱式タバコでは選べる銘柄が少ない、喫味が弱い」と感じている人は少なくない。そんななか、2021年の年末にそういった不満に応えてくれるデバイス「HIMASU 1Be3」が登場した。

本モデルは、好きな紙巻きタバコ1本を、3回に分けて吸うことを可能にした加熱式タバコデバイス。その実力をヘビースモーカーの筆者がチェックしてみた。

写真左と手前にあるデバイスが、Himasu Technologyの「HIMASU 1Be3」。サイズは、46(幅)×95(高さ/使用時127mm)×20(奥行)mmで、重量は90g。カラバリは、2種類。写真左から「スペースグレイ」、「エレガントゴールド」。各9,980円

写真左と手前にあるデバイスが、Himasu Technologyの「HIMASU 1Be3」。サイズは、46(幅)×95(高さ/使用時127mm)×20(奥行)mmで、重量は90g。カラバリは、2種類。写真左から「スペースグレイ」、「エレガントゴールド」。各9,980円

タバコ代が1/3に! 喫味と利便性に工夫が凝らされた進化形ヴェポライザー

ニコチンは、タバコ葉を燃やす以外にも、約200℃以上の加熱を行うことで、気化するため、吸入できるようになる。その原理から生まれたのが、「アイコス」などの加熱式タバコデバイスだ。なお、吸うと出てくるのは、「煙」ではなく「蒸気」。加熱式タバコ専用スティックのタバコ葉には、蒸気を白くするためのグリセリン類が染み込まされている。

こうした仕組みを市販の紙巻きタバコを使って実現する、つまり“紙巻きタバコを加熱式タバコ化”できるのが「HIMASU 1Be3」というデバイスだ。カテゴリーとしては、手巻きタバコ用葉(シャグ)を使用するヴェポライザーの範疇に含まれる。

従来型ヴェポライザーと異なるのは、紙巻きタバコを使用すること。また、本体と同梱されているリキッドインジェクターを使用することで、簡単なグリセリン添加が可能になっている点だ。この仕組みは、地味だけれど、ヴェポライザー界隈にとっては大発明と言えるだろう。

タバコ葉をそのまま加熱してもニコチンは吸入できるが、加熱式タバコ専用スティックのような白い蒸気は得られない。しかし、このリキッドインジェクターを使えば、手を汚すことなく、ワンプッシュで添加でき、好きな紙巻きタバコを加熱式化できる点が注目ポイントだ。

「HIMASU 1Be3」のパッケージを開けると、内容物の多さに圧倒される。しかし、本体の充電さえしておけば、基本的には本体、マウスピース、リキッドインジェクターだけで使用できるので、安心してほしい。

【同梱物一覧】写真左から、マウスピース(ソフトシリコン)、専用USB Type-Cケーブル、フィルター、本体、マウスピース(ハードタイプ)、リキッドインジェクター(リキッドボトル装着済み/クリーニングブラシ内蔵)、交換用リキッドボトル5本

【同梱物一覧】写真左から、マウスピース(ソフトシリコン)、専用USB Type-Cケーブル、フィルター、本体、マウスピース(ハードタイプ)、リキッドインジェクター(リキッドボトル装着済み/クリーニングブラシ内蔵)、交換用リキッドボトル5本

スライダーを押さえながら、マウスピースをはめる。結露が気になる人は、この段階で本体に付属のフィルターを取り付けることができるが、それがなくても使用できる

スライダーを押さえながら、マウスピースをはめる。結露が気になる人は、この段階で本体に付属のフィルターを取り付けることができるが、それがなくても使用できる

実際に「HIMASU 1Be3」を使ってみた!

それでは、実際に使い方を説明していこう。

「HIMASU 1Be3」は、USB Type-Cケーブル経由で充電する。フル充電まで約40〜60分必要だ。喫煙可能時間は、1回につき3分30秒。フル充電すると、高温使用(210℃)で9回、低温モード(200℃)で10〜12回程度、使用可能になる。

操作はボタンひとつで行う。長押しで起動し、3つのLEDが全部光ったら、吸うことができる。温度切り替えはLED消灯時に5クリック

操作はボタンひとつで行う。長押しで起動し、3つのLEDが全部光ったら、吸うことができる。温度切り替えはLED消灯時に5クリック

まず、紙巻きタバコを1本取り出し、先端をリキッドインジェクターに軽くねじ込み、ワンプッシュ。内部のグリセリンリキッド(食品レベルVG100%)を紙巻きタバコに染み込ませるわけだ。タバコを抜くと、先端部分が濡れているはず。これでスティックの準備はOKだ。

グリセリンリキッドを紙巻きタバコに染み込ませているシーン。触るとベタベタするグリセリンだけに、このインジェクターはとても便利

グリセリンリキッドを紙巻きタバコに染み込ませているシーン。触るとベタベタするグリセリンだけに、このインジェクターはとても便利

ちなみに、使用できる紙巻きタバコは、はめ込む内部のチャンバーが直径7.95mmなので、国内主流のキングサイズなら装着できるが、スリムタイプは装着できない。

本体下の穴から、紙巻きタバコの先端部を入れて装着

本体下の穴から、紙巻きタバコの先端部を入れて装着

装着すると、紙巻きタバコのフィルターが少し飛び出た状態になる

装着すると、紙巻きタバコのフィルターが少し飛び出た状態になる

実際に「HIMASU 1Be3」を吸ってみた!

まさか「アメスピ」を加熱式で吸えるなんて!

まさか「アメスピ」を加熱式で吸えるなんて!

紙巻きタバコを装着し、本体LEDが3つ光ったら、後は吸うだけ。紙巻きタバコに火をつけて吸う時よりもゆっくりと吸うのがおすすめだ。

まず、昭和時代から愛され続ける庶民派ストロング系銘柄「セブンスター」(ニコチン1.2mg/タール14mg)からトライ。吸い始めは、蒸気の白い色は控えめで、喉へのキックがあるのが不思議に感じる。味わいとしては、焦げ感や煙感はなく、タバコ葉の上品なうまみだけがやって来る感じ。しかし、後半にさしかかると、状況は一変。蒸気の白さが濃厚になり、ニコチン特有の辛みとともにキックも強烈に。クラッとする感じもしっかり感じることができた。ただ、3分半の喫煙時間はやはり短いと感じた。

使用後に、取り出した吸い殻。先端から1/3のみが加熱され、変色しているのがわかる

使用後に、取り出した吸い殻。先端から1/3のみが加熱され、変色しているのがわかる

「HIMASU 1Be3」の実力が発揮されるのは、ここからだ。

1回吸い終えた吸い殻を取り出し、その先端1/3をハサミで切断し、再びインジェクターでグリセリンを添加して、本体に装着すれば2回目が吸えるのだ。タバコが短くなっても、味は1回目と同じ。その要領で、再びカットすれば、1本で3回吸える。3回目も、味にそん色なし。これが、タバコ代1/3の理由である。

そもそも、「セブンスター」を加熱式で、というのはなかなかな感動的だった。

1回目のカット

1回目のカット

2度目のカット。フィルター側はかなり短くなっているが、まだ吸える。ただ、タバコ葉は相当飛び散るので、覚悟が必要だ。ゆっくりていねいに切断するか、別途で用意したシガーカッターで切断すれば、飛び散りは低減できだろう

2度目のカット。フィルター側はかなり短くなっているが、まだ吸える。ただ、タバコ葉は相当飛び散るので、覚悟が必要だ。ゆっくりていねいに切断するか、別途で用意したシガーカッターで切断すれば、飛び散りは低減できだろう

次に試したのは、少しライトな「ナチュラル・アメリカンスピリット・ライト」(ニコチン1.0mg/タール8mg)。使ってみるとまず、「アメスピ」特有のぎっしりした葉の詰まり方が、「HIMASU 1Be3」に向いていることがわかった。タバコ葉がこぼれにくいうえに、スティックが折れにくく、本体に差しやすいのだ。

味わいは、ナチュラル系ならではのタバコ葉本来の風味がとてもくっきりと表れており、おいしい。この銘柄は本機との相性がよさそうだ。

最後に、メンソールタイプの「ウィンストン・スパークリングメンソール・5・ボックス」(ニコチン0.4mg/タール5mg)を試してみた。メンソール感はマイルドめに出るが、これも捨てがたいおいしさ。何より、タール5mgだというのに、重さを感じることができた。

【まとめ】実質1本で3回で楽しめるコスパ最強タバコデバイス

本モデルの性能としていちばん気になるのは、普段吸っている紙巻きタバコそのままの味わいを楽しめるのかという点だろう。結果としては、そのままの味ではなかった。燃やしているがゆえの焦げ感や豊富なタールが生み出す風味はなくなっていた。残ったのは、タバコ葉本来の味わい。フンワリとしたうまみと、ニコチンのピリッとした辛み。キック感は強いし、調子にのって次々に3回(1本分)吸うと、クラクラしてしまったので、タバコ感をより求める加熱式タバコユーザーは満足できると思う。

課題はやはり、カットする時にタバコ葉が散らばることだ。灰皿は大きめのものでないと、外に飛び出してしまうだろう。また、付属のグリセリンはVG100%で、甘みとナッツ感が強めに感じられるのも、多少もったいなく感じた。

しかし、コスト1/3は大きな魅力。多少の不便さを飲み込めるのであれば、相性がよい人は多いはずだ。

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のタグ
ページトップへ戻る